Figmentによる解りやすいAVA

 

著:Clayton MenzelJun

貢献の方法については☞AVA Hubから参加可能です!

随時追加されるタスクをこなし、AVAポイントそしてアマギフを受け取りましょう。

尚、貢献には量ではなく質が求められます。

Content image

 

What is AVA?

AVAはハイスループット、高速ファイナリティ、比類なき分散化の提供を計画するAVA Labsによる次世代レイヤー1プロトコルです。開発者は、独自のパブリック/プライベートブロックチェーン(サブネット)のローンチし、デジタルアセットの作成及び取引、スケーラブルなスマートコントラクトやdappを構築できます。

AVAの特徴であるサブネットは高度にカスタマイズ可能で、独自のインセンティブ構造を持つことができます。これにより、企業はAVAネットワークに接続されたまま、法に準拠したパーミッション型サブネットを作成できます。これは新たな金融プリミティブの生成につながり、伝統的な金融商品をブロックチェーン空間の分散型構造に取り入れることにつながります。

 

The Team

AVA Labsはコーネル大学のコンピューター学者Emin Gün Sirer(CEO)とKevin Sekniqi(COO)により2018年に設立されました。今年初めにはAVA Labsの社長としてJohn Wuが加入しました。AVA LabsはAndreesen HorowitzやPolychain Capitalなどの支援を受けています。

 

Subnet Architecture

AVAのブロックチェーンでは、柔軟に設定されたルールで機能する独自のサブネットを作成することができます。主に以下のものが含まれますが、これに限定されません:

・サブネット内でのバリデーション権者

・有効なブロックの定義

・チェーンの生成に関すること

・ブロックに関する動作

・RPCエンドポイントが公開範囲

・データベースへの保存内容

サブネットモデルでは、AVAの全てのチェーン状態を検証する義務はなく、どのチェーンで検証を行うかをバリデーターが選択できます。

一方で、全てのバリデーターはAVAのデフォルトサブネットで検証を行わなければなりません。デフォルトサブネットはAVAの基本チェーンを検証します。技術要件以外の要件は、AVAトークンのステークです。

 

Base Blockchains

デフォルトサブネットで検証されるブロックチェーンは以下の3つ:

X-Chain:デジタルアセットの作成と取引を可能にします。取引手数料はAVAで支払われます。

P-Chain: AVAトークンのメタデータを管理します。ユーザーは独自のブロックチェーンやサブネットを作成することができます。

C-Chain:Ethereum VMのインスタンスで、ユーザーはスマートコントラクトを作成できます。このチェーンはAvalancheコンセンサスプロトコルを利用します。

 

Use Cases

AVAネットワークはカスタマイズ可能であり、そのユースケースは無限です。その中でAVA Labsが注目するユースケースは、ブロックチェーン上に構築され、法に準拠した金融商品やアプリケーションです。

AVAのサブネットは、パーミッション又はパーミッションレスに対応しています。パーミッションサブネットの作成メリットの1つは、サブネット所有者が特定地域の法律や規制に完全に準拠できることです。

例えば、サブネット所有者はAVAのスピードとスケーラビリティの恩恵を受けながら、KYCやアンチマネーロンダリング、リスク管理を目的とした規制に準拠するためにユーザーに情報を要求することができます。

これは、パーミッションレスの性質によって他のブロックチェーンネットワークの恩恵を受けることができなかった金融資産の全く新しいユースケースをデジタル空間にもたらす可能性があります。

 

Network Economics

AVA トークンは AVA 上のネイティブアセットであり、AVA トークンは次のように使用されます。

・デフォルトサブネットのバリデーション報酬

・トランザクション手数料の支払い

・新たなサブネットやブロックチェーンの作成

・X-Chainへのアセット送信

・オンチェーンガバナンス

 

追加のAVAミント

AVAの供給上限は720,000に設定され、ローンチ時に360,000が用意される予定です。AVAトークンのステークするバリデーターとホルダーの報酬メカニズムとして、追加のAVAトークンがミントされる予定です。

Content image

AVAは固定供給とミンティング構造を持つ、ビットコインのようなデフレ型トークンです。トークンのステークに比例して、より多くのトークンがミントされます。

 

AVAのステーク

ボンド解除期間は、最低2週間です。ステークの期間が長い(最大1年)場合により高い割合で報酬を受けることができるメカニズムによりステーク期間が長くなるようにインセンティブを与えます。2週間のステークに比べて、1年間のステークでは11.11%多くの報酬を受け取れます。

 

スラッシング

AVAでのスラッシングないと考えられますが、ダウンしていたりミスがある場合にはバリデーター報酬を失う可能性があります。

 

ガバナンス

AVA のガバナンスモデルは、特定の機能がガバナンスの対象となります。対象機能は以下の通り:

・参加に必要な最小ステーク量

・ステークに必要な最小時間

・ノードがステークできる最大時間

・報酬率

・料金体系

AVAを保有していれば誰でもガバナンス参加ができ、ネットワークに参加するノードであればガバナンス提案を行えます。

上記のネットワークエコノミクスは AVA のデフォルトサブネットにのみ適用されます。全ての追加サブネットは、独自に設定したエコノミクスとガバナンス構造を持ちます。

 

Future Developments

AVAは先日、デナリのインセンティブテストネットを終了し、2020年7月にメインネットの立ち上げを予定しています。

AVAのメインネットの立ち上げは、以下の通り予定しています:

・取引手数料

・カスタムバリデーター

・アセットレジストリ

・サブネットを介したシャーディング

・オンチェーンガバナンス

詳細はAVAのDiscordやAVA LabsとのAMA recapをチェック。

 

AVA Labsについて:

AVA Labsは、高度にスケーラブルで効率的なネットワーク、カスタマイズ可能なパブリック/プライベートブロックチェーン、任意のデジタル資産を作成する機能など、ブロックチェーン技術を使用して金融アプリケーションを簡単に立ち上げることを可能にします。私たちは、オープンかつシンプルで民主的な金融のインターネットを構築するために人々と力を共有していきます。

 

貢献の方法については☞AVA Hubから参加可能です!随時追加されるタスクをこなし、AVAポイントを受け取りましょう。尚、貢献には量ではなく質が求められます。

日本版Twitter:AVA Japan

Website | Whitepapers | Twitter | Discord | GitHub | Documentation | Explorer | AVA-X Accelerator | Telegram | Facebook | LinkedIn | Reddit | YouTube

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/06/19 25.94 ALIS 341.40 ALIS
AVA Labs community's icon'
  • AVA Labs community
  • @JustInBeliever
World's central marketplace to create, launch, and trade digital assets. #Avalanche $AVA
コメントする
コメントする