クリプト

DAOについて把握しておきましょう: Pontem Network

ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • 2021/12/25 01:11

 

Pontem Network

Pontem Noxクラウドローンへのホワイトリスト参加登録と、
各コンテンツのフォローはこちらから👉https://linktr.ee/pontemjapan

Content image

 

はじめに

あなたの職場では、あなたは誰に報告していますか?意思決定はどのように行われていますか?もしあなたが会社の組織構造に大きな変革を与えたいと思ったら、どうやってそれを実現しますか?

暗号関連の仕事をしていても、その他の仕事をしていても、あなたの職場には指揮系統があるはずです。上司がいて、その上司がいて、さらにその上司がいて、というように、上には上の階層があります。このような構造は、意思決定を集中させます。権力は上に集中し、権力集中構造に変革を与えるにはその権力からの承認が必要になります。

人類の歴史上、人々はより効率的で生産性の高い集団を作るために、このように組織化してきました。企業や政府は、現代社会で必要とされる複雑なタスクのすべてを最適化するために、高度に構造化・組織化され、権力が上に集中していくのです。

しかし、過去10年間で、分散型自律組織(DAO)がブロックチェーン・コンピューティングの力を利用して、意思決定の自動化と民主化を実現しはじめています。

そして、DAOはブロックチェーン領域の最もエキサイティングな分野の一つであり、世界の仕組みを大きく変える可能性を秘めています。

DAOとは?

DAO(Decentralized Autonomous Organization)とは、スマートコントラクトを用いて意思決定の自動化とクラウドソーシングを実現するシステムのことです。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で実行されるコードのことで、一定の条件を満たした場合にアクションを実行します。

DAOのメンバーは、一般的に資金をトレジャリー(デジタル上の金庫)に拠出し、資金の拠出額に応じてガバナンストークンを受け取ります。これらのトークンは、DAOの提案に対する投票に使用され、その選挙の結果はスマートコントラクトとしてコード化されて効力を持ち、DAOの運営方法を改善していくことができます。

DAOはスマートコントラクトで構築されているため、オープンソースで透明性が高いのが特徴です。DAO用のブロックチェーンとしては、現在イーサリアムが主流ですが、理論的にはどのチェーンでも使用可能です。つまり、DAOの参加者は、自分の投票による決定がどのように実行されるかを正確に追跡することができるのです。一人の人間がコードを改変したり、DAOの運営に手を加えたりすることは、他のメンバーからの監視を受けることなく実行することはできません。

このようにして、組織の運営方法が根本的に変わります。意思決定は完全に民主化され、誰もが提案を行い、誰もが投票できます。このシステムの変更は、コード化されたスマートコントラクトによって、操作やヒューマンエラーのリスクなしに、自動的に実行されます。ブロックチェーン上でコードが完全に透明化されているため、悪意のある行動や腐敗や不正のリスクは遥かに低減されるのです。

最初のDAO

Cristoph Jentzch氏と彼のドイツのスタートアップSlock.itが、2016年4月に最初のDAOを作ったとされています。最初のものとして、それは単に「The DAO」として知られていました。Slock.itは、ブロックチェーン上で支払いを受けると、自動的に何かを購入したりレンタルしたりするスマートコントラクトの実験を行っていました。このアイデアは最終的に、資金を受け取り、提案に対する投票によって運営をコントロールするエンティティを作ることに発展しました。Jentzch氏はこれを 「何千人ものファウンダーがいる可能性のある、会社のような組織の構築」と呼んでいます。

GitHubで公開されているオープンソースのコードを使って、何千人もの初期参加者がDAOを構築し、資金提供を開始すると、最初の1カ月で、1200万ETH(約1億5000万ドル相当)という驚異的な額が集まりました。DAOは、他のイーサリアム関連プロジェクトへの投資を共同で行う、小規模で分散型のベンチャーキャピタルのような機能を果たしていました。資金を提供することで、投資家はDAOのガバナンストークンを得て、議決権を与えられ、DAOの利益の比例配分を受けることができるのです。米国証券取引委員会は、すかさずThe DAOのトークンを米国法上の有価証券(上場企業の株式のようなもの)に分類しました。

このThe DAOは、2016年6月にChristian Reitwiessner氏が初めて公表し、その後、コードに発見されたスマートコントラクトのセキュリティバグにより破綻したことは、イーサリアムとDAOの歴史を紐解く上での事例として広く知られています。

この問題を修正するためのアップデートが試みられましたが、それには2週間の投票期間とThe DAOのユーザーの過半数の投票が必要となります。そして6月17日、この弱点を悪用した攻撃者が350万ETH(約5,000万円相当)を盗み出したのです。The DAOはこの時点で通常の運営を停止し、資金を回収するための長く困難なプロセスに取り組んでいきました。

Cristoph Jentzch氏は、この経験に基づいて、将来のDAOにとって重要な6つの教訓を強調しています:

スマートコントラクトのセキュリティは急速に進化しているが、まだ欠陥がある

知らないことを知らないという「unknown unknowns」を常に意識すること

イーサリアムのツールは急速に進化しているが、まだ未熟である

ガバナンスの方法を開発する必要があり、民主化されたオープンなシステムがスムーズに機能するとは限らない

決して急がず徐々に立ち上げること

隠れたバグを避けるために、特にコードの複雑さを最小限に抑える

DAOの現在

The DAOは復活しませんでしたが、近年では他にも数多くの分散型自律組織が誕生しています。DAOとは、簡単に言えば、投票によって意思決定を行い、その意思決定をスマートコントラクトで実行する運営方法の一種です。

DAOは投資だけでなく、あらゆる目的に利用することができるのです。

MakerDAO

MakerDAOは、2015年にRune Christensen氏が、Ethereumを担保にしたステーブルコインのアイデアを共有したことがきっかけで発足しました。MakerDAOは、65億ドルの流通量を誇るドルペッグ型のステーブルコインであるDaiを支えています。MakerDAOの主な機能は、Daiを発行することであり、ユーザーは、担保としてMaker VaultにETHをステークすることでDAIを生成します。

通貨に関する決定は、DAOを制御するスマートコントラクトのセットであるMaker Protocolを通じてDAOが行います。イーサリアムのブロックチェーン上のERC-20トークンであるMKRが、Maker Protocolのガバナンストークンであり、議決権が付与されます。より多くのMKRを保有することで、ユーザーが投票する選挙での発言力が大きくなります。Governance PollsはDAOの調査に、Executive Voteはシステムの状態を変更するのに使用されます。

Compound

Compoundは、DeFiの自律分散型の貸し借りプラットフォームを作るために2019年に設立されました。本質的には、流動性を生み出すために、異なる暗号通貨に対して競争力のある金利を維持するプロトコルです。Compoundは、自分のプラットフォームのために金利支払いインフラを構築するDapp開発者に向けて設計されています。そのため、セキュリティと相互運用性を重視しており、現在、16の市場で180億ドル以上の資産がCompoundを活用して利息を得ています。

Uniswap

DAOが管理するもう一つの主要な暗号プロジェクトが「Ethereum上に構築された最大の暗号取引プロトコルUniswap」です。

市場には、非常に多くのトークンが存在しており、一貫した正確な価格でトークンをシームレスに取引することは困難な場合があります。Uniswapは、価格設定を自動化し、様々なトークンの流動性を維持することで、取引を簡素化します。ユーザーは、流動性を提供するために自分のトークンをステークすることで、Uniswapから手数料を受け取ることができる仕組みです。

Uniswapは、Uniswap Governanceによって管理されています。UNIトークンの保有者は、Governance Forumで議案を提出し、投票することが可能です。UNIは2020年9月にリリースされ、当初はUniswapの過去のパワーユーザーに配布されました。現在では、ユーザーがプラットフォームに提供する流動性の量に比例して配布されています。投票するためには、DAOメンバーはUNIをアドレスにバインドします。UNIは、自分で投票することも、他の人に委任して投票してもらうことも可能です。これにより、熱心なメンバーからライトな参加者まで、DAOへの幅広い参加を可能にしています。

Yearn

Yearnは、DeFiを利用してユーザーに最大限の利回りをもたらす商品群です。DeFi全体では、さまざまな製品が、流動性目的でトークンを提供するユーザーに競争力のある金利を提供しています。Yearnはそれらのサービスを集約して、最高のレートを提供しているプラットフォームや製品を見つけ出します。

Yearnの最初の製品は、レンディング・アグリゲーターであり、これは、融資プラットフォームであるdYdX、AAVE、Compoundを横断的に検索し、その時点でのベストレートを見つけ出し、自動的に利用するものです。

もう一つのVaults Vaultsは自動化された投資サービスで、ボットを使って最高のレートを見つけ出し、ガスコストをソーシャル化することで最高のリターンを提供します。Vaultsは、より良い機会があれば、必要に応じて自動的に資金を動かすことができ、Yearnの最新かつ主要な製品となっています。

YearnはDAOによって管理されており、提案はフォーラムに投稿され、調査・議論されます。投票は、多くのDAOが使用しているサービスSnapshotで行われます。YFIが、Yearnのガバナンストークンであり、YFIをロックすることで、投票権を他の人に委任することが可能です。

Curve

Curveは、USDCやDaiなどのボラティリティの低い暗号通貨であるステーブルコインの分散型取引所です。特定の買い手と売り手をマッチングさせるのではなく、リクイディティ・プールを利用して、即時かつ低手数料の取引を促進します。

Curveを管理するCurveDAOは、CRVトークンの保有者が、ガバナンスフォーラムで提案を行い、CRVトークンをロックすることで投票を行います。

将来のDAO

現状では、ブロックチェーンプロジェクトの統治には、ほとんどの場合、このDAO(的な)システムが使われていますが、DAOのメリットである民主化、分散化、コラボレーション、そしてそれを支える技術は、暗号分野のみならず、人々が一緒に意思決定を行うことが必要なあらゆるものに活用することができます。

たとえば、Friends With Benefitsは会員制のソーシャルクラブとして機能するDAOです。また、DAOが自動運転車をベースにしたライドシェアの会社を管理するために使われるのではないかという議論もあります。この場合、決定事項は車自体に搭載されたソフトウェアによって自動的に実行されます。

想像力を働かせれば、巨大企業や政府機関までもがDAOによって管理されるようになることは容易に想像できるのです。

各国政府はすでにDAOに注目し、その普及に向けて準備を進めています。オーストラリアでは、DAOの透明性を重視して、規制法が制定されました。米国では、今夏、ワイオミング州がDAOを法的に認めた最初の州となりました。ワイオミング州で有限会社として法人化したDAOは、他のLLCと同様の法的保護と責任制限を受けることになります。この法律を受けて、Cheyenee市の元市長がワイオミング州を拠点とするDAOを立ち上げたほどです。この新しい法律がワイオミング州でDAOの「ゴールドラッシュ」を引き起こすかどうか、また他の地域で同様の法律が制定されるかどうか、興味深いところです。

DAOによるつながり

DAOにとって最も重要なことの一つは、メンバーがどのようにコミュニケーションをとるかということです。この部分によって、新しいアイデアがどのように共有され、議論されるかが決まり、選挙の結果にも影響を与えます。

現在、ほとんどのDAOはかなり初歩的な方法で運営されています。提案は、フォーラムやその他のウェブサイトで共有され、コメントや評価を受けることができます。また、多くのDAOはDiscordやTwitterなどのソーシャルネットワークでつながっています。これらのコミュニケーション手段は特に高度なものではなく、現在構築されている参加型のWeb3というよりも、Web2.0に近いものであるといえます。

DAOが成長するにつれ、そのコミュニケーション・プラットフォームはより強固で包括的なものになる必要があります。Whatsapp、Instagram、Facebookなどのプラットフォームを持つMetaのようなソーシャル・ジャイアントが、DAOのガバナンスを彼らの製品に統合することを期待できるかもしれません。あるいは、DAOに特化した新製品を展開することも考えられます。ブロックチェーンの他のものと同様に、DAOはまだ非常に発展途上であり、開発者たちは日々新しい用途を生み出しています。

そのためにも、Pontem Networkは、Metaが支えるパーミッションド・ブロックチェーンDiemのために、最高の実験プラットフォームを構築したのです。インセンティブ・テストネット、Move VMスマートコントラクトプラットフォーム、ローコード開発ツールであるPontem Blocksにより、Diem向けのアプリの構築を開始することができます。Pontem Networkは、急速に成長しているDiemエコシステム上で開発しているDAO、そしてメタバースを後半に渡りサポートしたいと考えています。

Pontem Networkの活動についての最新情報は、下記リンクから各コンテンツをフォロー・購読して入手してください。

Pontem Noxクラウドローンへのホワイトリスト参加登録と、
各コンテンツのフォローはこちらから👉https://linktr.ee/pontemjapan

 

Pontem Networkについて

Pontemは、Polkadotを介して、DiemブロックチェーンをEthereumのようなパブリックパーミッションレスブロックチェーンの分散型エコシステムに接続するためのブリッジを構築しています。これにより、Facebookの27億人のユーザーは、分散型金融(DeFi)からノンファンジブル・トークン(NFT)まで、あらゆる暗号のユースケースにシームレスに触れることが可能になります。Pontem Networkとその開発プラットフォームにより、ユーザーは製品をDiemブロックチェーンに移行する前に、Polkadotやその他のチェーンでアプリを構築し、テストすることができます。

Pontem Networkは、Meta(Facebook)のDiemブロックチェーンのインセンティブ付きテストネットとして機能するPolkadot Substrateベースのチェーンです。このプロジェクトでは、Polkadotを使用して、クリエイターにDiemの可能性を紹介し、Diem協会に移行申請を行う前にアイデアの検証を実行する機能を提供しています。また、クロスチェーンブリッジを利用することで、Pontemは他のネットワークで確立された流動性、データ、ツールをシームレスにDiemとの間で相互利用することができます。

Pontemのビジョンは、Diemブロックチェーンの主要な実験ネットワークとしての地位を確立することであり、本質的には、流動性のためのブリッジだけでなく「DiemのためのKusama」にもなることです。これは、非常に効率的で柔軟性の高いPinknodeのコードを使用して、現在のKusamaネットワークにdAppsを接続するPinknodeの能力と完全に一致しています。既存のKusamaブロックチェーンは、初期段階のスタートアップの育成、革新的な創造の実験、Polkadot上に展開する前のdAppsのインキュベーションに適した場であるという評価を得ています。これは、参入障壁の低さ、より寛容なスラッシュペナルティ、よりスピーディなイタレーション、そして最新のテクノロジーにより成り立っています。

DiemのKusamaビジネスモデルを達成するためのPontemの旅は、野心的なものに他なりません。誰もが知るWeb2の巨大な力を、Web3の世界へ引き込む架け橋を構築していきます。

Webサイト| Twitter | Telegram | Discord | ドキュメント| GitHub

日本語版はこちらからフォローしてください!

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 10.93 ALIS Article tip 506.20 ALIS
ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • @JustInBeliever
真に意味のあるプロジェクトの記事のみを掲載していきます。クリプト分野も日本独自のガラパゴス化を歩んでいます。確かな目と耳を持ちませんか?

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.00 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
175.20 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
16.32 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
18.40 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
50.20 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
29.93 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
41.81 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS