ブロックチェーンゲーム界隈が平和な5つの理由

Content image

キヨスイ(@kiyosui_goraku)です。

ブロックチェーンゲーム界隈が平和で楽しんでるよね。っていうツイートをちょいちょい見かけるようになりました。

他の仮想通貨界隈は、殺伐としているんですかね?僕のタイムラインには流れてこないので、ちょっと把握してませんが。

ブロックチェーンゲーム界隈がなぜ、平和なのか?僕なりに考察してみました。


利益をそんなに期待していない。

現状のブロックチェーンゲームは投資の側面強いです。超強いです。札束で殴りあうゲームもあります。利益を重視して、プレイしている人もいます。

ただ、ICOや草コインに投資をするより、利益!投資!っていう感覚が薄いんだと思います。

プレセールに参加するということは、ICOへの参加と構造的に変わらないんですが、結局ゲームがプレイできるという動作である程度の満足感を与えてもらっている側面があるんですよ。ICOの場合、ほとんどのプロジェクトが現状だと相場と睨めっこするくらいしかないじゃないですか。

ブロックチェーンゲームはどんなにつまらないゲームでも、数ヶ月後にはプレイはできる。ゲームという性質上アップデートもそこそこのスピードで進めてくれます。だから、良い意味での諦めがつきやすいというか。

投資だと言っても、利益をそこまで期待していない面もプレイヤーたちはあるんじゃないかと。


ゲームを購入している感覚に近い

ゲーム買っているんですよ!僕たちは!(たぶん)少なからず、僕はゲームを購入している感覚に近い状態でプレイしています。

あわよくば、リターンのあるゲームを購入している。

これでいいじゃないっすか!今までのゲーム業界で考えたら、あわよくばもリターンなかったわけですよ!リターンがあるゲームを購入している。ワクワクしますよね。

まぁ過剰投資は危険なので、僕はしませんが。自分のお財布と相談して、ゲームを購入しているだけなので。つまらないゲームを買ってしまっても、殺伐とすることはないじゃないですか。

まぁそんな感じ。


dAppsという可能性を楽しんでいる

これ、ほとんどのプレイヤーが思っていると僕は感じています。

可能性なんですよ!今は実用的じゃないdAppsというアプリケーション。技術的に色々なことが可能になっていくことがあります。

代表的なもので言うとERC-721ですよね。

関連記事:ERC-721とは?


ブロックチェーンを使った技術的可能性にみんなワクワクしている。僕なんか毎日、毎日ワクワクですよ。

だから、自分がプレセールを参加したゲームがクソゲーだったとしても、「これは後世に繋がる失敗だ...!!!!」みたいな感じで僕は受け止めています。

ブロックチェーンゲームの失敗例はたくさんあった方が、後に面白いゲームが出てくる可能性高くなりますからね!


ゲームの勝ち負けだから、後腐れない

実際、稼げる人と稼げない人出てくるでしょ?みたいな話になると思います。

ハイ、ハッキリ言って稼げる人と稼げない人分かれます。稼げる人がいれば、裏で稼げない人もいる。

現状のブロックチェーンゲームだと先行優位性や資金力に左右されます。

ゲームの上手さというのは、正直あまり関係なかったりもします。でもね、ゲームをプレイしているということで、ある程度の満足感はあるわけで。

ゲームの勝ち負けで稼げる稼げないが決まってくるから、後腐れないです。ブロックチェーンゲーム界隈にはそんな印象を受けます。

だってさ、僕のサロンでクリプトキティーズの猫(全然、価値ない猫)を配っただけで喜んで頂ける世界ですよ。

プレイできるというところで、喜んでいるユーザーがいるので、勝ち負けなんかでグダグダはなかなか起きないんですよ!


みんなアホになっちゃった!

5つ目の理由。





僕も含めてアホだから、殺伐としませーん!





こちらの記事をどうぞ。

ブロックチェーンゲームやっている人ってアホなの?


ユーザーが増えたら少し変わるだろうね。

今後、ブロックチェーンゲームが主流になってきてユーザーが増えたら変わってくるケースもあるでしょう。

2chとかすごい殺伐とするかもしれない...


みんな今の気持ちを忘れちゃダメだ!


こちらからは、以上です〜

ブログ:http://www.kiyosui.com/

ツイッター:https://twitter.com/kiyosui_goraku

ALIS:https://alis.to/users/Kiyosui

公開日:2018/05/23
獲得ALIS:53.04
Kiyosui's icon'
  • Kiyosui
  • @Kiyosui
blogger /Blockchain Gamer ブログ1600記事以上執筆。http://www.kiyosui.com/
コメントする
コメントする