ビットコインマイニングのシェア争いが始まるか

まずはロシア。
政府系のマイニング大手、
ロシアン・マイニング・カンパニーがシェア20%を目指しているようです。
 

中国の方もビットコインマイニングが廃止検討リストから撤廃されているようです。
此方はまだまだ分かりませんが、
先日の習近平国家主席の発言もあるのでどんどんと動きが出てくる気がしております。
 

国内では去年赤字などが響き、
撤退など含めあまり情報が出てきておりませんが
GMOなどは今年の終わりから来年度の初めには色々データが出てくるのではないかと思っております。
 

この記事の中のAngelo฿TC氏の、
「ビットコイン投資の最終的な着地点は、資産が0になるか10倍になるかの二択だ。」
個人的にも恐らくそうなりそうだなという予感がしております。
世界情勢次第で0というパターンはあり得るとみております。
これからはより仮想通貨から目が離せないと思っています。
 


 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/11/10 7.45 ALIS 0.00 ALIS
Pinanon's icon'
  • Pinanon
  • @Pinanon
最近ブロックチェインゲームで遊んだり。政治経済もかなりお好き。Twitter: @aroma_angou
コメントする
コメントする