お魚天国北海道、函館湾で五目釣り

東北から北海道にかけての太平洋航海なうです。

北は涼しくていいですね。

半月前まで静岡にいたので、覿面にその差を感じます。

 

そんな中、津軽海峡を抜けて函館湾にて錨泊しました。

Content image

絶好の釣りポイントです。

 

津軽海峡といえばマグロスルメイカですが、湾の中は水深も浅く狙えそうにありません。😩

 

とりあえずジグで五目狙いといきます。

Content image

 

時刻は夜8時。すっかり日も落ちてしまったので、グロー(蓄光)系のジグを使います。

水深は23mと浅いので、海底から海面付近までを繰り返し探っていきます。

 

投げ始めておよそ10分。中層付近で何かがHITしました。

 

ガツンとしたアタリとファーストランは完全に青物のそれです。

とはいえさほど大きくはなさそうなので、船底に潜られないよう、竿を立ててガンガン巻き込んでいきます。

最後はタモで無事ランディング。

Content image

50cmくらいのイナダ(ブリの幼魚)でした。

 

その後も10分ほどでまたもやHIT。

今度はフリーフォール直後の海底です。

とはいえ先ほどよりもさらに小ぶりな印象。走ることもなく大人しく上がってきます。

なんだこれは...。

海面で姿を確認して納得。そのままタモを入れず引き抜きます。

 

正体はこちらでした。

Content image

40cm程度のヒラメちゃん。

ジグで釣れるのはなかなかレアな気がします。

 

夜も更けり、ジギングにはそこそこ満足したので、次はサビキで表層の小魚を釣ることにしました。

というのも僕は、「大きな魚が釣りたい」というよりは「美味しい魚が釣りたい」というのが本望です。

狙うはカタクチイワシ。僕の大好物です。

 

海面にはすでに、船の灯りに集まる小魚の群れが確認できます。

Content image

ちなみにこのような時は、餌がなくてもサビキだけで十分釣れます。

サビキをルアーのように上下にシャクってあげるとほいほい掛かります。

 

Content image

こんな感じで入れ食いです。

 

しかし釣れたのはマイワシだけでした。😓

Content image

カタクチイワシはいないようなのでこれにて終了です。

 

本日の釣果

イナダ×1(50cmくらい)

ヒラメ×1(40cmくらい)

マイワシ×15(10cmくらい)

五目とまではいきませんがバラエティに富んだ魚種が釣れて楽しめました。

さすがお魚天国北海道!

 

 

おまけ。

釣ったイナダは刺身にしていただきました。

Content image

ブリほど脂はのってませんが、それはそれでさっぱりとして食べやすく、美味しかったです。

ヒラメは昆布締め、イワシはアンチョビにしたいと思います。それらについてはまた別の記事で。

 

 

~Pocky Twitter~

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/08/28 44.72 ALIS 3.30 ALIS
Pocky's icon'
  • Pocky
  • @Pocky
BTC/FX/Affiliate/and so on...
コメントする
コメントする