【航海記】灼熱の太平洋でアタリメ作り

こんにちは、Pockyです。

世間様が夏休みだお盆休だ海だ花火だサマソニだTIFだと夏を満喫していたであろう八月の最中、私は太平洋のど真ん中で羨望に駆られながら航海の日々を過ごしておりました。

Content image

幸い天候には恵まれ、航海は順風満帆。

しかしそのおかげで甲板上は灼熱地獄と化します。🌞

容赦無く照りつける太陽とそれを反射する海面のダブルパンチに、立っているだけで干からびそうな勢いです。

 

そんな中、暑さに苦を嘆く脳裏にある名案が過ぎります。

「干からびそうと言えば…」

偲ばれるは先航海中に釣って冷凍庫に眠るイカちゃんたちの存在。

Content image

「🦑そうだ、アタリメを作ろう🦑」

これだけの炎天下なら天日干しにはもってこい!

ピンチはチャンス。災い転じて福となす。人間万事塞翁が馬。

暑さの中に目的を見出し、体力ゲージを補填するモチベーション。

 

思い立ったが吉日、早速イカを解凍して捌いていきます!

 

アタリメ(スルメ)の作り方は超簡単。

内蔵を落としてぬめりを取ったら海水に10〜20分ほど浸け込み、

あとはこれをただひたすらに干すのみ

Content image

風通しの良い羅針甲板に捌いたイカを吊るし置きます。

夜は湿度が高くなるので取り込んで冷蔵庫へ。そして次の日また天日干し。

これを3日間ほど繰り返せばアタリメの完成です。😆

 

快晴続きというベストコンディションの中で熟成されたスルメイカ。

出来上がりを軽く炙って早速実食!

Content image

「んん〜うまぃ!!」( ´ ▽ ` )

程よい塩加減と濃縮されたイカの旨味。噛めば噛むほどとはまさに。

暑さも相まって仕事終わりのビールを促す至高の一品です。

 

太陽と海の恩恵に与りこれはこれで夏を満喫した気分??

疑問は残るもののほろ酔いに舌鼓を打って些か満足な八月の夜でした。

 

〜関連記事〜

 

〜Twitter〜

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/31 33.43 ALIS 30.60 ALIS
Pocky's icon'
  • Pocky
  • @Pocky
BTC/FX/Affiliate/and so on...
コメントする
コメントする