ブックメーカーが投資として成り立たない理由

Content image


こんにちは、Pockyです。

ブックメーカー投資って未だにやってる人いるんですね。

あれは本当におすすめしません。自分もあれで40万ほどドブに捨てました。笑

今日は自分の経験に基づいてブックメーカー投資が勝てない理由をお伝えします。


そもそも、ブックメーカーってご存知ですか?

ブックメーカーというのはいわゆるネットカジノのことです。

カジノといってもバカラやブラックジャックだけではありません。

中でも人気があるのはスポーツベット、つまりサッカーやテニスの試合結果を予想して賭ける分野です。

Content image

BET365


それも単純にどちらが勝つというだけではありません。

例えばサッカーの試合で、

・次に点を取るのはどっちのチームか。
・合計得点が何点になるか。
・コーナーキックの合計は何本か。

こういった様々な事象すべてにオッズがついていてどの項目に賭けることも可能です。

Content image

もちろん起こり得る可能性の高い事象ほどオッズが低く、逆に可能性の低い事象ほど高オッズです。

また、賭けるタイミングも自由でオッズは適時変化します。


これを投資に利用しようというのがブックメーカー投資です。

オッズの相場と統計学による勝率から期待値を計算する、つまりパチプロと同じような考えです。


例えばサッカーの試合で残り10分、2-0という状況の場合、2点先取しているチームが勝つのは目に見えてますよね。
統計の結果、リードしてるチームが勝つ確率は98%だったとしましょう。
ならば同じ状況でオッズが1.03(勝ち:2%の利益、負け:100%の損益)の試合に賭け続ければトータルでプラスになっていく計算です。


こうして期待値が1を超えるポイントを探してベットしていくのです。

こうして考えとなんだか勝てそうな気がしますね。


私もブックメーカー投資を始めようと、35万円を支払ってブックメーカー投資コミュニティに入りました。

コミュニティに入れば自分でベットするポイントを探さずとも手法を教えてもらうことができます。


しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。

教わった手法通りにベットしていても資金は全然増えません

自分で統計を取ってみたところ期待値は余裕で1を切ってきました。

つまりそこでの手法自体が使えないものだったのです。


中にはもちろん同じ手法で勝ってる人もいます

でもそれは一時的な話です。パチンコでたまたま勝つのと変わりません。

大数の法則の通り確率は収束しますからやり続ければ負けるのは目に見えています。

しかし気づかない人も多いようで、コミュニティ主のSNSにはいい部分だけが切り抜かれた参加者の結果報告が連日あがっていました。



でも中には本当に勝てる手法もあるんじゃないか?

そう思いますよね。


答えは、あります。

でも勝てません。


なぜならオッズは常に変則的で、運営に決定権があります。

オッズの相場自体が変わってくるのです。

例えば先ほど例に挙げたのサッカーの試合、

勝率が98%だとしたらオッズ1.03に賭けたい人はたくさん出てきます。

となると運営はオッズを下げるわけです。


こうして運営は常日頃オッズを調節してきます。

プレイヤーに有益な穴があればすぐに潰してきます

つまり、一時的に勝てる手法があったとしても長く続くことはありません。


これがブックメーカーで勝てない最大の理由です。


昔はこの「オッズの穴」が結構多くあり、実際にそれで稼いでた人もたくさんいたようです。

しかし現在はすでに穴をことごとく潰され、パチプロが稼げなくなったのと同様、ブックメーカーで稼ぐことは難しくなっています。これからさらに難しくなるでしょう。


だから今ブックメーカーで稼ぐスキルを身につけても全くもって無駄です。

ギャンブルとして楽しむのは大いにありですが、投資として考えるのは無理があります。

FXの勉強でもした方がよっぽど有益ではないでしょうか。

以上、ブックメーカーが投資として成り立たない理由でした。









公開日:2019/01/29
獲得ALIS:10.42
Pocky's icon'
  • Pocky
  • @Pocky
BTC/FX/Affiliate/and so on...
コメントする
コメントする