CryptoSpells クリプトスペルズ 初心者へ βではこれ使っとけ

いよいよ炎上王子のクリプトスペルズがβスタート!

デッキ構築だ!と言いたいところですが・・・

初心者からしたら何入れればいいかよくわからないのでは・・・

ということでデッキを作ってみよう

 

・デッキは序盤はマナが少ない後半は多くなる

ということはデッキは低コストを多めに入れて
後半にはコストの大きいカードが欲しくなります。

なれるまでは初期のカードのマナを変えずに遊ぶと良いでしょう

1コストが4枚
2コスト10枚
3コスト6枚
4コスト6枚
5コスト以上が4枚

って感じですね!

1コストが何で一番多くないの?と疑問になるかもしれませんが
先行は1コストのカードしかプレイできないので1コストのカードは欲しいのですが
後攻の場合は手札のマナを増やすカードを使うことで2コストからスタート
次のターンは2コストなので 2マナ2マナ3マナ4マナと
ゲームが展開することと、1コストのカードパワーがそこまで強くないからです。

次にカード選びですが
カードはパワーより基本タフネスが重要となります。
2/1のカードは1/1のカードと相打ちしてしまいますが
1/2のカードは1/1のカードを一方的に倒します(速攻というすぐに場に出せるカードは少し意味が変わってきますが)
これを意識してカードを選んでみましょう
とはいえ2コストで1/3とかだとパワーが低すぎるということになるので注意です

次に前衛が超大事です!
自分の場に強いカードがいくらあっても
前衛という能力があるカードがないと相手の攻撃を防ぐことができません。
なので前衛という効果がついてるだけでめちゃくちゃ採用率が基本上がると思って下さい。

あと召喚時>死亡時
召喚時は自分で発動タイミングを選べるのに対して
死亡時はタイミングが選べないことが多い
相手が無視してきたら無意味になってしまうから
それと出したターンには攻撃できないため
出す。次のターン攻撃、やっと死ぬという時間差が出来てすこぶる使いづらいことが多いので気を付けた方が良い
相手がそのカードを倒さなければならない状況でなおかつその時に死亡時効果のカードであることが望ましい。

死んだら1ドローのようなカードはアドバンテージを失いにくいので重宝するが
あまりにもステータスが低いとテンポが悪くなり不利になることもあるので過信しない

速攻のついたカードは強い
例えば2コストのグリフィンは2コストで出すことで
相手リーダーに2点ダメージを与えることにも使えるし
敵に攻撃して2点ダメージを与えることもできる。
単純に2コスト2点ダメージの使い捨てよりは優秀だということ

連撃は出した時には攻撃できないのですが
次のターンから単純に2回相手リーダーに攻撃できるため
これも優秀な能力です。とはいえ速攻ほど確実に発動できないので注意

あとは、リーダー毎にカードが変わるので
それはまた機会があれば!

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/04/11 14.50 ALIS 0.00 ALIS
RayDark's icon'
  • RayDark
  • @RayDark
非公式マイクリサポーター:招待コード:nd5m : 0x811F84402EFdb0B3850D5EcbB762D0e10c838A6D
コメントする
コメントする