廊下 #4 それぞれの時間

 

 

そこで、彼らは、こんな風に言ったんだ・・

 

時間とは、夢を見てるあいだのことなんだよ。

 

そんなの、本当は、はじめから、どこにもないんだよ。

 

僕も、何だかワクワクして・・

 

うんうん。

知ってる。

 

知っていたのか、嘘をついたのか、

それは、もう、おぼえていないんだけれど。

 

でも、

それはもうワクワクするから・・

 

ちいさかった僕は、

 

ただ、わくわくするから、「知ってる」って答えたんだ。

 

そこだけ、はっきり覚えている。

 

 

たぶん、それが真実なんだろうと思う。

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

映画館に着いた。

 

彼女は、大学の友人らに、えらく勧められたらしく

 

めずらしく、この映画を見ることに情熱を向けていた。

 

車中、ネタバレするぐらい、

その映画のうんちくを聞かされたのだけれど

 

まったく、何も覚えていない・・

馬の耳に念仏?

まあいいや。

 

なにやら、たいそうな、恋愛ものらしいが、

当時の僕には、うるさいから、

ただ、観るのをただ付き合っただけ・・

 

そんなところ。

 

何の興味もなく、めんどくさいだけの

仕事で疲れてる日のSEXの前戯みたいなものだった。

 

しっかし、女性ばかり。

 

館内に入ると、予告の重低音と、独特の雰囲気と

良くこれだけ集まったと感心すらさせられる女の子たち・・

 

TITANIC デカプリオ?

 

 

 

 

 

てか、ちょっと前まで、「ブラピ命」って言ってたよね。

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

窓際の二段ベット

 

弟は下。僕は上。

 

兄弟のパワーバランスは、石のように固い。

 

と、思っていた。

 

まあいいや。

 

 

とにかく、その頃の僕は二段ベットの上で寝ていた。

 

当時の家庭では、クーラーなど贅沢品だ、窓を開けて扇風機を回す。

 

真夏

毎日、毎日、暑くて寝苦しかった。

 

 

その時も、そんな、真夏の熱帯夜だったと思う。

 

眠りに落ちる瞬間の一歩前、ほんの一瞬手前で

上がれる嬉しさがこみ上げる!

 

脳みその記憶と魂の記憶が切り替わるとき・・

 

瞬間ではあるんだけれど無時間の感覚

 

だから、ここで気がついた!

 

しっかりと気がつくんだ。

 

 

たぶん毎晩のように・・

 

体外離脱している事に気がついた。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

カラクリは、こうだ。

 

ベットに入って眠りについた僕は、少しすると思い出す。

 

また、あそこまでいける!

やった、やった、わーい。

 

なぜか、このタイミングでしか思い出せない。

毎晩の事なのに・・

さっきまで夜更しをしていた僕は、大馬鹿者だ!

 

あったかい、わくわく感に包み込まれながら・・とでも表現すれば良いのか?

分からないけど、とにかくめちゃくちゃ嬉しくなる。

 

 

窓際の二段ベットの上段から、ポンと、前にとびだす。

 

家の外に出る。僕と弟の部屋は2階。

 

もちろん、そこは、空中だ。

 

今日も普通に体外離脱成功!

 

当時の僕は、変身して空を飛んでいくイメージ!

 

 

すぐ下には、僕んちの庭の風景が、ありありと見えている。

だから、すぐに、これが、ただの夢では無いと分かる。

 

今思えば、これが、この世である保証はどこにもなかった。

 

 

何故か下にだけは向かえない。

いや、向かおうと思えば、可能だったのかも知れないが・・

 

 

上に、在るんだ。

 

それは、すっごく上にあるんだ。

 

 

だからいつも上昇する。

 

ワクワクして上がってく。

 

はやく、会いたくてスピードが上がってく・・

 

 

 

地球のある銀河すら見えなくなって、少ししてそれは現れる。

 

 

 

信じられないくらいにギラギラとした広大な宇宙空間の中で・・

 

 

胸が痛むほど、申し訳の無いくらい、小さな一点にそれは存在していた。

 

 

魂の時間はこれからだ

 

 

 

 

つづく・・

 

 

 

#3へ       #5へ

 

未熟な文章を最後まで読んでいただいた優しさに感謝申し上げます。

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/10/27 11.75 ALIS 11.17 ALIS
ULIBUDDHA/black's icon'
  • ULIBUDDHA/black
  • @ULIBUDDHA
年に何回か訪れる大ピンチを今のところ乗り越えている。専業トレーダーは、4年目に突入・・
コメントする
コメントする