【うぇぶさん】 ーweb3.0への径ー



 

 2018年12月12日 それは1つのアナウンスから始まった.



 (ふーむ. web3…か…)


 "web3, web3.0" なる言葉は以前から聞き知ってはいたものの当時は海外のフィンテックニュースからの情報をなんとなく聞きかじっていた程度で, さほど気にとめてはいなかったところに国内の身近なところから, いきなりこの話題が出て来たのですが, やはりどうも中々に現実感が湧いてこない状態でした.


 そんな中,  "web3.0について理解を深めていこう" という趣旨のブログイベントが告知されました.



 …というところで2018年が終わり新年を迎えたのですが…


 この web3.0 という未知の話をイベントという開催期間の中で記事にするには中々に難しく感じて日々悶々と時間ばかりが過ぎてゆくなか…先日のリニューアルを機にブログ記事をアップしたわけなんだけれども…


 そこへ "大会コミッショナー直々のコメントが"



 ・・・という事で未だ準備段階の状態の中, 現在頭の中に入っている範囲内の記事になってしまいますが居酒屋のお通しと思って一つよろしくお願いします・・・




 実のところweb3.0について冒頭のALIS運営のアナウンスの以前に再度, 知る機会がありました.


 それはALISを始めた当初に仮想通貨の技術方面の知識を深めたいという思いから, 現在多くのトークンの基となっている "イーサリアム" について色々と調べていました.

 

その動機を綴った当時の記事はコチラ



 その過程で再度 "web3.0" なるワードを目にしたのですが, そちらの流れはこれから調べていきたいと思ってますので機会をあらためて記事にしていこうと思います…


 で, 今回の記事で触れたいのが, まず私なりのweb3.0への最初のとっかかり・足掛かりとして押さえていきたいのは, やはり "イーサリアム" を知るところから始めていこうと思います.


  とりあえず今の自分が認識してる理解ならびにビジョンとしては・・・


 ・ web3.0 それはイーサリアムというプラットフォームから繋がるインターネット世界ないし社会


 と感じています. 


 その可能性となる関連ワードを列挙して今回は締め括りたいと思います. ←ギブアップw

  

『スマートコントラクト』 『dApps』 『ワールドコンピューター』 『イーサリアムドメイン・アドレス (.luxe)』 etc. …


 …というところで私自身は今後もイーサリアムを軸に上に挙げたキーワードと絡めてweb3.0のフィールドワークを続けて参ろうと思います.


 


 





公開日:2019/01/11
獲得ALIS:15.72
WhiteRabbit's icon'
  • WhiteRabbit
  • @WhiteRabbit
🌕To the moon よろしくどうぞ (卯年の生まれの正真正銘の白兎です🐰)
コメントする
  • えぐぽん
  • 8日前

お通し食べ終わったんで次注文していいですか?w

返信
コメントする