民間信仰弾圧の系譜(神仏カテゴリー)

はい。今日から神仏カテゴリー推しです。

以下は拙著『魂の螺旋ダンス』改訂増補版からです。
稀代の宗教学者ミルチャ・エリアーデは短い日本滞在の間に近代日本における入神の伝統の破壊や、民間信仰の弾圧について、鋭い洞察と調査を得ていきました。
堀一郎の援助があったとはいえ、驚くべき仕事です。
私はその足跡を、あとづけようとして、エリアーデが当たったという「勅令」などの原本を逐一突き止めましたが、これはけっこう学問的に?大変な作業でした。
だからエリアーデは短い滞在でよくここまでやったと思うのです。
また桜井徳太郎、森岡清美は近代の神仏がいかに国家統制されているかについて考える上で避けて通れない存在です。
では、以下に引用します。

 

 

(以下引用)


・ 民間信仰弾圧の系譜

ミルチャ・エリアーデは、真の入神の伝統を求めて来日したが、イタコなどにそれを見出すことはできなかった。その後のノートの中、彼は、神道が入神行為を禁止してきた歴史について触れている。


彼は、シャーマニズムを弾圧する最初の勅令が七八〇年に出され、続いて八〇七年にもう一度勅令が出されたことに注目している。これらは神社の境内の外における霊媒行為を禁止するものであったとエリアーデは指摘する。つまり私邸における変性意識を擬似的なものとして差別し、国家の威信と権威を高めようとしたと言うのである。雑多なシャーマンの手から、祭司権を収奪し、国家の手の中に一元化しようとする試みであるという問題意識である。
(エリアーデの触れている七八〇年の勅令は「続日本紀」宝亀一一年二月一四日条に、また八〇七年の勅令は「日本紀略」大同二年九月二八日条にあたる。)
しかし、その勅令は無駄だった。というのも、人々は「あらゆる種類の霊媒、魔術師、入神者に、彼が彼らを見出した所、すなわち神殿内でもその外でも諮ることを続けてきたのである。」(『エリアーデ日記』)


最初の勅令が七八〇年であることに注意してほしい。そもそも日本=天皇制=神道の成立が、七世紀から八世紀にかけてであることは先に述べた。ということは、日本=天皇制=神道は、形成されたその直後から、多様な変性意識を抑圧し混沌(カオス)の中に秩序(コスモス)を生み出そうとし始めていたということになる。上記二つの勅令は、その事を端的に物語る。神道は、民間信仰ではなく、雑多な民間信仰のノイズを消し、祭祀権を一元化しようとする国家宗教であることは、このような点からも窺い知ることができるのである。


さらにエリアーデは指摘する。「一八七三年に出され公布された最後の勅令は、神社の境内においてすらも入神行為を禁じた。公的には神道は二千年間にわたる入神の真の伝統を放棄した。(これは西洋化の第一段階だったのか。)」(同書)
(エリアーデが触れているのは明治六年一月十五日教部省通達第二号である。「梓弓による神降ろし、憑依祈祷狐下げなどの所業禁止の件。以前より、梓弓による神降ろしならびに憑依祈祷狐下げなどと唄し、占い口寄せなどの所業をもって人民を幻惑させているものがある。これについて今後一切禁止するので各地方官はその旨を心得て管内の取り締まりを厳重にしなさい。」)
入神行為を禁じる最後の勅令が、一八七三年(明治維新の直後)であることも、象徴的な事件である。なぜなら、この国の宗教弾圧は、明治以降の国家神道において頂点を極めるのであり、ここには国家神道がついに神道それ自身をも弾圧して、純粋な国家主義イデオロギーになろうとしている姿が、端的に現れているからである。


「国家神道」とは戦後GHQによる命名であるが、明治以降において教派神道以外のいわゆる神社神道を指す場合には、定義上非常に有効な言葉である。
すなわち、GHQの「神道指令」では、「国家神道、神社神道」の理念として、「1、日本の天皇が、家系、血統、起源の上で、他の国の厳守よりすぐれているという考え。2、日本の国民が、家系、血統、起源の上で、他国民よりすぐれているという考え。3、日本の国土は、神によって作られたから、他の国よりすぐれているという考え。4、侵略戦争を行うために、また他の国民との間の紛争を解決するための手段として、武力を用いることを謳歌する考え」という四点を提示している。
まさしく明治以降の神社神道にとっては、その四点が、至上の命題であった。活き活きとした霊的源泉に触れる活力などは、むしろ「ノイズ」を生み出しかねない邪魔ものであった。だからこそ、神社の内外におけるあらゆる霊媒行為を禁止し、またシャーマニックな教祖を立てる教派神道や新興宗教を過酷に弾圧し、コントロールしようとしてきたのである。


また明治以降の国家主義イデオロギーは、国中で猛烈な神社合祀を推し進め、民間信仰の息の根を止めようとしてきた。神社合祀の嵐は凄まじく、廃仏毀釈と並ぶ廃神毀祇が行われたと言っても過言ではない。たとえば、最も合祀の激しかった三重県において明治三六年と大正三年の神社数を比べてみると、一七三三社あった県郷村社は六七三社に、五二五〇社あった境外無格社は一三〇社に激減している。実に九割の神社が整理されてしまったのである。(『近代の集落神社と国家統制』森岡清美著)


殊に境外無格社への弾圧が熾烈さを極めているのが、おわかりいただけるだろうか。村落の角々にあった無数の小神社や祠が無くなり、この島の民間信仰は、まさしく息の根を止められようとしたのである。三重県においては「路傍にあって民衆の信仰を支えてきた道祖神などの記念塔碑とか月待・日待の行事などは、いちはやく姿を消して、よほどの山奥や離れ島か、英虞湾沿海の辺地に出かけないとみることができない。」(『日本列島・南への旅』桜井徳太郎著)


それにひきかえ、伊勢神宮に関係ある摂社、末社、境内社は枚挙に暇にないほど鎮座しているという。これについて桜井は、ほんらいは無関係の縁起を持つ社祠までが、類縁を持つようにつくられ語られるうちに、その範疇に含められたのではないかと考察している。


森岡清美は明治神宮創建の背景を語る中、端的に次のように述べている。
「近代の国家権力は一方では集落神社の整理を可能な限り推進し、他方では集落神社の創設にきびしい枠を課すると共に、きわめて社格の高い小数の有力神社を創建した。この両面政策は、天皇崇拝に収斂していく国家神道の施設としてふさわしくないものを廃し、国家神道の教義を体現する施設を造営することを狙いとした。こうして地域住民の生活とは縁のない非集落神社が創建されていったのである。」

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/16 18.32 ALIS 0.00 ALIS
abhisheka's icon'
  • abhisheka
  • @abhisheka
10代より世界放浪。様々なグルと瞑想体験を重ねる。53歳で臨死体験。著書等のALISストアは、https://alis.to/abhisheka/articles/K5xGJzxZxVmE
コメントする
コメントする