岸のない河(7)先生、美紅のキャバクラ行っちゃうの?

 

岸のない河 手紙(1) 美紅より

 

岸のない河 手紙 (2) 一条より


岸のない河 手紙 (3) 美紅より

 

岸のない河    手紙        (4)        一条より

 

岸のない河 手紙  (5) 美紅より

 

岸のない河 手紙 (6) 美紅より

美紅へ

こないだは
一緒に特別な夕べを過ごせて僕も楽しかった。
美紅の浴衣姿、初めて見た。
ドキドキするほど、かわいかったよ。

僕の娘は二八歳になるけれど
妻と離婚してから娘には年に一回ぐらいしか会ってなくて
娘より三つ年下の美紅を僕はまるで娘のように思っているのかもしれません。
娘はグループ会社の広島県の統括にまで出世していて
レオパレスに一人暮らしして広島中を毎日車で回って各店の指導をしています。
出世が早い。
でもそのせいで周囲の男性は皆、娘の部下なんです。
僕にしてみれば自慢の娘なんだけど
男たちは自分の方が地位が低いのを気にするみたいで
彼氏ができても、男として部下でいるのが嫌で
転職してキャリアアップしようとして
まあこんな世の中だから
余計にキャリアが悪くなって
ごちゃごちゃして別れてしまったりしているみたいです。
いっそ早く本社勤務になれば周囲に上司がいる状態になるんだけど・・・。

話がずれました。
なぜ美紅を誘ったかだよね。
それは卒業してからのこと、ずっと気にしていた生徒のひとりだからだよ。

放課後の教室ではいつも、
うちの高校で強かったバレー部で大活躍している女の子たちが
教卓の周囲に集まってひとしきり僕と話していたよね。
その間、美紅たちの三人グループは
いつも教室の後ろの隅のそうじ用具入れの前あたりに居残って
時々ちらちらと教卓の方を見ていたよね。
そしてクラスでもリーダー的な位置にいた彼女たちがコートのシフトの時間になって
体育館に行ってしまってから
おもむろに教卓に近づいてきてよもやま話をした。
話が尽きずに、僕はよく放送で他の先生に呼び出された。
「一条先生。すぐに職員室にお戻りください」って。
さすがの僕も職員会議は忘れていなかったけど、学校にはいろいろな委員会とかあって
そういうの忘れて教室で過ごしているとすぐ呼び戻されてしまう。
よくないよね。
せっかく楽しく過ごしているのに。

美紅たちはクラスの中心的なグループの少し周辺にいるような感じで
でも小説を書いたりギターを弾いたりダンスをしたり
芸術的なメンバーだったね。
僕もどっちかというと中高時代、体育会系ではなくて
そっちだったから
美紅たちとの時間はとても楽しかった。
中でも美紅はなんていうか、ちょっと天然っていうか、
繊細なところと抜けているところが自然に入り交じっていて
純粋で危なっかしいというか
世の中に出て大丈夫かのかなあってすごく気になっちゃうようなところがあったよ。

だから卒業してからどんな風に過ごしているか時々ふと思い出してた。
バレー部のあの子たちはツイッターとかやってて、鍵アカにしているんだけど、近況なんかけっこう正直に書いてるよ。
上司やお客さんにセクハラまがいのことをされた話とかけっこうハラハラさせる。
そんなのを読んでいても、いやいや君たちより
もっともっと美紅が一番、危なっかしかったけど大丈夫かなあと思い出したりしてたんだよ。

だから、こないだ花火会場でキャバクラで働いてる話を聞いたとき
それ、美紅のキャラでは危なすぎるやん!って思った。
大丈夫かなあ。
男にだまされないかなあ。
いや、もう何回かだまされたんじゃないかなあ。
もう、ハラハラドキドキやん。

美紅。
僕は心臓発作の後遺症で正式に退職するまで、
教育公務員の信用失墜行為禁止義務というやつに
けっこう縛られていて
夜の街のことはあまりよく知らないというのが正直なところなんだ。
だけど、美紅のことめちゃ心配だし、
今度会うとしたら、水族館とか映画とかではなくて
美紅のお店に行ったらダメかな?
どんな風に働いているのか、知りたいよ。
もちろん元先生だということは店に隠して、レッツ視察。
美紅がドレスアップして働いている姿も見てみたいな。

ちょっと唐突かもしれないけど
海の底とか、スクリーンの中とか、どこか別世界を一緒に覗き込むんじゃなくて
美紅の普段の様子をもっと知りたいな。
恥ずかしい?
もし、よかったら今度は美紅のお店で会おう。
色々事情もあるかもしれないし、ダメならダメって言ってね。

お返事待ってます。

                一条賢治
 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/10 15.55 ALIS 22.10 ALIS
あび(abhisheka)'s icon'
  • あび(abhisheka)
  • @abhisheka
10代より世界放浪。様々なグルと瞑想体験を重ねる。53歳で臨死体験。31年の教員生活を経て現在は専業作家。https://note.mu/abhisheka
コメントする
コメントする