蝶を放つ (4)

 父の遺体は自宅の居間に、翌日までまる一日寝かされていた。親戚や知り合い、近所の人などが、ぽつぽつと現れては、線香だけあげて帰っていった。
 中に見たことのない女がいた。歳の頃は五十歳前ぐらいに見えた。目鼻立ちがしっかりしていて美人である。
 鼻の頭が少し丸いのが特徴といえば特徴だった。その鼻は鋭利な美しさを少し損なってしまっているようでもあり、奇妙な色気を醸し出しているようでもあった。
 喪服を来た姿は、余計に色気を有していた。その女は父の遺体の傍らに正座してしばらく泣いていた。
 それから今度気がつくとまるで家族のように台所の椅子に座っていた。
「友子さん。いつもお手伝いに来てくれている……」と母が僕に紹介した。
「ああ、あなたが友子さんですか」

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/06/10 7.46 ALIS 0.00 ALIS
abhisheka's icon'
  • abhisheka
  • @abhisheka
10代より世界放浪。様々なグルと瞑想体験を重ねる。53歳で臨死体験。主な著書に『浄土真宗の法事が十倍楽しくなる本』『超簡単訳 歎異抄・般若心経』『蝶を放つ』『魂の螺旋ダンス』『ええぞ、カルロス』など。
コメントする
  • abhisheka
  • 15日前

連載購読ありがとうございます。
日付けごとに必ずひとつ上げていきます。

返信
コメントする