成長と脳の関係に思うこと*

脳ってミステリー。


情報技術系の記事の準備作業で忙殺気味のakariです。


この記事で書くのは、

誰かにとっては何気ない表現でも、自分にとっては革新的な意味をもつ表現とも言うべき閃きがある

ということです。

たぶんこれって『自分の成長』という目線で役立てられる人もいるんじゃないかな〜と思うので、せっかくだし書き残しておこう!と決めました。




最近ちょこちょこプログラムのコードを書くのですが、

実は私、自分が一段プログラミングができるようになった瞬間を覚えているんです。つい最近ですが、その日を境に、自分の中で明確になにかが変わったんです。


この記事を書いていたときです!


眠い目をこすりながらこの文章を書いていたあの夜、私の中では100億の神経細胞がそれまでの神経ネットワークをあちこちつなぎ変えていたんじゃないかと思うくらい革命的なことが起こっていた気がします。


なので、その時の私にとってはものすごい価値の濃い文章で、書きながらすごく気分がよかったのですが、今の私にとってはすこし価値の薄い文章になっていて読んでもあんまり高揚感はありません。明らかに上の記事を読んだときの反応が劣化しています。


とはいえ、どうして自分の中で変化が起きたのかを考えたいので、ちょっとだけこの日のことを振り返ってみようと思います。


2019年1月7日21時〜22時ごろ

この日はアリス記事の題材にするWEBページを作るために、今の私にとって少しむずかしいプログラムを書いたり、まだ理解度が低いブロックチェーン関連のうぇぶさん企画記事を書いたりしていました。

JavaScriptを書いていたらエラーが出て、『もっとスラスラ書けるようになりたい!もう無理!!もう寝る!!!』くらいの心の状態だったと思います。


そしたら、なんだかすごく眠いんですけど、頭の中でぐるぐるいろんなことが思い浮かぶようになって、それで、結局うぇぶさん企画の記事を書き上げられなかったので、さっき引用した記事をそのまま書いたんですよね。


そういえば、この時の思考、私読みやすさを意識して整理して書いちゃったので、とても後悔しています。

もう再現できないんですけど、もっとぐるぐるいろんなことが湧いては消え湧いては消えを繰り返していたんです!よく考えると文字に起こせたとしてもかなり支離滅裂で意味がわかんないかもしれません笑


もしかするとすごく眠たかったというのも必要な要素なのかも?

寝ている時に夢を見るのは脳が情報を整理しているから、という話を聞いたことがありますが、それを意識がある状態で体験できたのかな??


人間の脳って謎です*




なんだか意図せずちょっと神秘な話になってしまいましたが、この話の教訓として私が覚えておきたいことは、以下の3つです。

前提 脳には神経回路をつなぎかえる機能がもともとついている(はず)
行動 眠たくなるまでちょっとチャレンジ要素のある作業をする
結果 寝る前に心の底から『成長』を願うと脳内回路が変容する




できることが増えるっていいですね。

公開日:2019/01/20
獲得ALIS:9.90
akari's icon'
  • akari
  • @akari
家にいる時間が好きです。デザイン系の制作会社でフロントエンドエンジニアをしています。
コメントする
コメントする