5csビーストチャージ緑

 

久しぶりに記事を書きます、飛鳥です😊

今回は9月のチャレンジカップでレジェ無し5位をとれたデッキを紹介します。ちなみに同じデッキをりーふさんに使ってもらっところこちらもレジェ無し4位を獲得されていたのでデッキとしてのポテンシャルは高いと思います。

とりあえずデッキを貼りまーす!

Content image
見た目弱そうすぎる

豚さんは2枚目のホルスでもいいです。レジェンド持ってる人もその枠、それ以外は確定枠。

 

デッキコンセプト

ビースト緑を組もうと思ったのはミノタウロスと獣の包囲が追加されたときで、この2枚のカードが明らかにパワーが高かったのでこれらを活かしたデッキを組もうと思いました。

 

ということはこの2枚が強く使えるレンジのデッキを組むべきで、この時点で5コス、6コス以上のデッキを入れたミッドレンジ的なタイプのデッキよりも中盤で勝ちきるデッキにすることを決め、すでにあったゴールド5cs存在もありこのような形のデッキになりました。

 

ここから考えたのは、5cs後の超展開でどれくらいの打点がでるかということでした。複数回試した結果10点くらいから最大20点以上の打点がでるもののだいたい15点くらいが平均になり、ということは10点程度は盤面からの打点で出さないといけないことになります。

 

つまり完全にコンボに寄せてしまったデッキだと打点が足りないということです。

 

ここで採用したのがフェアリーカードを中心とした従来の緑序盤の強い動きです。こうすることで序盤の盤面で優位をとることができ、速攻だけでは足りない打点を盤面から出すことが可能となりました。

 

あとは序盤の盤面形成に活躍する低コストカード、有効札を手札に戻したりハンドを伸ばしたりできるチェインオブハーツ、無理やり速攻で顔を詰めるプランを可能にし、ドローもできるアイスストーム、この辺りを入れればデッキは完成です!

 

豚力招雷について、

もともとホルスの枠でしたが直前に追加されたので試しに1枚だけイン、中盤でイージーウィンできたり最後に打点を伸ばせたりして感触は悪くなかったですが、くっつきが悪いのと事故の原因になるので入れても1枚までだと思いました。

 

 

回し方

超基本的な回し方

序盤は盤面を形成して顔に打点を刻んでいく、中盤5csを開いてその後の超展開で一気に削りきる。

雑。

 

マリガン

先後問わず基本的には低コストの強いカードをキープ。1コスシマリスクはセットキープ、後手獣の包囲単キープ。

 

対面ごとの戦い方

 

vs赤

基本的に有利対面

上記の基本的な回し方通りにするだけで勝てるマッチ

ショパード等を上手く使って3csのケアだけはちゃんとしましょう、手札によってはあえて低バリューで打たせるのもありです!

3cs使用後には横展開を除去する手段がないので、獣の包囲などの受けを考えて無理に0コス一角獣を温存するよりも並べてしまった方が強い場面が多いです。

あとは双頭のドラゴン前の横並べを意識しましょう!

 

vs青

攻撃力が低いユニットが多いため、ロングゲームもみることができるマッチ

マグマボトルだけはちゃんとケアしながらとにかく押し付けましょう

アーケロン1枚までなら意外となんとかなる

 

vs黒

除去が強くて面も強いので苦手なマッチ

戦績だけ見ると何故か勝ててるのが不思議

中盤で面を制圧されたときは無理に盤面に付き合うことを避け、トップを信じて無理やり顔を詰めましょう。相手目線こっちの手札が見えていないため小粒のユニットを置いておくと付き合ってくれ、トップを見れる回数が増えます。

 

vs緑

従来の緑ミラーと同じで序盤の面を制した方が勝つ

アイスストームだけケアする

この対面だけは後手アイスストームキープ

 

vs白

天使

意識するのはホーリーボルトだけ、前衛連打されたら諦めましょう

8cs

手札が良い場合、序盤から一気に仕掛けて相手の回復量を上回って勝てます

手札が悪い場合は、otkプランに移行しましょう。

序盤の手札で押し切れる算段が見えないときは顔に打点を入れず、とにかく回復させないようにして手札+盤面で25点揃えましょう。相手がアルコンを出してしまった場合15点でいいので勝てます。手札で20点とかなら意外と揃うので相手が甘えてきたらそこを突きましょう。不用意に盤面にアタック1のユニットを並べてしまうと相手がアルコンを出してきたときに盤面が足りなくなる負け筋ができるので小粒のユニットは優先的に敵ユニットにぶつけ盤面を広く使うことが大切。

 

 

全対面共通

打点が無限のデッキではないため常にトップを考えながら打点計算をすることが要求されます。顔にいくかトレードするかなどの判断もかなり難しく、はじめは時間が足りないかもですがたくさん回して慣れるしかないです。

あと、相手の除去をどこまでケアするかという話しですが、特定のカードを打たれたら嫌だけど相手がそのカードを持ってなかったら勝つときはあえてケアしない択をとることが多いです。されて嫌なことを考えすぎるよりも無ければ勝てるときには相手に要求する方がいいみたいなこと。もちろん打たれたら確負けの時にはちゃんとケアしましょう。

もう一個だけ、トップからの打点はちゃんと考えましょう。残せる速攻ユニットは残しておくことで、遠吠え、獣の包囲、豚さんが打点になります。また、チェインオブハーツでも打点が増えるのでオールインするタイミングでもあえて1枚だけ残すとかも検討しましょう。

 

チェインオブハーツで0コス一角獣を戻すと0コスのまま

 

最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます!久しぶりに楽しいデッキを作れたと思っているので是非使ってみて欲しいです。使ってみて気になることがあればいつでも聞いて下さい!

今後も新しいデッキを作っていこうと思っているのでよろしくお願いします。

急いで書いたので適当なのは許してください🙇‍♂️

では!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/09/14 49.83 ALIS 1.10 ALIS
asukaa's icon'
  • asukaa
  • @asukaa
コメントする
コメントする