【IT】IT業界を志望してはいけない就活生のタイプ

就活生も業界選びは大変

大学の後輩に「今年就職活動なんですが、IT業界ってどうですか?」と尋ねられてとっさに「やめた方がいいよ」と言ってしまった私です。

そもそも私も何となく会社を受けて内定もらった身分でして、特にこだわりがあったわけではありません。

大学卒業だと22年、専門・高専卒業だと20年で自分に合った仕事を選べなんて無茶な話です。

ではIT業界を絶対に避けた方がいい学生はどんなタイプか?

①パソコンが嫌い

IT業界は地獄でしょう。

②勉強が嫌い

かくいう私も勉強は嫌いですが...

現在の技術に長けていても10年後にそれが通用するとは限りません。例を挙げればCOBOLでしょう。今や新規の開発でCOBOLを採用はしないでしょう。

IT業界のブームは人工知能、ブロックチェーン、Web3.0だと思いますが、現れたのはここ数年くらいではないでしょうか?

毎日新しい技術を学ぶ意欲がなければ今後通用しません。

③忍耐力がない

どの仕事でも忍耐は必要ですが、IT業界は特にハードと感じます。

10時間以上椅子に座ると腰痛になる。

目を酷使して網膜あたりは痛いし、連鎖して毎日片頭痛。

納期のプレッシャーで胃はキリキリ。

納期直前は会社に寝泊まり。

挙げればきりがないですね...

それでもIT業界は良い?

私はなんとか生き残っていますが、純粋にものつくりが楽しい・メカが好き・呼吸をするようにプログラミングが出来る人は天職だと思います。

それでも私はお勧めしませんが...


以上です。ありがとうございました。

公開日:2019/01/11
獲得ALIS:20.44
mhara's icon'
  • mhara
  • @athena-mhtokyo
職業はSE(プログラマ)、学習塾講師、個人投資家。
コメントする
  • 東果元帥
  • 6ヶ月前

COBOL・・・
なつかしい。小学生の頃、塾の先生に教えてもらったなぁ。もう忘れて忘却の彼方ですけど。
まだ、しぶとく生き残っていますねw

返信
  • smallplace@ハッカー部
  • 6ヶ月前

私の体験談ですが、「IT業界に興味がある」で止まってしまっている人は厳しいと感じています。
本屋に行っても(目的に大小はありますが)開發系の書籍が売られているし、Web上でもツールのインストールの仕方まで書いてくれている記事があるのに、その一歩が踏み出せない興味とは何か?と感じる次第です。

返信
コメントする