天罰8csデッキの解説・対策案と使用した感想

はじめまして黒糖です!チャレンジカップお疲れ様でした!

初めてこのような記事を書くのでわかりにくい部分などがあるかもしれませんが大目に見ていただけたらと思います。

目次

今回チャレンジカップで使用したデッキの解説

文明ごとの相性

最後に

 

デッキ解説

こちらが私が使用したデッキになります。

Content image

カードの役割

回復 13枚  自傷 7枚  ドロー 2枚  除去 4枚  ランプ 4枚

また2日目からは黄金の風はホーリーボルトに変更しました。

マリガン

魂無き兵士 月光 義賊団の団員 大天使フリッカ

この4枚をキープしていました。

基本的な戦い方は自傷回復しつつ相手の盤面を除去していき天罰砲が装填完了すればブッパするというシンプルなものです。ライフが減っていなければ月光を使用しランプを行なわないくらい回復カードは温存していました。手札が溢れるときは別ですが...

アマテラスとパンダが1枚ずつなのは私がアマテラスを1枚しか買えてないからです...ぶちゃけアマテラスはレベリング大会のために入れていたのでパンダの方が良いです。あと一枚アマテラス欲しいな~

 

次は何枚かカードをピックアップして使い方を解説して行きます。

はじめに扱いが難しいアルコンです。

Content image

 

アルコン召喚時に気を付ける点は2つ

回復をしすぎない

相手が次ターン15点以上の打点が出ないと思われるときに使う

この2つを守らないと自滅する可能性があります。アルコンを使う上で1番気を付けるのが死亡時ライフが10になることです。

大回復は死亡時効果の時にしましょう!召喚時ライフ15以上の回復は意味のない回復になりやすいです。(アルコンの体力が5のため)

死亡時効果は自ターン時に発動させることを心がけましょう。

とりあえずはこんなところです。詳しく書けばもう少しあるのですが、それはシルバー以下構成の天罰デッキの記事の時にでも書きますね。

 

次にラーです。

Content image

同じ自傷カードであるアルコンとの違いはスタッツと自傷のタイミングです。

10/10のスタッツは無視することができないので相手はラーを除去しにきます。このとき顔への大ダメージのために用意していたカードをラーに使ってくれます。ようは前衛と同じような働きもしてくれます。

生き残れば和平で回復して除去できない絶望をプレゼントしてあげましょう!

自傷のタイミングですがアルコンのおかげでいつでもできるようになりました。自ライフが11でも

ラー→アルコン→回復カード

で無理やりラーを召喚できます。

欠点は序盤に引くとお荷物になってしまうことです。

 

最後に大天使フリッカです。

Content image

はい.........最強です。

天罰8csはフリッカ専用cs.....

すいません、ちゃんと説明します。

いるといないとでは現在でも差が出ますね。もう少し詳しく書くと、フリッカ1枚で10点以上は必ず回復するので、リーサルターンが2~4ターンは縮まります。

フリーやカスタムでの練習、本番を合わせてフリッカを出して負けた試合はありませんでした。

フリッカについては最後にでも触れようと思います。

 

 

 

各文明ごとの相性

赤文明

有利です。 スカイガルドやティラノサウルスなどを使って盤面を処理しつつ回復を稼ぎましょう。

対策案

展開からの伏兵強化はかなり有効です。今回大会では一度も見ませんでしたが、憤怒のバーバリアンは盤面を放置しがちな天罰に有効です。体力4も絶妙に倒しにくいです。

 

青文明

有利です。 ボトルデッキなら盤面ロックなども狙いつつ自傷し回復を稼ぎましょう。

対策案

宝船デッキには弱く高スタッツを召喚されるとアーラでしか無効化できないので有効です。白鯨、パープルミスト。

 

緑文明

不利です。 マリガンでホーリーボルトをキープしましょう。相手の展開を少しでも抑えてスカイガルドで守りつつネオ・ラグナロクで一掃しましょう。

対策案

フェアリーデッキもビーストデッキもつらいです。緑の皆さん手加減してください😂

 

白文明

五分です。 天罰デッキ同士だと先行の方が有利になります。後攻になった場合は盤面に高スタッツのユニットを召喚して牽制しましょう。天使デッキにはネオ・ラグナロクで一掃し、序盤の盤面の優勢を取り戻したいので攻撃力6以上のユニットをつくらせないようにしましょう。

対策案

攻撃力6以上を召喚する、バフしてつくる!天罰同士の時は相手の計算も忘れずね~

 

黒文明

五分です。 祭壇からの9csを決められる前に決めきりたいです。序盤相手のユニットを除去しなければ相手の墓地が貯まらないので、回復カードと相談しつつなるべく盤面は放置しましょう。

対策案

グレンデルなどをアモンで強化し攻撃力6以上にしたり、多数のユニットをバイアクヘーで強化することで顔に高ダメージ出せるように準備しましょう。ちょくちょく殴るよりは盤面で15点以上の攻撃力が出るようになってから攻撃し出すのがいいです。

 

 

最後に

天罰デッキは「25点回復すればこのバトルに勝利する」というExtraWinデッキだと思いながら使ってました。

相手からすると1人でプレイしていると思われても仕方のないデッキコンセプトなのかなと思うこともちらほらです。ヘイトも集まりやすいと思います。フリッカを引けば勝ったも同然ですからね...今までの攻防は何だったんだと...。しかし、それ以外のカードは、プレイングが非常に難しく、練習もかなり必要になってきます。私はアルコンが追加される前から天罰デッキの練習を開始しましたがいまだに完璧に使いこなせてるとは思っていません。

Content image

実際勝率がそんなにいいわけでもないですし。笑

ランプ、天使に並んでやっと天罰というデッキタイプが大会でも使われるレベルになりました。選択肢が増えることは喜ばしいことだと思います。今後天罰がどのように発展して行くか分かりませんが、なにか発展などがあればまた記事にして報告したいと思います。

今回書けなかった白文明を始めるなら天罰デッキがおすすめな訳はまた次回書こうと思います。

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/09/14 35.81 ALIS 0.00 ALIS
黒糖's icon'
  • 黒糖
  • @blacksugarpowder
クリプトスペルズ(クリスペ)に関する記事を毎週書いてます。
コメントする
コメントする