クリプト

Swell Networkの紹介:ステーキング2.0へようこそ!

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2022/05/21 22:33

 

Daniel Dizon

Content image
Swell Networkは、ステーキング2.0を世界に提供します

要約

Swell Networkは、パーミッションレスかつ非保管、流動性を持つETHステーキングプロトコルです。

このプロトコルは、Framework Ventures、Apollo Capital、IOSG Ventures、Maven 11、Mark Cuban、Kain Warwickなどの、業界の主要ファンド、企業、エンジェルの支援を受けています。

Swell Networkは、次世代のETHステーキング(ステーキング2.0)のパイオニアとして、Swell Financial NFTs(swNFTs)とSwell Vaultsを通じて、ユーザーに快適なステーキング体験とハイリターンを提供します。

ノードオペレーターにとって、Swellは完全にパーミッションレスです。

プロトコルは、複数のサイバーセキュリティ企業により包括的に監査されています。

Swellは、今後数週間でのローンチを予定しており、トークン生成イベント(TGE)も予定されています。
 

概要

次世代型ETHステーキングへようこそ!

Swell Networkを世界に向けて紹介していきます。

Swellは、ステーカー、ノードオペレーター、イーサリアムエコシステムのために構築された、パーミッションレスかつ非保管、流動性を持つETHステーキングプロトコルです。

今後数週間のうちにローンチする予定です。

Content image
Swell Networkステーキング2.0を開拓しています。

 

業界最高レベルの支援体制

Swellは、暗号分野の主要なベンチャーキャピタルファンド、企業、エンジェル投資家などから、業界最高レベルの支援を受けています。そしてSwellコミュニティとして、ブロックチェーンの原則に基づいて構築されたETHステーキングの新しいパラダイムを形成しています。Swellの投資家は以下の通りです:

Framework Ventures

Apollo Capital

IOSG Ventures

Maven 11

Mark Cuban

Ryan Sean Adams / David Hoffman (Bankless)

Kain Warwick / Jordan Momtazi (Synthetix)

Fernando Martinelli (Balancer)

…その他多数

Content image
Swell Networkの主要なベンチャーキャピタルファンドおよびエンジェル投資家

業界が抱える課題

PoS設計とステーカーの嗜好

EthereumのPoSデザインは、ETHのステークとロックの面で、ステーカーの合理的な嗜好に反していると言えるでしょう。

もし選択肢があるならば、ステーカーは以下を好むと考えられます:
(1) 非保管的かつ多様な方法でバリデーターに委任する方法でETHをステークし、(2)DeFiで追加のリターンを得るために、ステークしたETHをアンロックし、(3) ステークしたETHを自由に引き出すことができる柔軟性と安心感を持つことです。

簡単に言えば、PoSは非流動的担保(ロック&ステーク)を求め、DeFiは流動的担保(アンロック&ステーク)を求めているのです。

こうした動きは、急速な金融および技術革新、ほぼ無限のコンポーザビリティ、「ステーク」のトークン化による流動性資産としての再活用など、DeFiエコシステムさまざまな面の強化につながっています。

その上、Beacon ChainにステークされているETHの引き出しは、マージ後しばらくしないと利用できないことも、ロックされたステークや担保に流動性を持たせるための策を考え出すインセンティブとして働いています。

その結果として、流動性を持つETHのステーク手段を提供するソリューションが誕生していくのは、全く不思議なことではありません。

現在のソリューションスペース

このようなステーカーの需要に応えるべく、いくつかのソリューションが登場しています。中央集権型と分散型、保管型と非保管型、パーミッションとパーミッションレスなど、さまざまなソリューションがあります。

既存のソリューションをより深く調べると、ETHのステーキングには、より多くのイノベーションと選択肢が必要であることが明確になります。

ご存知のように、ステークソリューションは、単にステーク報酬を提供し、ステーク体験を簡素化するだけではなく、最終的にはイーサリアム自体のセキュリティと分散化に寄与する役割を担っています。

この役割の重要性は、MEVと同様に、リキッドステーキングがイーサリアムにおける、必然的かつ新たな特性であることを強調ものとなります。

私的欲求と公的欲求のバランス

したがって、重要な問題は、一方ではステーカーとノードオペレーターの私的欲求、他方ではイーサリアム自体の公共財としての公的欲求のバランスをどのように満たすのが最善であるかという部分です。

明確なことは、中央集権や談合のリスクが常に存在する現状では、真にパーミッションレスで、非保管型で、流動的な特性を持つETHステーキングプロトコルの提供が必要であるということです。

そこで、Swell Networkの登場です。

ソリューション

新しいクラス:ステーキング2.0

Swellは、ETHステーキングの新たな形を提言します。

DeFi 1.0のベストプラクティスを取り入れ、DeFi 2.0のイノベーションに最適なバランスでマージすることで、ETHステーキングの新時代の到来が、今ここに告げられようとしています。ステーキング2.0です。これは、より高い利回り、より良いユーザー体験、そして完全なアトミック・トランザクションレベルの透明性の提供を意味します。

Swell Networkプロトコルは、マルチサイドプラットフォームとして、イーサリアムエコシステム内の複数のアクターとそれ以外のアクターにサービスを提供するために存在します。そのビジョンは、ステーカー、ノードオペレータ、エコシステム全般に焦点を当てるものです。

Content image

Swell Networkは、ステーカーとノードオペレーターにクラス最高のステーキング体験を提供するとともに、イーサリアムエコシステムのコアとなる理念と構造をサポートすることを目的としています。

ステーカー

Swellは、ユーザーにより高い利回り、より良いユーザー体験、そしてより高い透明性を提供します。Swell NFT(swNFT)は、Swell ETH(swETH)を含むNFTであり、Swell Vaultsのパワーとの相乗効果によって、DeFi全体の利回りを一ヶ所で複合化することを可能にします。

これにより、経済的により魅力的でユーザーフレンドリーな体験が生まれます。さらに、Swellのスマートコントラクトのデザインは、完全で抑制のない透明性を意図して構築されています。

Swellは、ユーザーがETHのデポジットコントラクトにおいて直接的な入金者になることを可能にするために、アトミック・トランザクションを活用した最初のプロトコルです。(その結果、Swellには技術的に預金プールが存在しません。全てが1つの自己完結型のトランザクションとして完了します)。構造的な観点からは、これは、ステーカーが自分のETHデポジットの行方を直接追跡できること、そして完全にライブでオンチェーンであることを意味します。これは、Swellが完全な非保管型であることの柱の1つであり、ステーカーが自分の鍵とETHを完全にコントロールできることを意味します。

ノードオペレータ

Swellの設計上、完全にパーミッションレスです。プロトコルは、関連するベストプラクティスのインセンティブ/ディスインセンティブの仕組みと、プロトコルの各ユーザーの健全性、調整、価値創造を確保するための包括的なリスク軽減を特徴とします。

Swellは、完全なトラストレスプラットフォームとして、ノードオペレータに「32ETH」よりも少ない要件で、ノードを簡単にステークし実行する能力を提供します。当初の要件は16ETHになる予定です。さらに、SwellはDVT(Distributed Validator Technology)に統合する最初のパーミッションレスステーキングプロトコルになることを目指しており、これにより、ノードオペレータの要件を16ETHからわずか1ETHに減らせることになります。(これはBeacon Chain上で稼働しているSwellのProof of Conceptで既に実証されています)。

プロトコル層で機能するSwellは、ノードオペレーターがSwellを活用するためのバックエンドインフラとして機能することになります。これは完全にホワイトラベル化された方法で行われ、インフラ層として動作し、同時にイーサリアムを保護しながら、ノードオペレータに強力な技術を提供していきます。

エコシステム

Swellは、世界中のETH保有者に差別化されたアプローチを提供することで、イーサリアムのセキュリティの分散化に貢献することを目指しています。

ここには、MEVの透明性を実現し、公正かつ民主的にMEVをユーザーに配布するという原則に基づいた、責任意識のあるMEVの取り扱いが含まれます。

進捗状況

Swellはしばらくの間、ステルス活動を続けてきましたが、そのフェーズは幕を閉じ、これまでに何をしてきたかを世界に発信する時が来ました。

主な内容です:

シードラウンドを終了:Swellは現在、製品開発やセキュリティ、成長、人材確保など、次世代のETHステークを提供するための資本を十分に備えています。資金調達だけでなく、暗号およびDeFi分野の主要な頭脳と提携できたことも大きな収穫です。

Swell v2スマートコントラクトの開発が完了:非保管およびリキッドステーキングを可能にするSwell v2スマートコントラクトの開発が完了しました。

複数のセキュリティ監査が完了:Swell v2スマートコントラクトの複数の監査を、CertiK、Chainsulting、Peckshieldを通じて完了しました。レポートは、透明性と開放性という当社の基本理念に沿って、一般公開される予定です。

継続的な監査の予約:プロトコルの保証を継続的なものとするため、主要なサイバーセキュリティ企業による監査を、年間を通して数回予約しています。セキュリティは、私たちのステーキング・ソリューションの最高の美徳であり、要であり続けます。

デザイン/UIが完成:Swellの、シンプルで親しみやすいDApp UXはユーザーに最高の体験をもたらします。

DApp開発を継続中:チームは、Swell DAppの限界を拡張するために日夜尽力しています。Swellは、ステーカーとノードオペレーターへの、応答性の高い、美しい、洗練された体験の提供を追求しています。

ベータテストが間もなく開始:Swellのベータテストは、今月末に予定され、ベータテストへの招待もまもなく開始されます。

ローンチ計画:Swellは、プロトコルにステークされるETHのプライベートなコミットメントをいくつか確保しました。来月上旬には、保護されたローンチが予定されています。

Content image

Swell Networkは、アトミック・トランザクション・ステーキングを初めて採用することで、完全な非保管化を可能にしました。これは、Swellが市場に最初に投入する多くの革新技術のうちの一つです。

Content image

Swellは、SwETHとSwNFTを使用して、ステーク報酬とDeFi利回りを一度に獲得できる優れたステークサービスを提供します。これは、まもなくローンチ予定です。
 

今後の予定

Content image
戦略的ロードマップは近日公開予定です

2022年以降も、多くのことが待ち構えており、その計画を記載した戦略的ロードマップは、近日中に共有される予定です。

その間の当面の計画は以下の通りとなっています:

マージ前のローンチ−マージを目前に控え、Swellは今後数週間のうちに段階的かつ構造的な方法でローンチすることを計画しています。

調整メカニズムとしてのトークン生成−Swellは、近い将来にトークン生成イベント(TGE)を計画しています。このトークンは、Swellがそのビジョンに従って確実に提供するための調整メカニズムとして機能することになります。

コミュニティへのガバナンス権の配布−Swellは、将来的なパブリックセールによって、コミュニティにガバナンスを配布する予定です。

 

Swell Networkについて

Swell Networkは分散型自律組織(DAO)です。私たちは常にオープンで、人々が自律的に参加してETHステーキングの未来を形作るのを手伝ってくれることを望んでいます。プロトコルへの支援方法については、近日中に詳細な情報をお届けする予定です。

Swell Networkは、DAOとしてSwellのプロトコルを管理しており、誰でも私たちのオープンで包括的なコミュニティに参加し、ガバナンスに参加し、改善を提案し、アイデア/フィードバックを提供することができます。

また、現在、コアコントリビューターとして、最高クラスのDeFi人材を募集しています。開発、グロース、マーケティングなど、さまざまな役割を担っていただきます。役割の詳細は、Webサイトをご覧ください。

最新情報を得るには、Webサイトへの訪問やDiscordへの参加、Twitterのフォローをご検討ください。

Website / Discord / Twitter / Careers / Litepaper / FAQ / Open Roles

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 5.17 ALIS Article tip 180.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
16.32 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
41.81 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.89 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
186.20 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS