樽前ガロー

北海道苫小牧にある地形です。

夏場に行くと緑の苔がとても美しい場所です。

4月の終わりに行ったので、苔はまだでしたがそれでも美しい地形でした。

ガローとはアイヌ語で切り立った崖という意味だそうです。

1667年に樽前山という山が噴火ました。

その時に火山灰が堆積したそうです。

その火山灰が川の流れで浸食されてできた地形です。

川沿いのロープが張ってある場所があり、ロープを下って崖の下まで行きます。

苔はまだほとんど生えていませんが、崖の迫力はすごいです。

とても水が澄んでいてパワーを感じることができる場所です。

すぐ近くには小さな社がありました。

樽前山神社です。

樽前山そのものが御神体です。

北海道でよく見られる自然崇拝の形です。

北海道はまだまだ、木々の葉っぱも苔も生えそろっていません。

次回は苔のシーズンに入って鮮やかな緑を見てみたいです🌱

 

 

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/15 32.99 ALIS 0.00 ALIS
elm13's icon'
  • elm13
  • @elm13
いろんな場所を無為に旅するのが好きです。旅先で出会う自然や猫たちに癒されています。瞑想が日課になっています。
コメントする
  • おむらいす
  • 2ヶ月前

投げ銭ありがとうございます。
こういうところ行ってみたいなー!

返信
  • shum
  • 4ヶ月前

わぁ、すごい風景・・・水に力みなぎってる・・・

返信
コメントする