【ただの】今回のALISの仕様変更について思うこと【愚痴】

 

こんばんは。葉月です。

昨日公式から発表のあったβ版第5弾の記事の件なんですけど、本日いきなり仕様が変わりましたね。

 

その中でも特に目立っているのが『投げ銭によるオススメ』『いいねによるオススメ』だと思います(バーンについては今余り考えてないので割愛します)が、これらの仕様を経てみなさんも様々な思いがあるかと思います。

 

僕なんかもその中の一人で、かつ本日がALISを始めてちょうど1ヶ月となったのですが、個人的には余り良い仕様ではないなぁと思うのが本音です。

 

まぁ、この記事はあくまでも始めて1ヶ月程度のモブ視点ということで適当に読み流しても良い感じです。

なんなら大して良いこと書いてないのでそのままブラウザバックもオススメします!

 

それでは以下が本題です。

 

そもそも、ALISって

⼈々が価値があると思う記事を多くの個⼈が⽣み出す・発⾒することを可能にする全く新しいソーシャルメディアである。

ALIS トークンという報酬をキードライバーとして、従来の広告やステルスマーケティングまがいの記事を排除し、 質の⾼い記事や信頼できる個⼈に素早くリーチできることを実現する。【ALISホワイトペーパーより引用】

だったかと思うのですが、正直今トップページに大きく表示されております『投げ銭によるオススメ』はやり方によってはステルスマーケティングができてしまうのではないでしょうか?

 

例えばですけど、仮にIさんという方が何か商品の記事を書いたとしましょう。

仮にIさんが純粋にその商品が好きで、かつ文章力も達者で読者に凄い魅力的に伝えられるスキルを持っていて書いた記事が『投げ銭によるオススメ』や『いいねによるオススメ』に表示されるなら良いでしょう。

実際、僕なんかもつたない文章ですが「いつかランキング上位が取れればいいな」と思って書いているので、そういった人の記事が上位にあったら凄いなと思って読んでしまいます。

 

しかし、もしもIさんの裏に企業との癒着があって、かつそのIさんには沢山の信者がいたらどうなるでしょうか?

 

Iさん「この商品めっちゃいいですよ!(企業との癒着を隠しつつ)」

信者「Iさんが言ってるなら間違いない!(投げ銭またはいいね)」

オススメ一位

 

っていう流れで簡単にステマができてしまうのではないでしょうか?

 

とはいえ、オススメ表記に関しては『過去24時間にもっとも多くのALISを投げ銭でいただいた記事を10分毎*に集計(仕様が変わる可能性あり)』との表記もありますし、今後ユーザーが増えてきたらまた色々変わってくるのかとは思いますが、現状の様子を見る限りではALISの目指す所と少しズレているような気がして腑に落ちないなと感じました。

 

まぁ、僕自身も会社で新しいことをやっている手前目指すところに向かうには色んな回り道が必要だと重々に承知してますが、現在起きている投げ銭によるオススメがインフレ状態になっている所を見て思ったことが一つです。

 

 

また、これも僕の考えすぎかもしれませんが、投げ銭によるオススメがデカデカと表示されることによって

 

①無断転載してきた動画や画像ばっかの記事を投稿

→面白かったら投げ銭やいいねお願いします!

 

だとか

 

②10,000ALISの投げ銭が貰えたら渋谷のスクランブル交差点で全裸になるわww絶対集まらないだろこんなのww

→おふざけで投げる奴が出てきて10,000ALIS到達

 

といったしょーもないユーザーが増えるんじゃないかなぁと思ってます。

これは実際ありそうな気がするんですよね。

だって実際今投げ銭によるオススメで遊ばれてるじゃないですか。(6月11日PM22時00分時点)

 

ということは、いっぱいALIS持ってる人がたまたま②みたいな記事を見つけて投げたらデカデカと載る可能性もあるということですよね。

 

じゃあ早速、もしもこの記事の投げ銭が10,000ALISいったらこのフィジカルトレーニングを実際にやってガチレビュー書きますよと言ったら絶対誰か遊びで投げますよね?

 

※あくまでも例えなので投げないでください

(投げられても嬉しくないですし、それに仮に来てもやりません)

 

 

まぁ、今後ユーザー数が増えていったりしたらまた違ってくるのでしょうが、仮にもユーザーを増やす段階で②みたいな記事がトップに出てたら「あぁALISってこんなレベルが低いところなんだな」って思われてしまうのは少し嫌だなと感じてます。

ALISってビジネス書の事例にも出てるのでなおさらです。

(たしか宝島社の『知識ゼロでも今すぐ使える! ビジネスモデル見るだけノート』だった気がします。適当に取った本を読んだ時に出てたのでうろ覚えですいません)

 

以上が今回の仕様変更で感じたことでした。

 

正直、僕はALISのホワイトペーパーを読み通したわけではないので若干の思い違いがあると思います。

 

また、投げた人からしたら『この記事には価値がある!』と思っている方もいるでしょうし、実は遊んでると思っているのは自分だけでみんなはそうでもないパターンかもしれません。

 

ので「あぁ、なんか素人がうるさいこと言ってるなぁ」くらいの気持ちでいてくれたら幸いです。

 

お目汚し失礼いたしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/06/11 25.69 ALIS 27.30 ALIS
葉月's icon'
  • 葉月
  • @hazuki0118
文具と酒と読書が生きがいの文具業界マン。JADPカーサバリスタ/ティースペシャリスト取得者。ビットコインとXRPは2016年から知っているが知識は浅はか。 シンママに三年片思い中。
コメントする 前のコメントを表示
  • DAIちゃん
  • 9日前

こんなことをいうと、元も子もありませんが、
信頼の可視化は無理だと思います
信頼は言葉の定義から言っても、心の中にしか存在しえないと思われます
運営のいう「信頼」とは、別の何かです

返信
  • Umi
  • 9日前

もういっそ思い切って広告枠作って<PR>の表記込みでやれば、ステマじゃなくて堂々と宣伝できると思ったんですけどね。なぜか投げ銭を使うからステマ疑惑とお友達同盟の投げ合いになるしであまりいいとは思えません。広告なら10%バーンとかぬるいこと言わさず100%バーンだ!ってなればやるやつは限られてくるし、<PR>がつくから、あっ察しができると思ったんですけどね。

返信
  • はるか
  • 9日前

そうか。トレーニングしてくれないですか。

ところで、今回の施策はまあ落ち着くとは思いますが、同じく札束💴でブンブンできることにかわりはないのでなんだかなあと思ってます

返信
  • あびとらぷいきゅあー
  • 9日前

たんさんすいトレーニングはないしょでやろっと

返信
  • こすもす
  • 10日前

お書きの懸念、よくわかります。
自分は古参なので、自分の見方を少し書かせていただきます。

信者による大量いいねについてはALIS側も対策を考えていて、同じ人からのいいねがいつもある場合には、そのいいねの価値を下げるということになっています(多分まだ実装されていないですが)。
信者が多量の投げ銭をする場合には、おすすめに記事が上がり続けて宣伝になると思います。ただ、信者が投げ銭用のALISトークンを買ってくれればトークン価格が上がりますし、投げ銭には手数料がかかってそれはバーンされるので、結果として宣伝料をALISコミュニティに支払うという形になります。

ここだけの話、ホワイトペーパーのポイントは「従来の」広告やステマを排除するということで、従来ではない新しい広告の形はALISは排除していないんです。むしろ、新しい形の広告を模索するようなことも言われていました。
(続く)

返信
コメントする