🏔 森山直太朗の傑作的楽曲 Ⅴ

 

 

 

Ⅰ  ã„つかさらばさ  ã€œé›²ãƒãƒ¼ã‚¸ãƒ§ãƒ³ã€œ

Ⅱ  æ—…立ちの朝に

Ⅲ  ã‚„がて

Ⅳ  å‚の途中の病院

に続いて紹介するのは

 

『たぶん今頃』

アルバム『自由の限界』(2013)より

 

ただ詩を読み上げているように聴こえるが、そうではない。ちゃんと背後の伴奏とリズムの上に乗っている。これは歌だ。朗読と歌の間とも言っていい╰(*´︶`*)╯♡ 『革命前夜、ブラックジャックに興じる勇者たち』は朗読だと思うが、この曲は違う気がするのだ。

 

神様をより近しい存在として捉える感覚の歌詞が、彼の曲にはちらちらとある。例えば『魂、それはあいつからの贈り物』はタイトル(サビ)がすでにそれだ。友達か何かだ。『夕暮れの代弁者』では下北あたりで酔いどれてるし、『たぶん今頃』では虫歯に悩んでいる。

 

想像力を与えてくれる名曲として、私の中ではNo.1の曲です。

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/09/09 7.39 ALIS 0.00 ALIS
ninazuki's icon'
  • ninazuki
  • @kuv
大切な人と🕖幸福な国で💋糅然を愛し🌾未来を象る🐘
コメントする
コメントする