リアルAI研究から見たVtuber入門 VtuberからVirtual Beingsへ。 あるいは「カワイイ」の力


マツコ・デラックスと共演など、
社会的に認められた感のあるVtuber。
日本ではユーチューバーと同様に語られる存在として
語られることが多いのですが、
海外では「Virtual Beings」として、AI(人工知能)の一種として認知され、独自の研究も進んでいます。
本講座では、AI研究者から見たVtuberを、最新の研究成果を交えながら紹介します。
■ セミナーの内容
(1) Vtuber≠Virtual Beings
AI研究から見たVtuberについて、
実際の研究成果を紹介しながら解説します。
(2) Virtual Beingsとは?
仮想エージェントとしてのVirtual Beingsは、人類(human Beings)とは
異なる知性を持ったAIを作り出そうとする試みとして位置付けることができます。
関連する研究成果と現状の課題など、いくつか紹介します。
(3) カワイイ、あるいはセノチカラ
Vtuberの特異性のひとつ、「カワイイ」に着目して、
柳田国男の唱える「妹の力」を引用しつつ、新しいコミュニケーションの可能性を
探ります。
※内容は都合により変更する可能性があります。
【講師】
高木 寿
岐阜大学大学院 工学研究科(博士課程)情報システム工学
株式会社ブレイン・ゲート
■主な実績
・システム開発
・IoTデバイスを利用した生体データ収集システムの試作
・分析データの可視化
・機械学習の活用(画像分析、自然言語処理)
・仮想エージェントの理論と実践に関する研究
【日時】
2019年3月18日(月)
19時00分~21時00分
【参加費)】:2000円
(タスクール会員は無料)
【定員】:10名程度
【場所】
タスクール https://task-school.com/access
名古屋市千種区千種通7-25-1 サンライズ千種502
(吹上駅2番出口すぐゲオのビル5F)
【申込方法】
以下のURL先からお申し込みください。



※こちらのイベント情報はタスクール様の許可を得て掲載しております。

※こちらの記事に対して付与又は投げ銭されるALISトークンは、講師へのボーナス、タスクールへの寄付、運営費用等に充てます。

※タスクールに寄付されプールされるALISトークンの使い道として、タスクール内で使うのみならず、ALISコミュニティのクリエイターやライター、イラストレーターなどにALIS払いで仕事を発注できる仕組みを提案しました。

公開日:2019/03/12
獲得ALIS:28.40
marco's icon'
  • marco
  • @marco
自称イタリア人ハーフ!キャズム渡り案内人。ブロックチェーン・暗号資産エバンジェリスト。コンテンツマーケター。日本と世界を繋ぐでっかい事したい! twitter:kojimarco
コメントする
コメントする