スマートスピーカー、一家に一台の時代がくる?

ついにALIS全カテゴリーが開放されたということで、久々に記事を書こうと思います。


さて、昨年12月にアメリカで発表された同国における「スマートスピーカー利用調査」で、スマートスピーカーを所有している人は、成人(18歳)のうち人口の21%にあたる約5100万人が1台以上のスマートスピーカーを所有していることがわかりました。

Google Home mini(公式サイトより)

ちなみに、2017年12月の段階では、スマートスピーカーを複数台所有している比率は約38%でしたが、2018年12月では52%と過半数を超えています。また、家庭のスマートスピーカーの台数はこの1年間で78%増加し、6600万台から1億1850万台となりました。


日本でも普及が進む?

個人的には、日本でも同様にスマートスピーカーの普及が進むと思っています。

確かに日本人はシャイでSiriやGoogleアシスタント、Alexaといった音声アシスタントの利用はまだ少ないのが現状ですが、僕は時間の問題だと思っていていずれ各家庭に必ずスマートスピーカーが置かれると考えています。


なぜなら、これから5Gの時代に突入し、あわせてIoT、AIも普及することでスマートスピーカーが一気に進化するからです。5G、IoT、AIはそれぞれがお互いに必要不可欠なテクノロジーで、今後ある一定のレベルまでくると爆発的な効果をもたらすようになります。おそらくその頃には、スマートスピーカーという形は変わり、家電などにあらかじめ組み込まれているかもしれません。

Amazon Echo(Amazon.co.jpより)

将来的には、はじめからスマートスピーカーと同じ機能を持った新築物件が当たり前に出てくるでしょう。そして、あらゆるサービスがスマートスピーカーを前提とした設計になるため、持っていないと不便な場面も出てくるかもしれませんね。


僕もAmazon Echoを導入してから数ヶ月経ちましたが、できることはスマホと変わらないものの、声で家電を操作できる便利さを体験してからはもう手放せなくなりました。今は見た目が文字通り“スピーカー”タイプの製品が多いですが、今年以降はディスプレイ搭載型のスマートスピーカーが多く出てくるので、よりリッチな体験ができるようになるはずです。


ぜひスマートスピーカーを取り入れた生活を体験してみてはいかがでしょうか。


■関連サイト:Edison Research / NPR

公開日:2019/01/10
獲得ALIS:30.71
masato's icon'
  • masato
  • @masa2ss
IT/ガジェットとお寿司が好き。いつも新しいものを追いかけています。Twitter:@Masa_ss
コメントする
  • smallplace@ハッカー部
  • 6ヶ月前

なかなか国内における普及率のデータが出ない点、なんか事情があるんですかね。。

返信
コメントする