クレジットカードでネットショッピングしたくない人のための仮想通貨

今年の一月に、コインチェックから仮想通貨が盗まれる事件が発生しました。金額が数百億円と大きかったため、テレビや新聞などマスメディアでも報道されました。そのため、「仮想通貨は怖い」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

はたして、本当にそうでしょうか?

クレジットカードと比較してみましょう。


クレジットカードの場合

ネットショップでクレジットカードで購入する、というケースを考えてみます。

カード番号を入力して支払うことになりますね。

入力したカード番号は、インターネット上を流れていきます。

カード番号がなんらかの理由で流出し、悪意ある人の手に渡った場合、クレジットカードを不正使用されてしまいます。


仮想通貨の場合

ネットショップで仮想通貨で購入する、というケースを考えてみます。

仮想通貨の場合、ネット決済しても鍵はインターネット上を流れません。

このため、インターネット上で鍵を盗まれることはありませんから、不正使用されることはありません。


コインチェック事件は何が原因か

コインチェックの場合は、仮想通貨が盗まれました。では、なぜ仮想通貨が盗まれたのでしょうか。

コインチェックの場合は、インターネット上で盗まれたのではなくて、管理している業者の内部から流出しました。「クレジットカード番号が流出ではなく、クレジットカードそのものを空き巣に盗まれた」という形です。仮想通貨の仕組み自体に欠陥があったわけではなくて、自宅の管理に落ち度があったわけです。

自宅の管理の落ち度については、仮想通貨に限らず、おこり得ることですね。なので、仮想通貨を怖がる必要はありません。


ネットショップでの支払いに使うなら仮想通貨

クレジットカード番号をインターネット上に流すのは、ちょっと怖い、という方もいらっしゃると思います。

そのような方こそ、仮想通貨で決済することをお勧めします。

仮想通貨なら、インターネット上に重要な情報を流さずに支払いできます。 

NEM決済可能なネットショップはこちらをごらんください。

また弊社では、ホームページからリンクを貼るだけでNEM決済できるQuickNEMを開発しています。

公開日:2018/05/12
獲得トークン:13.62
mizuno's icon'
  • mizuno
  • @mizuno
月30万PVウェブメディア「計算フォーム」 https://calculator.jp/ でウェブ集客支援。書籍「WordPressユーザーのためのPHP入門」TWITTER: @ounziw
コメントする
コメントする