ViteX:トークン発行とトークン権利&ViteX オペレーター

原文:Vite Editor

Vite日本語テレグラム:https://t.me/vite_japanese

Vite日本語ツイッター:https://twitter.com/vitelabsjapan

概要紹介

ご存じのとおりViteXは、オープン性と透明性の原則を重視しています。 ViteXは誰でもViteプラットフォーム上で自分のトークンを(ワンクリックで)発行可能です。 それだけでなく、ViteXは誰でもViteX上でゾーン(Zone)と呼ばれるオリジナルのミニDEXを構築することが可能です。 それぞれのゾーン内で、オペレータは独自の取引ペアを一覧表示し、取引手数料をカスタマイズし、自身のゾーンでの取引から利益を生み出すことができます。

 

トークン発行者とViteXオペレータの違い

トークン発行者 “Issuer”

発行者は、Viteプラットフォームでトークンを発行する人です。トークン発行手順はViteXのフォームで、トークンパラメータを記入し、1,000 VITEをバーンするだけです。

 

例えば、私たちのCSOであるChrisがVite上でChrisTokenを発行したいとします。 彼は上記の簡単な手順を経て、ChrisToken(CT)は現在Viteチェーン上に存在します。
ChrisはCTが非常に人気が出ると考えているので、他の人がViteXと取引できるようにしたいと考えています。

しかし、誰でも簡単にトークンを発行できるからといって、すぐにトークンをDEXにリスティングできるわけではありません。ここからがViteXオペレータの出番です。

 

ViteXオペレーター( “Operator”)

オペレーターはトークントレーディングペアを管理するエンティティと考えることができます(注:望むなら発行者とオペレータの両方になることができます)。

これらの管理機能は、取引ペアをリスティング/廃止し、独自の取引手数料を設定する機能も含んでいます。例えば、オペレーターはViteXの基本取引手数料0.2%に加えて、最大0.2%の追加取引手数料を設定することができます。

オペレーターがトークンペアを管理するようになると、正式に独自のゾーンを持つことが出来ます。オペレーターが追加するトレーディングペアはゾーンの一部とみなされます。ゾーンは一つの事業運営と考えることができます。つまり、オペレーターはより多くのユーザーに利用を促すために自身のゾーンの宣伝とマーケティングをする必要があるでしょう。

ただし、オペレーターがあなたのトークンを利用する前に、オペレーターはあなたのトークンへの権利を得る必要があります。

それを我々はトークン所有権 (Token Ownership Right)と命名します。

 

トークン所有権(Token Ownership Rights)

トークン所有権はあなたのトークンに対する特許と考える事ができます 。誰かがあなたのトークンを利用することができるようになる前に(取引ペアとしてリストするなど)あなたはIP権利(IP rights)にサインオーバーする必要があります。

あなたがIP権利にサインアップし、他の誰かがあなたのトークンとBTCの取引ペアをリスティングする事を許可するとしましょう。 これを行うことはトークン取引権(Token Trading Rights)の発生を意味します。

 

トークン取引権(Token Trading Rights)

簡単に言うと、トークン取引権は特定の取引ペアを管理する権利です。 前述の特許の例えに戻ると、トークン取引権は、特定の場合に自分以外の当事者があなたのトークンを使用することを可能にするためにその利用を許可する事を意味します。(この場合、BTC取引ペアをリストするため)
新しい取引ペアがリストされるたびに、トークン取引権が発生します。

注:トークン所有権とトークン取引権の両方を不可逆的に譲渡することができます。

先ほどの例に戻ると、ChrisはCTを取引に使用できるようにしたいと考えています。 トークン所有権はChrisに属しています。

彼は今、次の選択に直面しています。

・自身がViteXオペレータになりCT取引ペアをリストアップする

・CTの所有権を他の人に譲渡して管理させる

 

シナリオ1

Chrisはトークン所有権を放棄したくないので、オペレータになることを選択します。 彼がCT / BTC取引ペアを開きたいとします。ViteXはVite Labsによって運営されている統合されたBTCクロスチェーンゲートウェイを持っているので、彼はサードパーティのゲートウェイオペレータを探す必要はありません。 Chrisは自分のViteXアカウント(ナビゲーションバーの右上隅にあります)の[オペレータ]ページに移動します。

 

ここから、“Manage Trading Pairs”を選択します。

 

 

CT / BTC取引ペアをクリックした後、彼はCT / BTCをリストするために10,000VITEの上場料金を支払う必要があります。 現在、Chrisには2つの権利があります。1)CT所有権および 2)CT / BTC取引権です。

さらに、クリスは彼自身のゾーンの所有者になります。

 

Chrisはリスティング料を支払うための10,000 VITEを持っている場合を話しましたが、このスクリーンショットの例では残念ながらそうではありません。

将来のある時点で、Chrisが何らかの理由でCT / BTCでゾーンを運営したくなくなった場合、彼は自身のCT / BTC取引権を他の当事者に譲渡することができます。 もし彼がそれをしたら、彼はCT / BTC取引ペアを操作することができなくなります。 しかし、ChrisはまだCTのトークン所有権を持っているので、ETH / USDT / VITE等の他の取引ペアにCTを展開することが可能です。

 

 

シナリオ2

ChrisはVite Labsでの仕事が忙しすぎてCTを管理する時間がありません。 幸い彼の親友のCOO Richardは暇です。Chrisは自身のCT所有権をリチャードに譲渡します。

RichardはViteX(BTC / ETH / USDT / VITE)であらゆるCT取引ペアのリスティングが可能になります。Richardが開く取引ペアのトークン取引権はRichardに帰属し、彼が望む誰にでもそれを譲渡可能です。 さらに、ある時点でRichardがCTを管理したくないと判断した場合、CT所有権も譲渡することができます。

この記事が、トークン発行者、ViteXオペレーターおよび異なるトークンの権利の役割と機能に関する疑問や質問を解決したことを願います。

免責条項:これらのルールは決して永続的なものでも、決まったものでもありません 。ViteXは進化し続けており、今後その発展・変更があった場合には随時アナウンスします。

 

 

Vite日本語テレグラム:https://t.me/vite_japanese

Vite日本語ツイッター:https://twitter.com/vitelabsjapan

ViteXコミュニティ

ViteX Twitter:https ://twitter.com/ViteXExchange

ViteX Telegram:https://t.me/vitexexchange

Viteコミュニティ

Webサイト:https : //www.vite.org/

Viteフォーラム:https : //forum.vite.net

Telegram:https : //t.me/vite_en

Twitterhttps : //twitter.com/vitelabs

discordhttps : //discordapp.com/invite/CsVY76q

Reddithttps : //www.reddit.com/r/vitelabs/

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/01 13.92 ALIS 0.00 ALIS
Vite Japan's icon'
  • Vite Japan
  • @nagata
Vite Japan Telegramhttps://t.me/vite_japanese
コメントする
コメントする