DEX ViteXの成熟後、私たちはDeFi分野に拡大します

Vite CEO Charles Liu インタビュー

 

Vite Editor

Vite日本語テレグラム:https://t.me/vite_japanese

Vite日本語ツイッター:https://twitter.com/ViteLabs_Japan

 

 

先日、ライブビデオAMAの記事を投稿しました。ViteとViteXの今後の展開についてのヒントも多数含まれていますのでぜひご確認下さい。

 

今回、CEO Charles LiuがViteXローンチ前にJinse Financeで行ったインタビューを共有するために記事にしました。Jinse Financeとは、CoinDeskの中国語版と考えください。このインタビューで、Charlesは現在の暗号通貨取引所の状況、ViteXを構築した理由、将来の計画などについて語っています。

 

Host:まずはVite CEOのチャールズ・リュー氏を紹介します。 彼は起業家であり、中国ブロックチェーンアプリケーションリサーチセンターのエグゼクティブディレクターです。 彼は中国科学技術大学、ソフトウェア科学院、中国科学院を卒業しました。その後、Jing Dongのシニアアーキテクト、Bi Feng Gangの共同設立者、Mei Tuanのテクニカルディレクターという経歴を経ています。

では、始めましょう。

 

Q1. 現在、トップを争う多くの取引所がしのぎを削っています。 一般的には取引所といえば中央集権型の取引所を指しますが、現在のこの分野を取り巻く環境どのように分析しますか?

A1. 取引所は、ブロックチェーン業界にとって常に話題となっています。どれだけ技術が進んだ主要な取引所でも、対処すべき多くの課題があります。この状況を一言で言うならば“不確実性”です。ブロックチェーンの投機的バブルの崩壊により、業界全体が長い「弱気市場」を経ており、取引所に関しての見通しもかつて予測されていたほど良くありません。

従来の取引所は、アクティブユーザーの減少と、サポートサービスの品質不足という二重苦に直面しています。また、新規に参入するしいユーザーは、保有量が低く継続的な使用率も低く、さらにはリテラシー水準が低いため、取引所は新規参入への障壁を低くする必要があり、それによるプロセスの単純化はセキュリティリスクを生じさせます。

最近、様々な取引所が競争上の独自優位性を誇示し、取引所コイン、取引マイニング、IEO、DEXなどを含む多くの新規サービスを試みています。これらの中で、私はDEXの将来性については、より楽観的です。まさにブロックチェーンの理念に沿ったプロダクトであり、明るい未来を表しています。パブリックチェーンテクノロジーの進歩により、DEXはまもなく成熟し、近い将来に集中型取引所に取って代わるでしょう。

 

Q2. DEXとCEX(集中型エクスチェンジ)のユーザーエクスペリエンスにはまだかなりの差が生じています。 最大の問題は、取引速度の遅さ、高い取引手数料、流動性の不足です。 ViteXはこれら3つの問題にどのように対応しますか?

A2. 言及した3つの問題のうち、最初の2つは、DEXの基礎となるパブリックチェーンのパフォーマンスの問題です。 Viteパブリックチェーンの設計は、DEXなどの複雑なアプリケーションの効率とコストの問題を解決することでした。 ViteXの処理速度と低コストの組み合わせにより、現在あるDEXの中で最高のパフォーマンスを発揮し、CEXに近いパフォーマンスを実現しています。これは主に、基礎となっているViteパブリックチェーンによるもので、Viteの特筆すべき機能は無料+ハイスループットです。

最後の流動性の問題は、これら3つの問題の中で最も重要です。私の意見では、流動性の欠如は本質的に“流動性の分散”によるものです。ユーザーの取引ニーズは自体は大きく増減するわけではありません。つまり彼らを1つのプラットフォームに集められれば、プラットフォームは十分な流動性を保持できます。

では、DEXどのように全てのユーザーを同一プラットフォームに引き付けることができるのか。Viteの戦略は、取引を妨げる全ての中間リンクを削除するオープンプラットフォームを提供し、ユーザー、マーケットメーカーにインセンティブを与えるトークンモデルを設計すると同時に、上場している取引ペアのリスティングを管理する“オペレーター”を取引所の中心的機能として導入することです。 Amazonにテナント的に参加している企業や個人と同様に、オペレーターは独自の取引ゾーンを運営し、彼らがその集合体としてプラットフォーム全体でユーザーと流動性を共有するのです。

 

Q3. ViteXは本当の意味で完全に分散化された取引所として知られています。 分権をとはどのようなものですか? ユーザー向けのDEXとCEXの違いは何ですか? さらに、DEXは高品質で魅力的なプロジェクトをViteXに引き付けるためにどのような取り組みを考えていますか?

A3. 取引所における分散化のレベルは、テクノロジーとガバナンスの2つの側面に分けられます。
完全な分散化とは、テクノロジーとガバナンスが分散化されたことを意味します。技術的には、注文はオンチェーン照合され、トランザクションはオンチェーン決済され、クロスチェーン資産がサポートされます。ガバナンスの観点からは、中央組織がルールを勝手に変更することはできず、取引所の所有権、取引所のシステム、手数料分配の権利は完全にコミュニティに属します。

これらの意味ではViteXは全ての取引所の中で最も分散化レベルが高いと言えるでしょう。Viteチームでさえ、取引所のルールを勝手に変えることはできません。さらに、ViteXプラットフォームの利用による手数料は、取引所通貨VXの保有者に100%分配されます。これが完全な分散化の意味です。DEXには多くの利点があります。例えば、ユーザーは自身の秘密鍵を使用して資産を制御し、取引所の都合による資産凍結、盗難、紛失を心配する必要がありません。

プロセス全体に仲介者が存在しないため、コストが大幅に削減されます。現在、CEXは短期的には独占的な優位性を形成する可能性がありますが、長期的で効果的な戦略形成はもはや無理でしょう。DEXの経験がCEXのそれに徐々に近づくにつれ、その利点がより明確になるでしょう。また、ViteXのようなオープンで高度に分散化された取引所は、コミュニティにとって魅力的であり、コンセンサスを結びつける可能性が高くなります。コミュニティのコンセンサスにより構築されるDEXは、自然にますます高品質のプロジェクト・資産を引き付けることができます。

 

Q4. ViteXは、ViteX内に独自のミニDEXを構築することができます。この“誰も”が構築できる場合、条件、制限、規制は設けないのですか? ViteXはコンプライアンスと規制の問題にどのように対応しますか?

A4. 基本的に、ViteXはDEXインフラです。 ViteXで独自のトレーディングエリアを実行したり、ViteX APIを使用して独自のトレーディングサイトやモバイルアプリを構築することは、イーサリアムでERC20トークンを発行するのと同じ事です。 また、ViteXオペレーターは、取引所の主要コンポーネントとしての立場から、関連する運用責任を負う必要があります。 例えば、プロジェクト側の規定や国の規制要件の順守などです。ViteXは完全に分散化された取引所であると同時に、権利も責任も分散されます。

 

Q5. ViteXは、オペレーターとゲートウェイの概念も提案しています。オペレーターは、通貨と運営を独立して管理し、取引手数料の一部を得ることができます。 この小さなエコシステムにおけるオペレーターの責任はどのようなものであり、ゲートウェイの役割は何ですか?

A5. 前述の通りViteXオペレーターは、Zoneと呼ばれる独自の取引エリアをViteXで実行したり、ViteXに基づいて独自の交換Webサイトやモバイルアプリを構築することができます。彼らは、どの通貨ペアを開き、一時停止するかを決定する権利があり、特定のペアの手数料を設定できます。ゲートウェイの概念はViteXに属しているわけではなく、ViteX上のすべての取引可能な資産はViteチェーン上で扱われます。

Viteは、ユーザーによって発行され不換通貨に固定されたステーブルコインや、BTCまたは他のパブリックチェーン資産に固定されたトークンなど、他の資産と1:1で固定されたトークンが作成可能です。ユーザーがViteXである資産を販売し、ステーブルコインで支払いを受けた場合、ユーザーはこれらのステーブルコインをViteXからViteウォレットに自由に引き出すことができます。これらのステーブルコインがゲートウェイを介して、対応するフィアット(実際の法定通貨)に交換できるかどうかは、ViteXではなく、ステーブルコインを発行したゲートウェイにより保証されます。

 

Q6. DEXといえばBinance DEXが思い浮かびます。 Binance DEXと比較したViteXの違いと特徴は何ですか?

A6. ガバナンスの観点でViteXは、各通貨へのレビュー、利益の分配、規則修正の場合の投票実施などの点で、BinanceDEXより分散化されています。技術面では、私たちはパブリックチェーンの開発チームであるため、基盤となるViteパブリックチェーンのスペックでコスト、パフォーマンス、セキュリティの面で一定の利点があります。

例えば、コストの観点で見た場合、ユーザーはViteX上では無料で注文を送信し、注文をキャンセルすることができます。 Binance DEXでは、ユーザーが注文を送信するたびに、注文成立の可否に関わらず、Binanceチェーンのガス代として約1元相当のBNBが消費されます。さらに、ViteXでのリスティング費用は、Binance DEXで請求される費用の1パーセントです。

 

Q7. ViteXのプラットフォームコインVXの革新的な設計、経済モデルはどのようなものですか? 他のプラットフォームコインと比較した場合のVXの利点は何ですか?

A7. VXエコノミーモデル設計の哲学を説明しましょう。“シンプルでわかりやすいこと”です。 VXを保有しているユーザーは、ViteX 取引所の一部を所有していることと同義です。 所有の概念は、2つあります。
議決権:ViteXにおけるルール変更や方針転換の是非について等の主要な決定はVX保有者によって決定されます。
利益享受権:VX保有者は、ViteX上の全ての手数料を永久に受け取り、配当は毎日自動的に決済されます。 単純に、VXの1%を保有している場合は取引所の総収入の1%を獲得できます。

VXには5種類のマイニングがあります:トレードマイニングはユーザーにトレード参加を促し、マーケットメイキングマイニングは市場に流動性を提供するように促します。ステーキングマイニングは、取引処理のためのクォータリソースを提供します。その他、リスティング及びリファラルによるマイニングが可能です。

VXは、トークンセールやプレマインを行わずに、完全にマイニングのみによって取得されます。チームはリリースされたVXの1日の量のうち、10%を受け取ります。VX保有者は、オンチェーンスマートコントラクトを介して計算された配当金を毎日必ず受け取ることができます。配当金は、取引所で徴収される手数料から提供されるため、バイバックやバーンを実行する他の取引所と比較しても、より分散したシステムになります。

 

Q8. 上記以外にVXを取得する方法はありますか? 将来的に、VXの買い戻し予定はありますか?

A8. 前述の5つのマイニング以外にVXを取得する方法はありません。VXの取引ペアは将来的にViteXや他の取引所で上場し、ユーザーは市場から直接購入できるようになるでしょう。 VXは、オンチェーンによる分配方法をおこない、ViteXの収益の全てを保有者に分配します。これは、買い戻しを実行する取引所よりも分散された方法であると言えます。

 

Q9. 一般的に、取引所は取引収益を保持します。 ViteXにおいて料金の100%をVXユーザーに割り当てる事にしたのはなぜですか?

A9. 通常、取引所はユーザーの取引手数料とリスティング料金を獲得します。 DEXとして、取引所の所有権はコミュニティに属しているため、プラットフォーム通貨のVX保有者に全ての料金を割り当てるのは自然な事です。 プラットフォーム通貨を使ってお金を稼ぐことができる中央集権的な組織がありますが、それは真の分散された取引所ではありません。 VXのルールでは、チームはVXトークンの10%を保持し、マイニングプロセスと同時そのロックを解除します。 これは運用目的での使用に加えて、その後の開発をサポートするために保持されます。

 

Q10. ViteXをサポートするプラットフォームとしてのViteパブリックチェーンの特徴は何ですか? Viteは他のDAGベースパブリックチェーンと比較してどのような利点がありますか?

A10. Viteパブリックチェーンの最大の特徴は、無料+ハイスループットです。これはDAGテクノロジーの主要な機能です。他のDAGパブリックチェーンと比較しても、Viteは現存するDAGベースのスマートコントラクトに最適化している唯一のパブリックチェーンです 。そのためにViteがDEXと複雑なDAppを実行できるのです。

 

Q11. ViteパブリックチェーンとViteXには2つの異なるトークンモデルとエコノミーモデルがありますが、2つの暗号通貨間それぞれに変換することはできますか?

A11. Viteパブリックチェーンは、VITEを保持するインフラストラクチャであり、所有者にViteパブリックチェーンリソースの使用権利を与えます。
ViteXはVite上のDAppであり、VXトークンをサポートし、VXの所有は取引所の株式の所有に相当します。

ViteXコントラクトでは、Viteパブリックチェーンのコンピューティングリソースとストレージリソースと引き換えにVITEが必要です。
VITE保有者は、ViteXのためにトークンをステーキングできます。ステーキングを通じて取得したクォータリソースにより、Viteチェーン上の計算リソースをViteXに割り当てることができます。それに応じて、ViteXコントラクトは、VXの供給量のうち20%をステーキング報酬として分配します。これが、VXの5つのマイニング方法のうちのステーキングマイニングです。

将来的には、Viteエコシステムでのクォータの確保が一般的なものとなります。 DAppは、独自トークンの一部を、他のユーザーが生成したクォータと交換できます。 VITEを保持するユーザーは、DAppに必要なクォータを生成できます。VITEを保持することは、店舗を所有することに少し似ています。自分で店舗を開くか、他人にレンタルすることができます。レンタルして家賃を貰う方法は、お金を払うか店舗の商品(独自トークン)を支払うことができます。

 

Q12. Viteパブリックチェーンの長期的な開発目標は何ですか?

A12. Viteのエコシステムには、主にDEX、ウォレット、都市サービス、支払い、ゲーム、エンターテイメントが含まれます。現在の焦点はViteXです。 ViteX成熟後、私たちはDeFi分野に拡大します。また、実績のあるテクノロジー、インフラストラクチャを使用して、DEXに参加したいサードパーティを取り込むこともできます。

将来、ウォレットはViteチェーンへの入り口となり、Viteエコシステムの重要部分となります。私たちのウォレットは、分散型マルチチェーンウォレットです。現在、毎日約20,000人のユーザーがおり、有名なマイニングプールと協力しています。 Viteウォレットには、モバイルウォレットからWebのdAppにログインできるViteConnectという機能があります。これは、スマホをハードウェアウォレットとして使用することと同様です。秘密鍵はスマホに保存され、セキュリティとUXの改善のため、ブラウザには送信されません。

また、ウォレット内にアプリエンジンを実装します。これにより、dAppフロントエンドの開発、運用、メンテナンスのコストが大幅に削減されます。将来的には、Viteウォレットは複数のDEXを統合し、ユーザーが異なるウォレットのトークンをウォレット内のDEXで交換できるようにします。

公共サービスの分野では、米国ニューヨーク州シラキュース市政府との協力によるSyraCoinプロジェクトが進行中です。同時に、他のアメリカの都市やヨーロッパやアフリカの都市ともシラキュースモデルを推進しています。Viteチームは最近、アフリカ全土でViteのプロモーションを担当するエマニュエルというアフリカのBDマネージャーを採用しました。

支払いとゲームは、Vite内でも前進し続けている分野です。現在、Viteで実行されているdAppゲームは12以上あります。開発ツールとドキュメントの改善を継続し、開発者により良いサポートを提供しワークショップ、ハッカソン、その他のアクティビティを開催します。現在、Viteはまだプレメインネット段階にあり、エコシステムはメインネットパブリックチェーンに向けて繁栄を続けています。

9月には、より大きなエコシステムに備えるために、Vite 2.0と呼ばれるDAGベースのクロスチェーンソリューションを推進します。私たちの長期的な目標は1つだけであり、ViteをNo1にします。そのためにパブリックチェーンとブロックチェーンテクノロジーを概念実証から実用化へと推進していきます。

 

Q13. パブリックチェーンの現在の開発状況をどのようになっていますか? パブリックチェーンの未来は、多くのチェーンで構成されますか、それともわずかなチェーンのみが生き残りますか?

A13. 現在、パブリックチェーンはまだ初期段階にあり、大規模な商用アプリケーションへの道のりはまだ長いと考えています。蒸気機関、電気、通信、インターネットの歴史のように、パブリックチェーン全体の進歩は、効率を改善し、コスト削減に焦点を当てています。これは長く困難なプロセスであり、業界には今後も十分な忍耐が必要です。

長期的には、パブリックチェーンは徐々に安定した競争環境を形成し、トップのパブリックチェーンは支配的地位を獲得するでしょう。ここで言う、主要なパブリックチェーンは、必ずしも現在の時価総額のトッププロジェクトではありません。大きなバブルによって膨らんだだけの、テクノロジーとエコシステムの競争力が不足したプロジェクトは、徐々に市場から撤退する可能性があります。

 

Q14. 13年以上にわたって取引所に関連するビジネスを開始してきた経験から我々に伝えられることはなにかありますか?

A14. 私に加えて、共同創立者のLeoとViteXのテクニカルディレクターAllen も、スタートアップチームのメンバーです。 長年にわたり、私たちは多くのプロジェクトの盛衰を見てきており、この業界をよく理解しています。 ユーザーが何を望んでいるかも知っており、罠がどこにあるかも知っています。 これは非常に貴重な経験です。 そのような経験がなければ、多くの間違いを犯したか、既にこの分野で迷子になっていたでしょう。

 

Q15. 今日の市場で最も信頼できる取引所はどれだと思いますか?

A15. 率直に言って、現在の取引所は信頼できるものではありません。各取引所はどれだけのリスクがあるかを知っている反面、ユーザーの多くは十分なセキュリティ意識を持っていません。 私がアドバイスするならば、集中型取引所をウォレットとして使用しないことです。 秘密鍵を安全に保管すれば、DEXははるかに安全です。

 

Q16. どのDEXが最高だと思いますか?

A16. 現在のDEXでは、IDEXはユーザーボリュームとトランザクションボリュームの点で大きいですが、IDEXはイーサリアムプラットフォームに限定され、マッチングエンジンはオンチェーンではなく、ガバナンスは集中化されています。 Binance DEXマッチングエンジンはオンチェーンであり、UXは良好であり、改善のポイントは既に述べたとおりです。 EOSでは、Newdexが最も分散化されたチェーンを進めています。 ただし、EOSプラットフォームのRAMコストは高く、注文コストが急激に増加する可能性があり、これは短期間で解決するのが困難です。そして、これらの問題点をすべてクリアしているViteXが、全てのDEXの中で最高のものになることを願っています。

 

Q17. ViteXプラットフォームの利点はなんですか?

A17. ViteXプラットフォームの収益は、主に取引手数料と通貨発行手数料から生じます。手数料の収集方法と分配方法は、スマートコントラクトに記述されています。 ViteXプラットフォームの所有権はVX所有者に属し、プラットフォームの収益は全てVX所有者に完全に割り当てられます。

 

Q18. ViteXの今後の取引ボリュームについての予測はありますか?

A18. ViteX公開後、最初の取引量は主にVITEトークンから生じるものになります。 ViteはまだMainnetを開始していないため、現在一般的な取引所で取引されているVITEトークンは依然としてERC20です。

一部のVITEトークンは、売り需要を満たすためにViteネットワークに移行されます。 さらに、多くのユーザーがVITEを購入してVXを取得することを望んでいるため、買い手と売り手の意欲は強いものです。 さらに、ViteXオペレーターは徐々に他のアセットを立ち上げていきます。 VXマイニングのインセンティブと相まって、取引量は徐々に増加することが予想されます。 もちろん、取引量の不自然な増加は望みません。 最も健全なモデルとして、ユーザー量と取引対象に比例して自然な成長モデルを望みます。

Q19. 完全に分散化されている中で、マネーロンダリングやその他の法規制要件はどのように対処されますか?

A19. 取引所の分権化は規制緩和を意味するものではなく、法の外にあるものでもありません。DEXであろうと、このプラットフォームを使用するトランザクション及び主体は、法に準拠する必要があります。例えば、オペレーターはセキュリティトークンが米国市民に販売されないようにする必要があります。

 

Vite日本語テレグラム:https://t.me/vite_japanese

Vite日本語ツイッター:https://twitter.com/ViteLabs_Japan

ViteXコミュニティ

ViteX Twitter:https ://twitter.com/ViteXExchange

ViteX Telegram:https://t.me/vitexexchange

Viteコミュニティ

Webサイト:https : //www.vite.org/

Viteフォーラム:https : //forum.vite.net

Telegram:https : //t.me/vite_en

Twitterhttps : //twitter.com/vitelabs

discordhttps : //discordapp.com/invite/CsVY76q

Reddithttps : //www.reddit.com/r/vitelabs/

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/29 9.21 ALIS 0.00 ALIS
Vite Japan's icon'
  • Vite Japan
  • @nagata
Vite Japan Telegramhttps://t.me/vite_japanese
コメントする
コメントする