電子カードの買取と法について

Content image

 

クリスペのシマリスク等、新シルバーの価格が高騰してますね。 
ドロップした方々が羨ましい…。 
(イーサマーケットでも0.046ETH(約1,000円)で買い取ってます) 

前回の記事でまた別で!と言っていた、なぜ、イーサマーケットではゴールドとか限定カードとか(今のとこ)取り扱えないかについて書きます。 
 

■なぜゴールドカードとかのNFTを取り扱えないの? 
■なぜシルバーカードはOKなの? 
■結局のとこ、ゴールドとシルバーの違いは? 
■じゃあ、古物商とれば? 


※ 本記事は個人的な解釈です。法律に関連する内容の詳細や、より正しい解釈は弁護士等にご相談下さい。 

 


なぜゴールドとかのNFTを取り扱えないの? 
 

あくまでも個人的な解釈ですが、古物商許可が必要なのではと。 

古物商許可とは、「古物」を個人から買取、販売するのに必要な資格のことですね。 
この資格を持たずに古物を買取、販売すると捕まります。 

ゴールドカード等のNFTは電子データなので、古物?なの? 

…という疑問が出てくると思うのですが、 
この古物という定義には、例えば電子チケット等の実物が実在しないデータ等も含まれています。 

法律的には 
「1度個人が手にしたものは「古物」にあたる」 
とされているそうですね。 

ここでいう「個人」は個人/法人の意味での個人で 
「手にしたもの」というのは所有権を有したもの 
という考え方で概ね間違ってない認識です。 

つまり、未使用だろうが、電子データだろうが、なんだろうが一度個人が所有権を有したものは「古物」になると考えます。 

これらの古物を事業性をもって、買取、販売(いわゆる転売)をすると 
捕まります。

「事業性をもって」とは、 
たとえば、 
Aさんが自分で使うためにゴールドカード買って、しばらく使ってたけど 
環境変わって使わなくなったからBさんに売りました。 
とかなら事業性が無くOKだと思います。 

個人的に商品を買って、不要になったので売っただけなんで。 
ただのエコロジーで素敵な人ですね。 

しかし、Cさんは自分での使用を目的としておらず、 
転売による利益のために買取り売りました。  
それを反復性と継続性を持って続けました。

これは事業性があると思います。 

つまりAさんのように事業性がなければ(多分)OKなので、 
たまにとかならOKなんじゃないですかね。  

この「たまに」とかいう定性的な部分は裁く側の感覚なので、難しいとこですね。 

個人的な利用のためにやっている!!!

といくら言い張っても裁く側がNGと言えばNGですね。 

イーサマーケットとかは反復性をもって買取、販売を継続しているので事業性があり、これをNFTでやるとまぁ恐らくNGだと思ってます。 

どのくらいの規模ならセーフなんだよ!!! 
ってところはわからないです。 
むしろ教えて下さい。笑 


 

なぜ、シルバーカードはOKなの? 

個人的な解釈ですが、シルバーカードは「所有権」を持ってないですね。 
「所有権」とは 
「特定の物を直接かつ全面的に支配しうる権利」 
というよく分からない内容ですが、 
簡単にいうと、その物を自由に扱える権利ですね。 

シルバーカードの所有権は実はプレイヤーにありません。 

なぜかというと、 

例えばクリスペの運営会社やサービス(以下、運営)がなくなったら、 
シルバーは消滅します。  

例えば運営の意思が変われば、シルバーは使えなくなります。 

シルバーは、プレイヤーの意思でゲーム外に持ち出し、管理することが出来ません。 

運営がシルバーカードを自由に扱える権利を持っていて 
プレイヤーは最終的に運営の方針に従うしかないです。 

つまり!!シルバーカードの所有権は全て…運営にあります!!(多分!!) 

なので古物ではないですね。 
個人が1度も所有権を有していないので。 
Ownerがプレイヤー名となっていても、真のOwnerは常に運営です。 

まとめるとシルバーの売買はRMTと同じですね。 
所有権を持っている運営がNGと言わなければOKです。 
 


結局のとこ、ゴールドとシルバーの違いは? 

NFT(ゴールドやレジェなど) 

ゲーム外に送信でき、個人が自由に扱える権利があり、ウォレットに存在していれば運営は削除などの操作を出来ず、所有権は個人にある。 
所有権は個人にあるので、プレイヤーが買った時点で「古物」 

 

シルバーカード 

ゲーム外に送信できず、運営はカードの削除、使用の制限、 
内容の変更等、自由に出来る。 

つまり、所有権はクリプトゲームス株式会社。 
所有権がクリプトゲームス株式会社から移動していないので「古物」ではない。 

むしろじゃあ我々は何を買って売っているのか(哲学) 
 

 

じゃあ、古物商とれば? 

営業所設立とか申請とか費用がかさむのもありますが 
一番の障壁は、「古物」を買い取る際に売り手の身分証を確認し、 
その情報を保管しないといけない部分ですね。  

つまり、ゴールドカードを買取るたびに免許証のコピーとかもらって 
本人確認 + その情報の保管をしないといけないです。 

皆さんもよく分からないnakataとかいうnakataに本名とか住所とか知られるのって少し抵抗がありますよね。 

私もセキュリティとかガチガチにしようと思ったら 
それを実現する技術力には自信がありますが 
個人情報をwebを介して抱えるリスクは、 まだ、今は取れないです。  

 

おわりに 


色々不穏なことを書きましたが、NFTも自分で使ったカードが不要になったから売るとかならOKだと思います。 
派手に転売しまくってめっちゃ儲けたわ!!ってなるとどうなるか分からないので

事前に弁護士に相談するか 
むしろ誰か試して下さい。 

正直なとこ、新しい分野なので、どうなるかは私には分からないです。 

全然オッケー★ってなるかもしれません。 
ならないかもしれません。自己責任でお願いします。 

あと、間違っているところがあれば是非教えて下さい! 


 

おまけ 

openseaは? 

あれの事業は古物の買取、販売ではなく、データ転送サービスじゃないんですかね。 
よく分からないですけど。日本人が運営したらNGとかあるんですかね。 
なければそれも一つの道ですね。 
 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/24 20.12 ALIS 1.17 ALIS
nakata's icon'
  • nakata
  • @nakata
イーサマーケット管理人 Android/.Net・Asp MVC/C・C++/組み込み/Web/Linux……その他色々やってフリーとなったエンジニア 11月からブロックチェーン
コメントする
コメントする