600de-bu

 

 

 とあるサラリーマンはドーナツをむしゃむしゃ食べていました。

あっという間に二つ、ぺろりと平らげてしまいました。

よいしょ、という掛け声で、サラリーマンは重たい身体をカウンター席から離しました。

 

ここは最寄り駅にある、大手ドーナツ屋さんの窓際席。

歩いて自宅まで通勤しているサラリーマンはここから約600mの道を歩かなければなりません。

そのためのご褒美のつもりに、ドーナツ屋さんに寄るのが習慣になっていました。

 

その生活を繰り返していきました。

毎日歩いているサラリーマンは、次第に腹に脂肪がついていきました。

スーツも心なしか苦しくなっています。

しかしサラリーマンには、太った理由がサッパリ分かりません。

なぜなら毎日歩いているのだから。

 

その日もむしゃむしゃとドーナツを食べているサラリーマンはカロリーというものを初めて気にし始めました。ベルトの上に乗ったお腹のお肉がとても苦しいからです。

 

 

ドーナツは二つで約600キロカロリーという衝撃の事実をその日に初めて知ります。

サラリーマンは思わず、口に含んだ水を吹き出しそうになりました。

 

その600キロカロリーを消費するには、成人男性の場合、水泳を休みなく一時間泳ぎ続けないといけません。そのことを電子機器から知ったサラリーマンは右手にドーナツを持ったまま、ブルブルと震えはじめました。

きっとこの震えは武者震いでしょう。

サラリーマンはまだ震えています。

 

  彼の近くの席によく座っている私は、その姿がとても奇妙な光景に見えました。

 

震えが止まったサラリーマンは右手のドーナツを凝視しました。

それでもサラリーマンは最後までドーナツを手から離すことはありませんでした。

最期の時を惜しむように、甘い一片をサラリーマンは口にほおり込み、何度も何度も噛みしめていました。

 

私には、サラリーマンの決意がその姿から感じ取れました。

しかし次の日、サラリーマンとある場所で再会したのです。

 

ドーナツ屋さんで見た、サラリーマンのお盆には3つのドーナツが載せられていました。

 

嬉しそうなサラリーマンの顎は見事に二重になっていました。

その醜い笑顔を見た時、私はダイエットをしようと心から感じたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:2019/05/16
獲得ALIS:20.25
とけい's icon'
  • とけい
  • @nonbiritokei
Voenistaのとけいです。物書きです。
コメントする
  • sakky
  • 8日前

こわいはなし(´◉◞△◟◉`)!!
美味しいものには毒がありますなあ

返信
  • お金研究家 HAYAMAN
  • 8日前

私もダイエットします!w

返信
  • よしだ
  • 8日前

これがほんとの(震え声)

返信
コメントする