Uniswapがダメな理由。

Content image

どうも、碧線です。

さて、記事投稿から半年が経ちましたが、未だ取引はAvacus経由でYobitを使っています。そして、これまで行ってきた数々の検証も、全てYobitを用いています。

しかし、本当にYobitしか取引できないのか。そんなことはありません。

Yobitやかつてのクリプトピア、コインエクスチェンジ、またALIS未上場ですがバイナンスなどといった「CEX」とは別に、「DEX」と呼ばれるものが存在するからです。

で、ALISを取り扱っているDEX取引所の有名どころが、Uniswapというわけです。

このUniswapの仕組みを、Yobitほど理解できているわけではありませんが、少なくとも、メタマスクなどといったウォレット系と提携させて取引するのでYobitよりは遥かにリスクが低いと言えるでしょう。

また、ここ最近ではUniswapの価格のほうが高くつくこともしばしば。

正直、Uniswapを使えるのであれば、Uniswapを使いたいです。

ですが、ある問題点で未だにUniswapで取引ができていません。

そうです、

GAS代が高いことです。

https://etherscan.io/gastracker

少し前までは30gwei~50gweiあたりが一般的だったのですが、最近では100gwei越えは当たり前、記事執筆時点でも200gwei越え、先日は300gweiすらも超えるGAS代を記録しています。

では、GAS代が高いと何が問題なのか。

UniswapでGAS代を使う場面は、三つあります。

①承認(Swap)させるとき

②実際に取引するとき

③ALISと交換したETHやDAIなどを送金するとき

③に関しては、そこまでGAS代は消費しません。問題なのは、①と②です。

まず、Yobitだと「sell」を押せばレートによっては即売却できるのですが、Uniswapの場合、先に承認する必要があります。

さらにそこから売ろうとするときも、またGAS代を消費します。

最終的に出金しようとすると、またまたGAS代を消費します。

これらはDEX取引所にのみ見られる特徴で、CEXの場合、まずGAS代は取引所側が「手数料」として引かれたりするため、そこまで気にしません。

で、この①②③を行う時にGAS代が高いと、要求されるETHの額がとんでもないことになります。

ぶっちゃけ言うと、現在のGAS代(100gwei越えぐらい)だと、Yobitの高額手数料すらも上回る金額を要求されます。

実際に検証した方の記事。(この時は驚異の400gwei)

なので、現状のガス代だと売るにも売れない、GAS代高杉ということに陥ります。ってか、私は陥りました。なので大人しくYobitで売却しました。。。

しかし、GAS代の問題が解決して、もっと手軽に取引できるようになれば、今後Yobitいらずの世界がやってくるかもしれません。こればかりは仕方がないので…

それに、Uniswapの価格はYobitの価格よりも高く設定されていることがほとんどですから、ますますUniswapの方がいいんです。いいんですけど、ガス代…

つい先日まで、GAS代が無料のウォレットがあったみたいですが…(昨日知った)

ここ最近はずっとGAS代が高騰したままなので、そろそろGAS代の在り方も変わってくるかもしれません。ってか変わらないと、ワイはずっとYobitになるぞ・・・w

ということで、Uniswapがダメな理由でした。っていうか、これ別にUniswapがダメなわけじゃなくて、GAS代が高いのがいけないような…

以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。

補足:早くCEXの方でもまともな取引所に上場してください。

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/09/04 78.72 ALIS 7.40 ALIS
碧線's icon'
  • 碧線
  • @ossiy
Windowsアプリケーション開発者。https://ossiy.net/
コメントする
コメントする