ALISトークンの価値について考える。

どうも、碧線です。

ALISトークンの価格が0.8円になって、とうとう1円を割ってしまったことは既にAvacusのレートでも反映されていて私も既に知っていました。(※現在はどなたかが徳を積んでくださったようで2円台に回復しています)

ですがここで、今一度ALISトークンの価値について考え直してみたいと思います。

①ALISトークンは、決してただの「数字」などではない

はい。これは確かです。

しかし、少なくとも2月までは数字だったといっても過言ではありません。何故なら、Avacus協働前ですから。私のYobit送金成功事例も、Avacusを間に挟んで成せた力技と言っても過言ではないですから。

…といっても、Uniswapに関しては完全に失念していましたがw まあ、流動性がなくてETHにしようとしても上手くできなかったり、そもそも何をするにもETHが必要な取引所に暗号資産初心者がそう簡単に集まるものではないですからね…?

②Avacusのおかげで、オワコン進行は一応食い止められた?

このALISとAvacusの協働は、双方にとって少なからずプラスにはなったでしょう。ALISに関しては、ALISトークンがただの数字ではなく、れっきとした「使い道」があってかつ選択肢の幅やハードルが下がったわけですし、Avacusに関しても、ALISユーザーをAvacusに取り込むことによってアクティブユーザー数の増加にも繋がったわけですから、トータルでマイナスにはなっていないでしょう。

またAvacusにはShop(=Get)の他にもAsk、Bazzerなどの機能がそろっていて、それらの支払いや収益にALISトークンが使用できるわけですから、そういった場が提供されるようにもなったというわけでもあります。

なお、AvacusはPurse.ioの閉鎖を受けて、外国人ユーザーが急増しています。(試しにAvacusでBTCのGetを見てみてください。国籍が日本以外になっていることが分かります。)この波に乗って、ALISもついにグローバル化か?!(笑)

とはいえ、そのような協働も虚しく、レート価格の下落もあり今のオファー数は0なんですけどね…でも、私はALISトークンのYobitの送金用サイトとしてうまく活用していますw(それが本当の使い方として正しいのかはわからないが、Yobit取引所でBTCにしてAvacusでモノを買っているので、少なくともAvacusにとっては(手数料があるので)プラスのはず)

ロシアンルーレッ取引所を使いすぎ?それしか取引所がないのだから仕方がない。(Uniswapは私の頭の中では一切ないことになっていますw)

③それ以前に、暗号資産古物商様がいる限りはどうにかなるはず

ここまでYobitだの、Avacusだの、Uniswapだの、ロシアンルーレッ取引所だのに気を取られていますが、それ以前にALISトークンを取り扱っている方々がいらっしゃるではないですか。

そうです!暗号資産古物商様です!

Avacusよりは多少やりとり(DM)があってやや面倒だが、ロシアンルーレッ取引所なんかに頼るより、どう考えても遥かにマシです。

ALISに限らず、こうした暗号資産古物商様に助かっている草コインくんは少なからずいるわけで…、たまたまALISは新感覚のロシアンルーレッ取引所「Yobit」が存在し、偶然にもAvacusさんとの協働にも成功したわけですが…忘れてはいけません。暗号資産古物商様を。(神様状態)

仮に今後Yobitが破産し自然消滅(笑)して、Avacusも運悪くPurseの二の舞になったとしても、暗号資産古物商様が一人でもいる限りは、「数字だけのトークン」というのは免れるはずです。もしALISトークンを扱う暗号資産古物商様すらも一人残らず消えてしまったとしたら…それこそ、本当の意味でオワコンです。(私が暗号資産古物商を始めるという未来分岐ルートもなくはないが)

 

幸いなことにも、ALISトークンを扱う「サービス」「(ロシアンルーレッ)取引所」「暗号資産古物商」の3点セットが存在するわけですから、今現在ALISトークンは電子ゴミ、すなわちただの数字ではないわけです。

しかし、それでも残念ながらユーザー数は伸び悩むどころか減少傾向にあり、トークンの価値が0.8円まで下がってしまったわけですから、なにか「原因」があるのでしょう。その「原因」の話はまた別にどこかでお話しします。

ところで、ALISはカストディ規制というものに対応するために、ウォレットパスワードを設けたわけですが…それが「セキュリティーの強化」とみるか、「少し面倒になった」とみるのか…私は両方ですが、「パスワード忘れたらトークン(消える意味で)終了」というのが、なんとも恐ろしく怖いです。ですが、本来セキュリティーというのはそこまで強固じゃないとマズイはずなんですよね(?)

と、いうことでALISトークンの価値についてでした。

おまけ 噂のロシアンルーレッ取引所(YoBit)

Content image
※YobitではALISAによってALISはXALISにされています。よってXALISがALISと言えます。流石ロシアン。

意外と売買あります。ロシアンルーレッ取引所の現場からは以上です。ここまでお読みいただきありがとうございました。

Content image

※ロシアンルーレッ取引所は危険ですが、正しく使えば問題ありません。

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/04/29 47.47 ALIS 1.10 ALIS
碧線's icon'
  • 碧線
  • @ossiy
Windowsアプリケーション開発者。https://ossiy.net/
コメントする
コメントする