職場で複業 vol.2

Content image

一般的に副業といえば、メインの収入となる以外にも、複数の収入があることを言います。

 

勤め先の仕事を切り分けて、副業とする

中小企業に勤めていて、さまざまな業務を兼務して行なっている方は多いのではないでしょうか?

自分自身の現在の勤務先で言うと

地方中小企業の株式会社 スポーツ・フィットネス・スイミングクラブ・デイサービスを事業とする「健康生活事業部」に属しております。

役職 マーケティング課 課長

•スイミングクラブ 一般コースのインストラクター(毎日3クラス)

•クラブ内競技チームのコーチ、マネジメント、関連団体との

•事業部内の教育・研修カリキュラム作成

•事業部と会社全体のマーケティング企画・作成・運営

同業者の方なら、ご存知かと思いますが

一般のクラスを担当しつつ、競技チームの選手を見て、マネジメントするだけでも結構な業務です。

 

そこに、教育、マーケティングということで、

マニュアルの改訂、研修プログラムを作成・実施しつつ

Webページの改修や、PR動画を作成、SNSやLINEサービスでの発信、管理をしています。

 

1人で運営しています

競技チームの運営・Webマーケティングに関しては、ほかにできる人がいないから、1人です。

組織としてまずどうなのと疑うところですが、自分自身でアレコレ提案してやっている物ばかりなので、やり出した自分の責任みたいに思っていたのです。

が、これ普通に外注だしたら、かなりコスパの良い業務をしていることを認識しており、内製化して会社の経費節減・売り上げあげる為にはと思っていたけど、もはや業務過多でストレスが限界突破していました。(不眠症、拒食症など)

ネガティブなところもあり、これは何か対策をとらなければと模索していました。

 

マーケティングに専念して欲しい

社長からは、現場離れてマーケティング・経営企画の部門に異動して専念してと言われてきていましたが、現場抜けたら人材不足でスイミングクラブ運営が何ともならない現状というギリギリでした。「1年は人事・教育頑張るので、今は無理です!」ていうのが、部長と自分の答え。

でも、昭和の中小起業でやっと発足したマーケティング部門に、手をかけられる人材がいない。人の補充もままならない。やりたいという思いもありました。

 

事業主として複業とする選択

業務としては限界だけど個人として報酬もらってなら、自分も業務とメリハリつけてできる。プライベートでやってもいいな。そもそも、結構持ち帰りや、休日もカフェで仕事なんて良くやってたし。

 

会社に提案したのは

「労働者として手当てをもらうとかじゃなくて、個人事業主として請け負いたいです」

にぶっ飛びました。

 

仕事に使っている、パソコンや撮影機材などなど自分の持ち込みで、これで副業しようって思惑はあったので、思い切って会社の仕事を案件に取るのもありだろとかんがえました。

 

社長は

「別手当てをつけてでも、やって貰おうと提案するところだったから、それが希望ならそれでやっていこう!」

もともと意見は一致していたようで、受け入れられました。

うちの社長は60手前ですが、ガジェット好きで、iPadとかでガンガン仕事するタイプで、そういう考え、働き方にも柔軟なところがあり、普段から会話が合ったりしたので、話ができたところもありました。

この提案は、会社、経営者の理解はかなり必要になりますね。

 

現在は、経営者同士として、仕事の内容・契約を調整中

2月末には、開業届も出す準備をしています。

こつこつと揃えてきた、資機材も準備金として経費申請出来たりと面白くなってきました。

 

動画制作や、WEBページデザインなど、好きで学生のころから趣味で触ってきていたので、仕事として本格的にできる環境を作れたのは良かったです。

それと同時に、そのコンテンツをマーケティングに活かすコンサルも進めていくのはワクワクします。

 

仕事の理念・働きがいは「愉しいを続けること」

・好きなことをできるのは愉しい

・好きを得意にしていく努力も愉しい

・人が褒めてくれるとさらに愉しい

・認めてもらってお願いされると愉しい

・さらに、お駄賃もらえると嬉しい

・それで生活ができれば愉しい

 

次回は、、、

会社だけでなく

私がコーチする競技チームのトレーナーをしてもらっている鍼灸整骨院の院長と、マーケティングや動画制作、一緒にYouTuberしようなんて話も進めています。

そんなことをライティングしていきます!

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

よければ「いいね」もよろしくおねがいします!笑

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/02/15 51.01 ALIS 2.22 ALIS
Tatsuki Ito_伊藤樹's icon'
  • Tatsuki Ito_伊藤樹
  • @penjamin
年中水泳コーチ/冬はスノーボードインストラクター/仮想通貨ALIS&ADK推し/■JSPO_公認水泳コーチ・水泳教師/■JSBA_公認スノーボードインストラクター
コメントする
コメントする