ビットコインキャッシュ沈下が深刻。イーサ価格を割り込みそう

BCH離れがかなり深刻。コインチェック価格ではETHとの差はもう”2割程度”しかない。イーサリアム価格を割り込むのも時間の問題みたい。


1年も最後の月となりましたが、仮想通貨の底を探る動きがまだ続いていますね。
BTCはまた一度40万円を切るような動きの本日です。
でもこれ書いても気が滅入るので、別を書きますね。
もっともこっちも明るくないBCHネタですが。


少し前は「大底を打って悪材料出尽くし。回復の兆し」の状態だったのに、それをリセット、いや、それ以上に突き落としたのがBCHの内紛。
ほんと「子供のケンカ」でした。

ビットコインキャッシュのジハンABC陣営VSクレイグSV陣営の内紛は、ハードフォークで敵対的なコイン分裂を起こしたのはもう半月前ですね。

しかし、その後も両陣営のケンカはハッシュ戦争として続き、投資家の仮想通貨市場への嫌気を誘い、回復の兆しが見えてきた仮想通貨市場を下落さるという黒歴史に刻まれる超汚点を残しました。

(正直、「自分だけ落ちてよ!」って思いましたよ。)

ビットコインキャッシュBCH(ABC)は、HF前から予想されていた陣営の分裂による弱体化だけでなく、この子供のケンカが招いた信頼失墜のダメージはけっこう大きかったようです。

例えば、ABCとSVの両陣営と協業関係にあったSBIは、投資していたBCHマイニング事業の拡大及びマイニングチップ製造への投資をさらに進める計画を持っていたが、このBCHの不祥事で事業の見直しを余儀なくなされました。
(もっとも、SBIはRipple+R3による和解を成功させ、協業ビジネスが順調なスタート。BCHとの協業拡大の見直しによる誤算をしっかり補ってるのは流石です。)

ロジャー、クレイグ両派のエゴでもケンカと写る状況に、SBIでなくとも、「ビジネスパートナーとして安心して組める先では無い」と見限られても当然です。

BCHは今回のケンカで一番痛かったのは、このビジネスパートナーと投資家の信用を失ったことです。

そして、ビットコインキャッシュBCH(ABC)がどんどん沈下、ついにイーサETHの価格といつ並んでもおかしくないところに落ちてきました。


私はBCHとETHは価格順位が逆転するとかなり以前から思っていました。

BCHとETHが逆転しそうと思いだしたのは、たしか1月くらいから。

もう閉鎖済みで見れないですが、当時、外部のブロク「ぷりぷりプリンのビットコインどきどき体験」で、1月、2月、4月と記事の中でBCHとETH価格の逆転予想を書いていました。


その中の4月の記事原稿が残っていました。次の通り。

<現閉鎖済の外部ブログでの記事>

ぷりぷりプリンのビットコインどきどき体験 2018年4月 7日 (土)付

『年内逆転?BCHとETHの価格差縮む。OKExがBCH建て取引一部を廃止』

ビットコインキャッシュBCHを基準通貨トレードを昨年12月に採用して話題になった取引所OKExが、3月30日にBCH建てトレードの一部を廃止した。

BCHの流動性低下による不人気が理由だって。

Closing of BCH Market in Token Trading

Dear valued customers,

We will close all the trading pairs in BCH market of Token Trading at 18:00 Mar 30  

OKEx

最近、仮想通貨の価格低迷の中でも、ビットコインキャッシュBCHの不振が目立ってるけど、イーサリアムETHとの価格がどんどん近づいてるよね。

<4/7 17時現在 Coinchek>

・BCH \67,636

・ETH \40,897

昨年秋には価格差が4倍以上もあったのに、どんどん縮まって、もうすぐ並びそう。

今年に入ってBCHの不調がひどいのはこんな理由らしい。

ビットコインキャッシュは、ビットコインの送金性能問題に対する優位性をアピールして人気を集めたけど、今年になってビットコインのSegwit対応が進み性能改善され問題視されなくなってきた。

ブロックサイズを更に大きくするアップデートも計画されてるけど、ビットコインが十分機能している現状では、ビットコインで十分と見られて注目が集まらない。

また、BCHは元々中国のマイナーが作ったコイン。マイナーが市場価格を誘導してBCHに有利な状況を演出していたけど、昨年12月からはじまった米先物取引所へのビットコイン上場を機に、資金力で圧倒的な大手米ファンドなどに市場の主導権が移ってしまい、BCHの後ろ盾である中国マイナーの影響力が弱まってしまった。

さらに、中国のマイニング規制でさらに中国マイナーの権力が弱体化してる。

その上、コインベース上場でまた上がったもののインサイダー取引疑惑でケチが付いたり、OKExのBCH建てトレードの一部廃止もあり、ビットコインBTC基軸にとって代わるって夢とは遠い現実に、失望が広がっている。

このままの調子でイーサリアムETHと価格差が縮まっていくと、半年くらいでETHと価格が逆転しちゃうことになっちゃいそう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この記事のとおりに進行中。

この記事からほぼ半年くらい経ちますが、まさにBCHはETHと並びそう&下回りそうな状況になってしまいました。

いまや単に仕様書の性能を競う時代ではなく、実用性=社会実装性が注目される時代です。

BCHのように、頻繁にレベルアップや使用停止があるようでは、(ましてケンカするような組織と)安心して毎日インフラとして使えません。

インフラサービスの重要条件のひとつである「サービスの継続性」に、問題が大有りです。

・サービスを止めないこと

・ある一定期間は同一仕様を維持する「ライフサイクル」が保証されること。


マイナーばかり見ている陣営。性能にしか関心のない陣営。
これではもはやビットコインと張り合うなんて夢です。

こんなビットコインキャッシュですが、BCHのその他陣営の中には危機感をもってる人もいるでしょう。

信頼獲得への改革に動いてほしいものです。
虚勢を張らず、一般アルトコインとして自覚を持ち、謙虚に生き残るの道を探せば、まだまだ発展の余地があるのではないでしょうか。


@PuddingのBCH分裂騒動の記事|ALIS

11/2

10/14



公開日:2018/12/06
獲得トークン:61.64
pudding's icon'
  • pudding
  • @pudding
主婦がフィンテックがお仕事のだんなに聞きながら、仮想通貨どきどき体験中。ブロックチェーンは新しい世界を拓くかもって期待の素人ライター。御朱印&Twitterはじめました@pudding2727
コメントする
  • kobsap
  • 4日前

私は今回のBCHに対して
当初から可愛くないのに こんなネガティブな騒ぎ起こして、憎さ1000倍って感じです。
( ̄^ ̄#

返信
  • 暗号通貨ジョシ校生 蟻巣
  • 4日前

BCH期待値高かったのにほんと残念です。逆転満塁ホームランをうっすら期待します、、_:(´ཀ`」 ∠):

返信
コメントする