NEM6円割ったので買ってみた!

1月11日、ネムNEMが6円割っちゃいましたね。

「昨年来の最安値」なので

買ってみました!

これで私もネムラーの仲間入り?


1年前のコインチェックのNEM盗難がきっかけで、ザイフZaifの身売りなども響いて、1/30の価格に落ちたNEM。

盗難事件はコインの欠陥でもなく開発もコミュニティもしっかりしてるのに、言わば「風評被害」みたいなもの。

「事件の風評被害」であれば、年も変わり1年過ぎようとしている今、そろそろ新年度となる4月以降は「事故の記憶も風化」してくるかな?


そして、コンチェックCoinCheckも、ついに金融庁の正式認可を取りました~。

おめでとう!

そんな中、今回の下げです。

他のアルトの現価格がまだ昨年の最安値を更新していないし、NEMに特別な悪材料がないのに、「NEMだけが最安値更新」は気になる。

つまり、NEMは「売られ過ぎ」と判断。


私は12月15日の暴落時に、イーサリアムを15ETHほど@9,400円で拾い、31日に@15,000円で全部売りました。

ETHのおかげで臨時収入が少しあったので、「NEM買っちゃおー」ってことに。

本当は、ETHも対BTCで売られ過ぎと思っていたので、1年くらい持ってるつもりで買ったんだけどなー。

クリスマスラリーも、出足を「トランプさんの中国叩き」で、一気に萎んだよねー。

おかげで、「これは危ない」って思って、BTCもETHもXRPも、年末にほぼ全部清算して「ノーポジ」でお正月をスタートです。

ALISだけは1/3くらい残していますが。

年始のご祝儀相場もなく、まだまだ地合いが悪いです。

でも、タイミングを見ながら慌てず再投資していきたいと思います。

この1年で市場環境も健全化の方向に整備されてきたので、今年の中後半に期待したいです。


まだまだ2・3か月くらいは弱含みで底を探る動きがありそうですね。

わたしとしては中長期を見据えながら「大きく落ちたら拾う」、「売りも適時に」で、時間をかけてポートフォリオを組み立て直していこうと思います。


市場全体が上昇の潮流に変わるには、ガチホ勢が音を上げるくらいの大きな下げが起点と言われています。

半分から6割くらいでしょうか。

去年はそんなのが何回かありましたね。

大きく転換には痛い注射が要るってことか、ウーン。

そうしないと潮目も変わらない?

今回NEMを買いましたが、今が大底とは思っていません。

リスクは覚悟してます。

でも、痛い注射はやっぱりイヤ~!


追記

5.9円で買ったNEMですが下落が続いていて、5円割ったら一気に4円かそれ以下もありそう。

なので1/28に5.2円で損切りしました。


追記

2/6 NEMは3.7円。

3円台ですが反転の兆しが見えないです。

どの仮想通貨もしばらくは停滞気味なので、現在もノーポジで、状況の好転を待っています。

特にNEMはNEM財団の経営危機ニュースが尾をひいてます。

財団新代表から否定コメンがあったものの、投資家のNEM離れはすぐに戻らないでしょう。

NEMに限らず、小さな反転程度で飛びつくのは当面危険なので、底をを打ったと判断できるまで「頭と尻尾はくれてやれ」で、様子見です。

「休むも投資」ですね。










公開日:2019/01/11
獲得ALIS:18.09
プリン@pudding's icon'
  • プリン@pudding
  • @pudding
Web3.0が開く世界に期待の主婦。時に辛口(それも愛)。御朱印&Twitterはじめました@pudding2727
コメントする
  • akari
  • 3ヶ月前

すごいです。
仮想通貨の売買を調べて『なんかむずかしそう』で終わるのを直近で2回くらい経験しました笑
やりたいという気持ちだけでずるずる1年経ってしまいそうです*

返信
コメントする