カードゲーム、クリスペ用語辞典

どうも、ヒーリングボトル杯運営のメイルスです 
https://discord.gg/4MrzJtu 毎週金土日にこのサーバーで大会してますのでぜひご参加ください

gaudiyの方で書いたのですが、せっかくなのでALISにも。

 

 

アルファベット、記号 

〇/〇 
アタック/ヘルスの意味。 

+〇/ー〇する 
この表記の場合は、アタックを+〇し、ヘルスをー〇する。回復できない。 

AOE 
Area of effectの略。ボードのすべてのユニット(リーダーを含むものもある)にダメージやマイナス修正を与えるカードのこと。 

OTK、ワンキル 
いくつかのカードのコンボで1ターンのうちに致死量のダメージを相手リーダーに与えること。 



ア行 

アグロ 
速攻型のデッキタイプで、相手のヘルスを早く削って勝利するのを目標とするデッキ。 
ただし全くトレードしないわけではなく、有利トレードができる場合はすることもある。 
有利トレードだろうが全部無視して相手のヘルスを削り続けるデッキはフェイスといわれている。 

圧縮 
ドローできるカードでデッキ枚数を減らし、欲しいカードを引けるようにする行為。 

アタック 
ユニットの攻撃力を指す。 
クリスペではカードの右下に記載されている。 

アドバンテージ 
ヘルスアドバンテージ、ボードアドバンテージ、ハンドアドバンテージ、マナアドバンテージなどが存在する。 
簡単に言えば相手よりも有利な状況になっていること。 
カードゲームはアドバンテージを積み重ねることによって勝利する。 
あるアドバンテージを失うことでほかのアドバンテージを獲得することができる。 
例: 
採集を使用しマナアドバンテージと引き換えにハンドアドバンテージを獲得する。 
ティンカーベル+太陽の加護+騎士の誇りで5/5のユニットを1ターン目に召喚し、ハンドアドバンテージを失うがボードアドバンテージを得る。 


カ行 

回復 
ダメージをリーダーやユニットのヘルスをもとに戻す効果や、その行為のこと。 

顔 
リーダーのヘルスを指すときに使う言葉。 
例:顔にいく(相手リーダーのヘルスを削ること) 

確定除去 
対象のユニットを破壊や変身でボードから取り除く効果、カードのこと。 
バウンスは含まれないが、デッキバウンスは含まれることが多い。 

火力 
直接ユニットや相手リーダーにダメージを与えられるカードのこと。 
速攻もちのユニットは歩く火力と呼ばれることもある。 

クリプトスペル 
ゲーム開始時に選ぶ2枚のカード。リーダーによって異なる。 
コストが低い方をlow、高い方をhighとよぶ。 


降伏 
試合を終了し、負けになるボタン。 
クリスペでは降伏でポイントが入らないため使われることは無い。 
ほかのカードゲームからコンシード、サレンダーという人もいる。 

コスト 
カードをプレイするときに必要なマナの数。 
クリスペではカードの右上に記載されている。 

コントロール 
一番遅いデッキタイプで、相手が出してくるカードに対応し続け勝利することを目標とする。 


サ行 

サーチ 
デッキから特定のカードを引くカードや、その行為。 

先ドロー 
先にドローした方が選択肢が増えて有利になるため、ほかのアドバンテージを損なう状況でない限り、ドローする場合はターンの初めに行うのがよいとされる。 

事故 
アグロデッキの1ターン目に3コスト以上のカードしかないなどの、デッキが目標とすることを行えなくなった状況のこと。 

死亡時 
この能力を持っているカードが変身、バウンス以外で場を離れたときに発動する効果。 

召喚時 
この能力を持っているカードを手札から使用したときに発動する効果。 
手札から使用したとき以外は発動しない。 

召喚酔い 
速攻を持っていないユニットは召喚したターンに攻撃できないこと。 

除去 
ユニットをトレードや火力でボードから取り除くこと。 

スタッツ 
ユニットのアタック、ヘルスを指す言葉。 
使用例:キュクロープスよりもホルスのほうがヘルスよりのスタッツだから強い。 

前衛 
前衛を持っているユニットがボードに存在する場合、前衛をもっていないユニット以外を攻撃できなくなる能力のこと。 

速攻 
召喚酔いなしですぐに攻撃できる能力。 

タ行 

ターボ 
複数のコンボを成立させて大量にドローすること、また、そのようなデッキタイプ。 

ダメージ 
リーダーやユニットのヘルスを減らす効果。回復できる。 

デッキ 
ゲームで使う、30枚で構成されたカードの束。 

デッキ切れ 
ライブラリーアウトとも。 
デッキ枚数がが0になること。 
クリスペでは0になったあとカードを引こうとすると敗北する。 

手札 
ハンドとも。 
デッキから引いて使用できる状態のカードのことで、9枚が上限。 
初期手札は3枚で、後攻は1ターン目に先行よりも追加で1枚カードを引いてマナクリスタルを得る。 

テンポ 
なるべくマナコストを使い切ること、そのコンセプトのデッキのこと。 
(少しあいまいな言葉なので詳しくは自分で調べるといいかもしれません。) 

トップ 
デッキの一番上にあるカードのこと。 
使用例:(相手リーダーのヘルスが1の状態で)トップがフェンサーかゴールデンモアでリーサル!! 

トレード 
自分のユニットと相手のユニットを戦闘させる行為。 
自分のユニットが残る場合は有利トレード、相手のユニットが残る場合や攻撃力が高いユニットで攻撃力の低いユニットとトレードする場合は不利トレードといわれる。 

ドロー 
デッキからカードを引くことや、その効果。 

ナ行 

ナーフ 
カードの元々の能力(デッキ編成の時の状態)が弱体化されること。 

ハ行 
バーン 
相手リーダーのヘルスに直接ダメージを与えられるカードや、その行為。 
例:ゴールデンモア、イグニスなど 

ハイランダー 
同じカードを1枚しか入れずに構築したデッキのこと。 

バウンス 
ユニットを手札に戻すこと。 
デッキに戻す場合はデッキバウンスとよばれる。 

バニラ 
召喚時や死亡時などの能力を一切持っていないカード。その代わりスタッツがいいことが多い。 
バニラカードのスタッツ(標準スタッツ)をバニラスタッツと呼ぶ。 

バリュー 
高コストで強いカードなどの、質がいいカード(低コストカードに比べて手札1枚でできることの価値が高いカード)を指すときに使う言葉。 

ハンド 
手札のこと。意味は手札を参照。 

ビートダウン 
主にユニットを用いて相手リーダーのヘルスを削っていく行為、デッキタイプのこと。 

ファッティ 
アタックとヘルスの値が大きいカードのこと。 
主にバニラ。 

プレイ 
①カードを手札からマナを支払って出すこと。 

②行為のこと。 

プレミ 
プレイミスのこと。 
もっと他にいいプレイがあった場合や、カードを出す順番を間違えたときなどに使う言葉。 

フェイス 
①リーダーのヘルスを指すときに使う言葉。 
例:フェイスにいく(相手リーダーのヘルスを削ること) 

②フェイスデッキ。ひたすら相手リーダーのヘルスを削り続けることで勝利するデッキのこと。 

ヘルス 
リーダーやユニットの体力、HPを表す言葉。 
クリスペではカードの右下に記載されている。 

ボード 
盤面のこと。 
ユニットを出す場所。 


マ行 

マナ 
①マナコストの略語。 

②コストの支払いに使用する数値。1ターンに1増加し、最大マナを増やせるカードで増やすことができる。 

マナ加速 
最大マナを増やせるカードを使用し、マナを増やす行為。一時的にしか増えないカードを使ったときにでも使うことがある。 

マナクリスタル 
使用するとそのターンの間だけ使えるマナが1増えるカード。後攻は1ターン目に1枚得る。マナクリスタルを得る効果のカードでも得られる。 

マリガン 
最初に引いたカードを引き直すこと。 
マリガン後、同じカードは引かない。(同じ種類のカードは引くことがある。) 

ミッドレンジ 
序盤・中盤・終盤すべてで隙が無いデッキ。小型のカードで序盤からテンポを取りつつも、バリューの高いカードを積んで終盤まで攻め続けられる。 


ヤ行 

焼く 
ユニットを直接火力で除去すること。 

ユニット 
アタックとヘルスを持ち、ボードに配置されるカードのこと。 


ラ行 

ライフ 
ヘルス、HP、体力のこと。意味はヘルスを参照。 

ライブラリーアウト 
デッキ切れのこと。意味はデッキ切れを参照。 

リーサル 
今見えている手札、ボードの状況で、相手リーダーのヘルスを0にできる状況のこと。 

リソース 
手札、ヘルス、ユニット、マナなどが含まれる。 
リソースを得る=アドバンテージを得る 

連撃 
1ターンの間に2回攻撃できる能力のこと。 


ワ行 
ワンキル 
OTKのこと。意味はOTKを参照。 




 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/06/15 13.55 ALIS 0.10 ALIS
メイルス's icon'
  • メイルス
  • @rowcalcium
ドラゴンエッグ優勝 クリスペ→https://cryptospells.jp/?refferal=8fAwxR83IrMlhJFhHwPafw マイクリ→DmG7
コメントする
コメントする