マカオの世界遺産エリア散歩。なぜか空いてる編。

マカオの話が滞り過ぎて、どこから手を付けるか悩んだ結果、時系列で紹介することにした。というわけで、ホテルから歩き出して、

ゴンチャではないタピオカミルクティーを提げて、

坂を上って、振り向けば・・・

このようなパステルカラーに囲まれたエリアに到着。

マカオは大量に世界遺産があるというが、ひとつひとつというより、地区ごとが世界遺産で、その中の建物だの広場だのを数えると、大量、ということになるとか。

人はあまり見かけない。土曜日の夕方。綺麗に並んだバイク。持ち主は建物の中にいるのか?

その割に人の気配が薄い。

車もきちんと並んでいる。左側の看板に、エリアの紹介文がある。

ロバート ホートンという香港の大富豪の別荘を、のちに図書館にした建物とあったが、休館日だった。

 

教会も似たような名前で混乱するから、これがどれかとか考えずに入ってみる。

一応有名な教会なはずだが、がらんとしていた。

後で見たガイドブックによると、聖オーガスティン教会。16世紀の木造建築。

色ガラスが可愛い。床の光り方もいい感じ。あったかくて、静か。

塗った感が、函館だったり、長崎だったりの、ヨーロッパから伝えられたキリスト教建築@アジア、な感じ。

 

すぐ近くにあった建物に入ってみた。

ここは中は明るい!

二階に行ってみた。

ガイドブックを後で見たところ、ドン・ペドロ5世劇場。

レトロ好きが喜びそうな小さな劇場。

しっかし地図が分かりにくい。見直しても実際と同じような位置に思えない。

これは1860年に作った、中国初のオペラ劇場だそう。

階段周りの窓枠など、雰囲気ある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史や観光スポットに意識を置きすぎると、不自由な感じに疲れたりもするので、

教会は適当に入ってみたり、気の向くまま。

クリスマス前だったので、あちこちでクリスマスの飾りが。

この左横に、マネキンに重ね着したような怖い人形もあったり、飾りつけ感覚がヨーロッパのおしゃれ風とまた違い、派手目。

クリーム色の建物多い気がした。

緑の深い色と合う。

また坂を下る。右側の壁、古そうな感じ。

左を見ると、

1848とある。何を見てきたんだろうね、この坂は。

坂の下を見ると、人がぱらぱら。

でも少ない。

このような通りが不思議とやたら静かなのは、仕事にでも行っているのか?

 

飾りつけはクリスマス仕様なのかね、やっぱり。

通りもバイクも綺麗にしてる。

観光エリアとして、ガツガツ気合入っているように見えないのに、自然な感じで、観光エリアとしての意識があるのかな。

なぜあそこに空間?柱?と思うような造りが、マカオには多かった。

 

歩いている人もゆっるい感じ。静かだし。

映画の場面をイメージさせるような雰囲気があるように思う。

鳥小屋のような中国ポルトガル折衷・・・自分はマカオで初めて見たね。こういう造り。香港だったらもっと高く高く伸びるのかな。

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/04/02 26.78 ALIS 0.00 ALIS
shum's icon'
  • shum
  • @shum
特に旅が好きです。好きな言葉は、「塞翁が馬」。香りと空気の流れ重視。どうぞよろしく。https://twitter.com/windreamoon
コメントする
  • 1000aki
  • 4ヶ月前

マカオは行ったことないのですが良いですね!
人通りもそんなにないのでしょうか?

返信
  • elm13
  • 4ヶ月前

マカオの西洋と東洋が融合した感じが本当に素敵です!

返信
コメントする