TEDxYNUに登壇させたいただきます!

おはようございます😃  ともなりです!

 

もう、前回のALIS投稿から約1週間が経ってしまいました....

サボりすぎじゃ!って感じなんですけど笑 

許してください🙇‍♂️

 

今日はまたしてもお知らせです。こいつお知らせでしかALIS使わなくなったのか?とお思いのALISISTAの皆さん、ご安心を。ちゃんと10月後半からは通常運転をしていきます!

今日は、タイトルにもある通り、TEDxYNUに11/9に登壇させていただくことになりました! (来月の今日ですね!)

(ホームページは去年のモノです)

会場は横国で、僕の持ち時間は18分、学外の方でもOKとのことなので、是非みなさんいらして下さい!っていう告知です笑

うそです、それだけでは終わりません。

TEDxYNU

今日は、TEDXYNU関連について、ネタバレを含みつつ、ちょっと書いていきたいと思います!

 

#目次

・TED? TEDx? TEDxYNU ?

・今年のテーマ

・トーク内容ネタバレ

 

# TED? TEDx? TEDxYNU ?

突然質問から入って恐縮なのですが、皆さんTEDって聞いたことありますか? 聞いたことある人、挙手をお願いします🙋‍♂️🙋‍♀️

ふむふむ🧐🧐

まあまあいますね (何言ってんのこいつwww) 

TEDとは、世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信している非営利団体のことです。

Microsoftの創業者のひとり・ビル・ゲイツや、Appleの生みの親であるスティーブ・ジョブズも登壇したことあるレベルの講演会としても有名です。 

technology , entertainment , design  の3つの言葉の頭文字を組み合わせたものが、TEDです。

当然ですが、ぺいぺいの小僧たる僕が、そんな偉人たちの集うカンファレンスに行けるはずもないので、TEDとTEDxは異なります。

TEDxは、TEDの精神である「ideas worth spreading(広める価値のあるアイデア)」のもと、TEDからライセンスを受け、世界各地で発足している運営コミュニティのことです。

日本最大のものでいくと、ホリエモンなど超一流と言われる人々が登壇するTEDxTokyoなどがあり、それの横国版(横国はYokohama National Univ.なので頭文字とってYNU)が、今回僕が登壇させていただくTEDxYNUとなります。とはいっても、横国の学生だけしか登壇できないのではなく、Tokyoが有名人をかき集める通り、YNUもオモロイ学生・社会人をかき集めることに力を使っているようです。(僕はシンプルに頭がおかしい方での漫才的なオモロイ要素だとは思いますが)

僕は選ばれてから、TEDxのことを知ったので、夏休み中は、まあまあの本数を勉強がてら見ました。そんな中で、この講演が一番ぐさっと心にきました。

一方でグサッと来なかった講演は、ホリエモンのTEDxTokyoです笑 (これではない方は感動する話でしたが)

お時間がある時に是非両方見ていただきたいのですが、両者の違いはとてもはっきりしています。

自分のサービスについて語らず、その根幹の精神について語るのか、自分のサービスの紹介で終わるのか

この違いがリスナーが聞いてよかったなぁと思えるか否かの差になります(と運営さんから言われています笑)

ということなので、僕は一切ColleColleの話はできないわけです。もともと非営利目的の活動であり、ideas worth spreading  の精神のもと動いているのですから、当然禁止されています。

となると何を話せばええんや〜となります笑笑

 

 

 

#今年のテーマ

今年のテーマは、

beyond the boundary (BtB)

です。

つまり、境界線を超えろ!的なイメージがテーマです。(雑ww)

TEDxYNUは今年で2回目の新しい組織で、大方を留学生が占めています。なので、このテーマなのかなぁと勝手に思っています笑

登壇依頼をされ、テーマを聞かされた時、僕はこう思いました。果たして僕に合ってるのか?と。 留学経験すらなく、ネイティブスピーカーって感じでもないし、さらにColleColleについても話せない僕が一体、18分間も100人の前で、何を共有すればええんや....

 

 

#トーク内容のネタバレ

*ここからは少しネタバレ要素を含みます 

読者の横国生各位、お気をつけくださいww

(上の続き)

そう悩んでいた僕は、あることを思いつきました。

そうか!

コミュニティの境界線を超えることが可能になるって話をすればええんや!つまりブロックチェーンについて話せばええんや!と。

今までの時代は、円の経済圏に生まれついたら、余程の強者でない限り、円経済圏からは抜け出すことはできませんでした。

しかし、ブロックチェーンというテクノロジーの力により、誰しもいわば「通貨」を発行できるようになったわけですから、それが正当で皆が認める限り、新しい経済圏ができるわけです。

つまり、経済圏は住む時代から作る時代へと変化していく訳です。これの凄いところは、経済圏の出入りが自由になるということです。

あっ、この経済圏嫌だなぁと思えば、違う経済圏に移ればいいだけですし、いいなぁと思えば定住すればいいわけです。

と、このように経済圏の境界線を変えることが容易になるよね!って話をしようと思っています笑

強引wwww

なるたる強引さwwww

まあ、当然この話をする上で、信頼というものはかかせませんから、Web3時代の信頼について語る部分が多くなると思います。(ここはガチで語ります)

実際にALISというサービスのコミュニティについてや、以前記事で書いたExecutiveConferenceを自分たちで運営するにあたって、コミュニティ・経済圏について少しだけ手触り感を持って話せることができるようになったと思うので、ここで共有させていただきたいと思います。

なので、是非みなさん、来てくださいwww

11/9の横国常盤台キャンパスですwww

まあ、後日youtubeにもアップされるようなので、黒歴史を残さない為にも、頑張りたいと思います。

僕自身、なにかを語るというよりは、これを通してWeb3コミュニティで感じたことを、シェアさせていただきたいと思います。

安さんをはじめとしたALISファウンダーの方のように、Web3コミュニティの運営という立場にいたことがない僕が話す内容は、宙に浮いた話にどうしてもなってしまうと思います。だからこそシェアという形を取らせていただき、俺は一員として、こう思ってるんだぜ!的なことを会場の皆さんに共有したいと思います。

水澤さんと坂本と僕。これくらいアツい方に俺もなりたい!

 

まあ100人近く去年は来たらしいので、

18分間×100人=1800分という膨大な時間を泥棒しないようにしっかりと磨き込んで臨みたいと思います。

 

僕の目標は、皆さんが帰る際に、あいつの話聞いてやってよかったと思ったもらえることです。

ご都合がよろしい場合は是非来てくださいね!

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/10/08 100.00 ALIS 14.10 ALIS
Tomonari 💭's icon'
  • Tomonari 💭
  • @thetomonari
JapanFuse, Inc. CEO / twitter : @rnsnknyu
コメントする
コメントする