書き手側の都合を言わせてもらえばfacebookが異常に使いやすい件w

の続き。
だからといって、別に自分はALISを持ち上げているわけでもないのでご注意をw。ALISはnoteよりは良いと思っていますが、すごく良いとは思っていません。なぜならば、ALISもnoteも「長文作成時の労力の問題を解決していない」という意味では同じだと思うからです。

【長文作成時に一番苦労する事は何か】
文章を書く側から言わせてもらうと、それなりにまとまった文章を書く時に一番時間がかかるのは、書きたい内容とは直接関係ない内容も沢山書かなければいけない事です。つまり、本質的ではない作業が多くなるんですよ。
言いたいことは数行で済むのに、外堀を埋めないとなかなか他人には伝わらないものですからね。その外堀を埋める作業が非常に大変なんですよ。具体的には以下のような作業です。
・誤字脱字チェック
・文章がねじれていないかどうかチェック
・自分の主張をうまく表現できているかチェック(誤解が生じないように)
・難しいことを説明する場合、前提の話を長々としないといけない事もある
・数字が正しいのかどうかチェック(炎上回避のために、そんないい加減な事は書けない)
・客観性/論理性の確保(独りよがりになっていないか)

これらの作業が膨大になります。従来ならばこれらの作業を全て一人でやらなければいけなかったわけなのですが、今はそうとも限りません。なぜならば、facebookのようなSNSをうまく利用すれば、読者と対話しながら文章をかけるからです。つまり、第三者の協力をうまく引き出すことが出来るんです。そういう協同作業も含めてリアルタイムにコンテンツにしてしまうんです。
これが出来てしまうと、「いきなり一発目から、正しい事/正確な事を書かなければいけない」というプレッシャーから逃れられるんですよw。試行錯誤も含めて文章を作っていける。だから、その時点では間違っていても良いんです。その間違いをいつか正すことができれば。
結果、心理的ストレスは1/3ぐらいになりますね~。そして、他の人からの反応があると書くモチベーションが維持しやすいというも大きい。この楽さを知ってしまうと、noteもALISも凄く面倒くさいと思ってしまうんですよw

【楽なだけではない何かもある】
このやり方、読む側は、先頭からスレを読まないと流れがわからないので読みにくいというのはあるかもしれません。それは否定しません。ですが、非常に生っぽい情報も伝えられるんですよ。生の情報が真価を発揮するのはレビュー系のコンテンツです。レビューをしているという事は、自分自身もチャレンジしている状況なので、試行錯誤が多いわけです。そういう試行錯誤/おバカな間違いも含めてコンテンツにしていける。
そういう行動や思考パターンって、一度そこ(初心者の状況)を通り過ぎてしまうと誰しも忘れてしまうものです。なので、スキルが向上してしまった自分が後から二度と同じ事は書けなかったりします。
そしてそういう情報こそ、実は本物の初心者が欲している情報だったりするんです。それは、少なくとも初心者の誰かさんにとってOnly Oneなコンテンツになるかもしれないわけです。コンテンツとしては、それだけで大成功です。


※まだまだ書き足りない事はあるんですけど、やっぱりALISで長文書くのは疲れるのでここまでにしておきます。m(_ _)m
そのうち、気が向いたら続きを書くかもしれません。

書くかもしれないネタをメモっておきます
・通知の問題(ALISやnoteは更新情報を通知できないので実況中継が出来ない)
・<A>がタグが使えない問題(というか、<A>タグを打たなくても良いfacebook)

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/21 6.47 ALIS 0.00 ALIS
torinohito's icon'
  • torinohito
  • @torinohito
HIU、コインストリート、たむけんサロン、平野淳也サロン、ICO NEWSサロン、議論メシ等、いろいろなオンラインサロンを渡り歩いておりますw。トークンエコノミーな未来を夢見ています。
コメントする
コメントする