ノーベル経済学賞を受賞したシラーの仮想通貨に関する考え

ドットコムバブルや住宅バブルに警鐘を鳴らしたシラー氏だが、


個人的にうなずけるのは

「コンピューターサイエンス分野以外の人々は、仮想通貨がどのように機能しているか誰も説明することができない。

その不可解さが独占のオーラ(雰囲気)を生み、新たな通貨に魅力を与え、支持者らを革新の熱情で満たしている。

これはどれも新しいことではなく、過去のマネー革命と同様に説得力のある話だけでは十分ではなかろう」

と言う部分


ただ、ドットコムバブル後を考えると、ブロックチェーンの技術自体は間違いなく発達する方向へ向かうと思う。


VRだって90年台に一度発展したけど、一度衰退したし、AIだって、過去に2度の流行りがあった。


これが、仮想通貨バブル崩壊後にブロックチェーンが普及するという考えのものになっているのではないか?


■仮想通貨、マネー革命失敗の最新例の可能性:シラー教授
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-22/P93UF46S972801
■ノーベル経済学賞のシラー教授「ビットコインはバブルだが…」
Cointelegraph
https://jp.cointelegraph.com/news/nobel-winning-economist-shiller-says-bitcoin-bubble-may-be-around-for-a-while
公開日:2018/05/26
獲得トークン:10.54
ロン(大学生)'s icon'
  • ロン(大学生)
  • @tsawa
週2コマ大学3年。PythonとSQLメインのデータ分析とマーケティングとかやってます。メディアをいくつか立ち上げたりしてます。ブロックチェーンも興味があります。Twitter→@rontsawa
コメントする
コメントする