リップル社規制担当「アジア市場に最も関心」と発言!

みなさん、こんばんは。

リップルニュースのお時間ですww


11月30日にロンドンで開催されたブロックチェーン関連のカンファレンスにてリ

ップル社のヨーロッパ規制関連担当Dan Morgan氏が参加し、アジア市場への関

心などについて語りました。


「まだ始まったばかりだが、われわれはアジア市場に最も注目している。コルレ

ス銀行のコストが高すぎることでサービスが不十分であることによる過渡期であ

るせいかもしれないが、国際送金の需要はあると感じている。デジタル資産につ

いていえば、ほとんどの流動性はアジア市場にある。」


アジアに注目する理由の一つとして、仮想通貨への規制が整備されている国が多

いことを挙げています。

タイや日本では、仮想通貨規制の整備が進んでおり、特にタイでは規制によって

サイアム商業銀行がデジタル資産関連にアクティブに取り組んでいる点などが魅

力的だと述べています。


リップル社は、以前からアジアの普及ポテンシャルの高さについて度々言及を

続けてきたました。

9月28日には、リップル社がアジアにおけるコルレス銀行の非効率性についてHP

で言及しています。


「国際的流動性の非効率性は、世界的に国際決済における妨げとなってきた。

しかし、この問題は特にASEAN諸国において顕著だ。

ASEAN諸国ではコルレス銀行のサービスが不十分であるためだ。

結果、この地域の国際決済は非効率的なうえに手数料が上乗せされてきた。」


ASEAN諸国では、国際決済に基準が無いことでコストが余分にかかっていると

いう。

コルレス銀行のシステムに頼る隣国同士の決済においては、まずUSドルに換金

したうえでコルレス銀行間での送金を行い、ようやく現地の通貨に換金すること

ができるのだそう。


こうした複雑な手続きにより2回に及ぶ両替によるものを含めた多くの手数料が

必要になります。

結果として、中小企業の決済の手助けとなるサービスはほとんど、あるいはまっ

たく存在しないのが現状だと言えます。


また、リップル社はタイのサイアム商業銀行が金融機関として初めてRippleNet

の”multi-hop”機能を採用したことについて、以下のように言及しました。


「RippleNetの機能であるmulti-hopによって金融機関は直接サイアム商業銀行

にアクセスすることができる。これにより、金融機関は複数の両替や多額の手数

料に苦しむことなく国際決済をすることができるようになる。その結果、

ASEAN諸国間やASEAN外部への決済がシームレスに行えるようになるだろう。

これまでASEAN諸国に決済を行うことができなかった小規模な企業も、multi-

hopによる民主化によって決済額や取引先金融機関の流動性に左右されることな

くASEAN諸国へのアクセスや決済がより簡単にできるようになるだろう。」


私達は世界の送金分野でリップル社が、日本やタイでも多く使われることを

感じることができると思います。

特にSBIはリップル社の技術活用を進めていますね。


燃え上がれ、リップル!!


公開日:2018/12/03
獲得ALIS:22.67
XRPロケットマン's icon'
  • XRPロケットマン
  • @yasu2001
XRPの未来を信じています。
コメントする
  • kobsap
  • 7ヶ月前

良いですね〜
アジアでリップルのプレゼンス向上。

タイのレストランや繁華街などで使えるようになってくれると、日本のビジネスマンも多いので認知度が高まるでしょうね。

頑張れリップル!

返信
コメントする