「いい国」なのか、「いい箱」なのか。それは問題か?

かなり旧聞に属しますが、小学生でも知っていた「いい国作ろう鎌倉幕府」。いや本当は「いい箱」なんだという話になって、最近(?)は鎌倉幕府成立は1185年と教えられることが多いようです

 

従来では、頼朝のある意味でライバルだった後白河法皇が崩御され、それにともなって、源頼朝は征夷大将軍の地位を得、ここで正式に(というか名目的に)鎌倉幕府成立ということになっていたのですが、近年(?)では、それよりずっと前に、仲違いした弟の源義経を追捕を目的に源頼朝が後白河に守護・地頭の任免権を承認させた。この時(1185年)をもって、(実質的な)鎌倉幕府成立と見るのが主流のようです

 

研究者でも熱狂的な歴史マニアでもない、私のような歴史好きの市井の老人からすると、これはどっちでもよいことのように思います。もしこの名目vs実質の議論をするならば、江戸幕府の成立も本当はいつなのか?というようなことになってしまう

 

教科書的には慶長八年(1603年)に徳川家康が征夷大将軍に任命され、名目的にはここで江戸幕府成立ということになるのでしょうが、実質的には、それより前の慶長五年(1600年)に関ヶ原の戦いの勝利によって家康は天下人になっているわけですから、この慶長五年(1600年)から江戸幕府が始まるとも言えなくもない

 

そんなふうに思っていたところ、TVでもおなじみ、東京大学史料編纂所教授の本郷和人氏も慶長五年(1600年)を江戸幕府成立と見るべきだと『日本史でたどるニッポン』という本で主張しているの知りました

 

要は、キリがないんですね。「実質的には」などという話をしてしまうと、なんでもいわゆる「諸説あり」みたいな話になってしまい、特に入門者にはいたずらに混乱を招くだけかと思います。一方、名目の話をすれば、幕府成立は一応定義の上では征夷大将軍の任命をもって始まるのですから、鎌倉は1192年、江戸は1603年とそれぞれ決まり、混乱はないので、これはこれで優れた見方なのではないか?と密かに思っています

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/03/08 0.00 ALIS 0.00 ALIS
yellowbird's icon'
  • yellowbird
  • @yellowbird
アラカン投資家。漢詩や俳句にハマっております。最近、『法華経』にもがぜん興味が湧いてまいりました。すっかり常不軽菩薩のファンであります。
コメントする
コメントする