マイクリ 今回のアップデートについて今までを振り返る

前回の記事を上げてからすぐにツイッターで反応をいただけた様なので、続きを書いて行きたいと思います。

前回:

今回でマイクリは、ver1.2になるわけですが、前回までのアップデートでも、相当な「改悪」があったわけです。そのときに何で記事にしなかったかというと、まぁ風邪を引いていたってだけなんですが。

何でこんなに改悪ばかりするのか?

答えは簡単です。「最初が良過ぎただけ」です。

今はゲームスタート時のブーストを取り払って、「本来のあるべき場所」に戻る途中なんですね。では「本来あるべき場所」とはどこなのか。当然、運営と全く関係ない僕には正解は分かりません。ただし、公開資料を見ることでゲームの完成図が予想できます。

これですね。もうみんな忘れてしまったかもしれませんが、マイクリのリリース前に公開されたマイクリの設計図です。この資料と「このゲームは士農工商を元に作ってるんですよ」という発言がマイクリスタート以前にユーザー全員に手渡された情報です。

この表を見ると、現在リリースされていない機能はデュエル(PvP)のフラッグ戦とナイト戦、ランドシステム・・・だけですね。いつの間にか想定の大部分はリリースされたようです。

今回のルール変更はいくつかの事象を受けての内容です。いくつか上げていきます。

①BOTにより、アカウントを複数作成するプレイヤーが現れる事件が発生

②新規登録1万人に0.01ETHプレゼントキャンペーンの実施

③ランドシステムが搭載間近

まず、①ですが、これによって複垢利用の旨みを消す必要が発生しました。
デジタルアセットに価値を認めるスタンスのゲームとして「BAN=資産差し押さえ」になってしまうので、「財産権の保護がされていない経済」になってしまいます。これは運営としていかにもまずいので、BANを極力しない方法として、「複垢をしてもしょうがない」状態に持っていく必要があったわけです。

次に②です。一見全く関係なさそうですが実は関係大有りです。このキャンペーンに乗った人口は4000人程度だったそうです。dappsとしてはかなりの異例な数だったのですが、1万人には到達しなかった。つまり現状の日本ではもうこれ以上の需要が見込めない、よって中国へターゲットを移すことになったわけです。前回ノード1.1でMYZOがほぼ10分の1になったときも、キャンペーンとセットでした。新しい中国のプレイヤーを迎えるに当たって、そのプレイヤーには「改悪」を体験させたくない。さも「最初からこういうゲームだった」という体で紹介したいわけです。

最後に③です。ランドシステム搭載時には、当然全ユーザー向けに何かしらのキャンペーンが張られますし、「普通のノードを潜るよりランドノードを潜った方が旨みがある」ようにしたいわけです。だから、一度ユーザーをがっかりさせておいて、ランドのキャンペーンで持ち上げるというのはいかにも有りそうな手ですよね。

TSUTAYAって知ってますよね。あれ、最初のTカードって還元率5%だったんですよ。それが、Tカードをいろんな他のシステムと統合するに当たって還元率を1%に変更せざるを得なかった。5%→1%の改悪ですよね。

それをTSUTAYAは「新システムキャンペーンで今入会すると通常1%のところ、1ヶ月だけ2%になります!」みたいなキャンペーンをやったんですよ。

昔のTSUTAYAはなかったことになってるんですよ。当然システムになった時点で、5%の還元を昔受けていた人も強制的に1%に変更されたのですが。そのときはネットあんまり見てなかったので、ネットではどんな反応だったのか分からんのですが。


そんなことで、そろそろ底なのかな?と思わせるノード1.2でした。

とにかく僕が疑問なのは

・何でプライムの支払いがETHなんだよ。

・今ゲーム内のトレード全然出てないのにこれ以上枯らす気なのかよ。

・GUMは価値があるんじゃなかったのかよ。

・本当に理由が全然分からないよ。0.01ETHを配ったのと整合性が全然取れてないよ。

ということです。それではまた。

公開日:2019/02/02
獲得ALIS:20.60
zap's icon'
  • zap
  • @zap
2017年から仮想通貨に手を出し、ビットコインがもらえるといわれてほいほいウィムジカルウォーを始めてしまいました。
コメントする
コメントする