モナコインで飯が食いたいin札幌【なごみや一夜】

Content image

「ボランティアで北海道のみんなを助けたい」

などと高尚なことが言えるわけでもなく、ただうまいもの食べたさで、新千歳向けの航空チケットを衝動買いしてしまった。

北海道は何を食ってもうまいと聞く。

噂によれば、モナコイン払いのできるお店もあるようだ。

やりたいことはひとつだけ。

モナコインで飯が食いたい。

暗号通貨人と開拓民は精神が似ているように思う。

見果てぬ夢を追うフロンティアスピリット。

行くぞ!(デンデンデデデン カーン)

Content image
9/14(金)の新千歳空港。まだまだ閑散としていた

到着一番、カーンと冴えた空気が鼻孔に入り込む。

酸素ってこんなにうまかったっけ?

山奥にでもいるかのような清々しさ。

こんなにビルばっかり建ってるのに。

Content image
繁華街すすきの。発展してるんだなぁ
Content image
札幌版歌舞伎町のような一角

小樽にも足を運んだ。

観光名所めぐり?

そんなことより寿司だ寿司!

Content image
いくらがぷちぷちしててすごかった(小学生並みの感想)
Content image
ガイドブックみたいにうまくは撮れないっすね...

旅行者はやはり激減しているとのこと。

それでもお土産屋なぞに行くとそこそこ繁盛しているようで、おそらく近郊の観光客かなと予想。少なくとも自粛ムードはもうない様子。すすきののような繁華街の十字路ではホストがそこら中にいたことから察するに、北海道の人たち自身の活力は戻りつつあるように感じた。てかすすきの、やたらホスト多くない?

Content image
小樽の車窓から

小樽の町は風光明媚で、カップルで旅するには絶好のスポットだった。

朝から晩まで過ごしてもいいぐらい、気候も街並みも完璧だった。

しかし、一匹狼の暗号通貨人には、他に行くべきところがある。

モナコインで飯を食いに行くのだ。

Content image

小樽から札幌へ戻る。

グーグルマップを凝視しながら、涼しい風の吹き渡る、夏の暮れのすすきのを歩いていると...

おっ!

Content image
なごみや一夜。すすきの駅から歩いて3分もかからなかった

ここだ。

って、牡蠣鍋1000円!?


そんなお値段で赤字にならないんすかね...

ハラハラしながらエレベーターに乗り込み、お店のある6階へ。

Content image

おや?

なんだか見慣れた間抜け面が...

Content image

これは!

「モナコイン払い、可!」のステッカー!

来たぜ札幌。

待ち望んでたんだ、この間抜け面をよ。

それにしても2ちゃんねるのAAキャラのステッカーが全国の飲食店に貼られてるって。すばらしい異常事態だ。


呼び鈴を押す。この瞬間がもっとも緊張する。

筆者「あの、すみません...」

店員さん「はい、ご予約のお客様ですか?」

筆者「あの...モナコインで飯を食いにきたのですが...」

店員さん「あぁ(察し)。どうぞこちらへ!」

よかった。

どうやらちゃんと予約されているようだ。

毎度のことながら、モナコイン払いできるのかいつも不安になる。

Content image
和室の内装。雰囲気がいい

うーん、牡蠣の専門店なんて生まれて初めてラジよ。

どぎまぎするラジねぇ。

どんなメニューかな?

Content image
わくわく感のあるお品書き...
Content image
牡蠣料理以外も充実のラインナップ。ちょい飲みもできますね

うぉ、うまそうなもんばっかじゃねぇか...

全部頼みたいところだが厳選しなければ...

でもとりあえず、まずはビールを。

サッポロ!

Content image

本場のサッポロビール!

冷えてるなぁ~。

水も空気も清爽だから、心なしかビールも洗練されている気がしますねぇ。


店員さん「お通しをどうぞ!」

Content image

お~、1発目から攻めてきますね、札幌。

お通しなのにちゃんとこだわりがあるなぁ。

甘エビの刺身なんて贅沢じゃないですか。


では早速、注文して参りますか。

じゃがバター。

Content image
Content image

あんまっ!

芋の甘味が濃縮されとる!

バターの塩味が効いてる効いてる。

そんでもってほっくほく。

こんなうまい芋が食えるなら火星で一人ぼっちになっても安心なんだけどねぇ。


そして、

さんまの塩焼き。

Content image
Content image

うん、おいしい!

何食ってもことごとくうまいぞこの北国。

まさかわざわざ遠出してこれを食べるとは思わなかったが、調べてみたら北海道ってさんまの漁獲量の44%を占めてるんですね。

本場のさんま。食っといてよかった。


続きまして、

カニみそ。

Content image

うぉっぉぉ、脳にダイレクトに駆け巡る旨味。

濃厚で、臭みもない。

乙であります。


さぁ、お待ちかねのメインディッシュです。

牡蠣鍋。

Content image
昆布だしもこれがまたンマイんだ

ぶっくぶくに太った牡蠣が5つ、鍋の中で煮立っている。

でぶでぶ。

Content image
プランクトン食いすぎた結果

めっちゃくちゃクリーミー。

白子のようなマイルドさと貝類独特の磯臭さがブレンドされてますね。

新鮮な牛乳のように淡白な味わいと喉越し。

Content image
白い部分の容積の比重が大きい

それにしてもこの牡蠣、肥えすぎである。

いいもんばっか食って育ったんだろなぁ。

Content image
ニートかよお前は


フィナーレはこれ。

牡蠣のステーキ。

Content image
Content image

もうお腹いっぱいラジ。

でももったいないから食べられるだけ食べる。

こんなにいい牡蠣、本州じゃ食えないもん。

札幌の夜の夢を、満喫するのだ...

Content image



なごみや一夜

Youtube↓

Googleマップ↓

https://goo.gl/maps/fK7BLcrd6Jw





君MONA!!プロジェクトはモナコインちゃんのアニメ化を進めています!

興味があったら覗いてみてね!







公開日:2018/09/29
獲得ALIS:29.49
Nirvanana's icon'
  • Nirvanana
  • @Nirvanana
iroiro kaku
コメントする
コメントする