僕は、虫の入った水を飲んだ。

名誉のため名前は伏せますが、

僕は、ある丼のお店に訪れた。

そのときは早朝だった。

 

必ず、最初に渡される水。

 

そこには虫が入っていた。

日本人なら

「すみません、虫入ってたんですけど」

と申し出るだろう。

 

もちろん私も、言った。

 

と、なるはずだった。

 

私は考えた。

 

水に虫が入っていた。という、ことばを。

 

あれ、

 

 

そりゃ地球だし、虫くらい入りうるやろ。

そもそも、虫が入っていた。だからなんやねん。

そのときは早朝で、お客さんの割りに少ない店員数(一人で回している?)だった。

 

日本にいるから、みんなは虫の入った水を拒否するが、もうここはグローバルだ。

 

ここは日本じゃない。地球だ。

 

私は、私の価値観に従い、行動しても良いのだ

 

と、自分に許可をした。

 

私は、その虫を水からどけて、その水を飲んだ。平然と、何事もなかったかのように。

 

 

しかし怖くなった。

 

感染症など、大丈夫だろうか。

 

いや、いまから食べる丼も、危険ではある。

 

日本は水道水の飲める数少ない国だ。

僕は物心ついてから海外旅行をしたことがない。(3歳のときは行ってたらしいが、記憶にない 笑)

しかし、この国以外の現状を、想像することができる。ネットだ。

 

"水溜まりの泥水をすする子どもたち"を、私は想像した。

 

僕はどうだ。

こんなにも綺麗な水が飲めるなんて。

 

テクノロジーが発展し、似たような人たちで集まり、多様性がなくなっていく。

 

多様性は、「みんな違うところを向いていて、でも、それでいい。」という感覚だと考える。

 

マンションの30階から高速道路に向かって椅子をおとしても、一定数のフォロワーのいる美人なら、保釈金を払うだけで出られる。むしろ、過激さがメディアで取り上げられ、さらにフォロワーを獲得できる。(実際に似た事件があった。)

 

もちろん、店員に、

「虫が入っていた」

と言うことも良いだろう。

それにより店員は、以後、気を付けることができる。

 

だが、その虫は、店員が意図的にしたことではない。

 

大阪から北海道までヒッチハイクしたとき、

僕は日本でありながら、いろんなタイプの人と出会った。

 

ときどき、こう聞かれることがある。

「どんな人が乗せてくれたの?」

家族づれ、おじさん、OL、若い会社員、職人、ハーフ、トラックの運転手。さまざまだ。

そして、「乗せてくれなかった人」もさまざまだ。

無愛想、無視、不機嫌

他にも

がんばれよ!と声をかけてくれる人。ここまでなら乗せれるよ!と言ってくれた人。メロンパンをくれた人。

 

誰が良いなんてない。

 

僕にとっての良いはあるけれど。

 

それだけ多様性があって、

そんなこと変だよ。となっても、それがどう変なのか。

むしろ変な方がいい。

それがどうかなんて、人が決める。

 

AIが良いのか、悪いのか。

人殺しは良いのか、悪いのか。

虫の入った水を飲むことは、

良いのか。悪いのか。

 

相談したっていい。頼ったっていい。

でも、

他人に答えを求めるな。

そんなこと、

自分の頭で考えろ。

 

 

だから僕は、虫の入った水を飲む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/07/04 11.72 ALIS 0.00 ALIS
くっしー🐬's icon'
  • くっしー🐬
  • @kusshi
■Twitter @jp_dummy くっしーです。ダンス、アート写真、C4D、筋トレ、ヨガ、読書、メルカリ、プログラミングなどしてます。■サイト→http://yutaka.icu
コメントする
コメントする