【0.44.0リリース】ブロックチェーン証明機能

 

ALISISTAのみなさん、こんにちは!

先日設立したALIS labratoryの一環として、本日ALISブロックチェーン証明書サービスを開始しました。その仕様と使い方を本記事で軽く説明します。

(Labo機能なので何かあっても許してね 😉)

 

また、先日公開したALISのこれからの方針についてでお伝えしたように、ALISプラットフォームの開発と並行して企業向けのブロックチェーン事業・開発支援を始めました。この一環として、今日からこの機能を用いて企業・団体向けにブロックチェーン証明書発行サービスを開始していきます。

 

仕様

本機能では、自分の記事の内容をハッシュ化し、ハッシュ値をEthereumブロックチェーンに刻み込めます。下の画像に示される手順で記事を簡単にブロックチェーンに記録できます。

「ブロックチェーンに記録する」を押すとMetamaskでtransactionの承諾が促されます。取引が完了されたら、Metamaskを通してEtherscanでそのtransactionの内容を確認できます。EtherscanでtransactionのEvent Logsを開いてみたら、Data(Hex)の値が記録された記事のハッシュ値です。

記録されたハッシュ値を記事の内容と比べたいのであれば、記事のソース(キーボードのF12を押すと現れる)の部分を全体的にコピーして、keccak-256のハッシュ値ジェネレーターに突っ込んでください。

<div data-v-5f4066be="" class="area-content ck-content">
このDIVの中のデータを(HTMLタグなどを含めて)コピ。
</div>

ハッシュ値が一致しなければ、記録時と確認時の間、記事の内容が変わったということが分かることができます。(わかります。本当はもっと簡単に確認できた方が良いですね。もし皆様に使ってもらえるようなら、きっとそのうち実装されます!)

 

注意:記録してから記事の内容を一文字でも編集したら、新しい内容のハッシュ値が完全に違ってくるので、編集後は新たに記録が必要となります。また、ブラウザーによる表示最適化でハッシュ化された元のデータとブラウザのソースダータが異なる場合があります。

追記(2019/07/23):ブロックチェーンに記録をしてから、記録された元のデータのファイルをダウンロードできます。また、そのファイルのハッシュ値を簡単にDrag&Dropして、確認できるようにアプリを準備しました。よかったら使ってみてください。

 

証明の価値

「ブロックチェーンに記録できる意味は?」と思うかもしれませんが、先日開催した新カテゴリー総選挙を例に、1つの用途を説明します。

例えば、総選挙のルールを発表し、その記事の内容をブロックチェーンに記録します。Etherscanのハッシュ値の記録をコメント欄で共有することことで、我々は開催の期間中にこっそりルールを書き換えなかったか誰でも確認できます。

 

終わりに

この機能はブロックチェーンの真髄である不変性を簡単に自分で経験できる機会の1つだと思いますので、よかったら使ってみてください。

 

※補足

・ ALIS-officialアカウントが作成した記事にトークンは付与されません

・ ALIS-officialアカウントが作成した記事は人気記事に表示されません

 

--------------------------------------------------------------------------------------

Follow us on

GitHub

Website

Twitter

Discord


 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/07/17 0.00 ALIS 0.00 ALIS
ALIS-official's icon'
  • ALIS-official
  • @ALIS-official
ALIS公式アカウントです。運営に関する様々なニュースや状況をシェアしていきます。過去の公式ブログ記事はMediumのページをご覧ください。https://medium.com/@alismedia
コメントする
コメントする