クリプト

PoAアルゴリズムとは何か?

Crypcento's icon'
  • Crypcento
  • 2018/11/16 02:47
Content image


はじめに

現在、市場に存在する仮想通貨の種類は2000を超え、分散化、セキュリティ、およびスケーラビリティを達成するためにさまざまなコンセンサス・アルゴリズムが使用されています。それぞれのアルゴリズムには長所と短所がありますが、最も一般的なアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク (Proof-of-Work, PoW)とプルーフ・オブ・ステーク (Proof-of-Stake, PoS)です。

仮想通貨の世界は成熟に向かっており、応用例も増えています。そして成熟へのプロセスにおいて、長期的に適切なコンセンサス・プロトコルは一体なにか、という点が長らく議論されてきました。この議論の結果は、ブロックチェーンのエコシステム全体の未来を形作るものとなるでしょう。

パブリックブロックチェーンのネットワークにおけるコンセンサス・アルゴリズムの目的は、ネットワークの参加者がお互いへの信頼や中央組織の存在に依存することなく、ブロックチェーンの現在の状態についての合意形成を可能にすることです。

ビットコインとプルーフ・オブ・ワーク(PoW)

現在、最も普及している仮想通貨はビットコインであり、これはプルーフ・オブ・ワークアルゴリズムを利用しています。トランザクションは、マイナーによって検証され、必要となる仕事量(計算量)の使用により、特定のブロックを採掘することができます。これによりマイナーは、報酬としてビットコインを受け取ることができるように、仕事量が最も多い最長のチェーンを選択するインセンティブが与えられます。

このコンセンサスは、分散性とセキュリティを実現することができますが、大量の計算能力が必要となります。ネットワークが拡大し、より多くのマイナーが参加するにつれて、マイナーが利益を上げることがますます困難になっています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)への熱狂

PoSアルゴリズムでは、マイナーによる計算力競争の仕組みを撤廃することで、高い消費コストの問題を解決しようと試みています。チェーン内の次のブロック生成を担当する特定のネットワーク参加者は、PoSアルゴリズムによって決定されます。アルゴリズムにはランダム属性が必要であり、集中化を避けるために投票権が適切に分散されています。

参加者はネットワークの一部を所有し、ブロック生成を保証するための担保としてネットワークに入金(ステーク)する必要があります。

仮想通貨コミュニティが拡大するにつれ、開発者はさらにより良いアルゴリズムを求めて研究を行っています。

プルーフ・オブ・オーソリティ(PoA)とは何か?

プルーフ・オブ・オーソリティ (PoA)は、ステークとしてのアイデンティティに基づいたコンセンサス・メカニズムを用いて、(PoWと比較して)より速い取引レートを提供するアルゴリズムです。イーサリアムとParity Technologiesの共同設立者であるGavin Woodによって設立され、現在イーサリアムのテストネットの1つであるKovanで使用されています。

トランザクションとブロックは、バリデーターと呼ばれる承認済みのアカウントによって検証されます。このブロック生成プロセスは自動化され、インセンティブが承認され、信頼できる検証者がネットワークのセキュリティと一貫性を維持します。

バリデーターとしての権限を確立するためには、以下の3つの主要な条件が満たされる必要があります:

1. アイデンティティはチェーン上で確認されなければならない

2. 承認プロセスを価値あるものにし、十分なインセンティブを提供するために、適格性を得ることは困難である

3. 権限を確立するためのチェックと手続きには完全な一貫性が必要である

プルーフ・オブ・オーソリティ(PoA)の使用例

PoAメカニズムを利用している人気のあるブロックチェーンプロジェクトとして、イーサリアムベースのパブリックネットワークであるオラクルネットワーク (訳注: リブランディングにより、現在はPOAネットワーク)が挙げられます。オラクルネットワークではスマートコントラクトの実行をより迅速に行い、承認済みのバリデーターたちの合意を利用して中小企業から企業に至るまで、誰でも手頃な価格でアクセス可能です。

さらに、新しいトークン開発と高速なトランザクション速度にPoAメカニズムを利用しているプロジェクトが増加しています。LindaXは、カスタムデジタル資産の取引や作成に使用される分散プラットフォームであり、Go&CPP Ethereumのフォークです。企業がLindaXネットワーク上にトークンを作成すると、トランザクションの承認にも有用であり、ブロックチェーンの誤動作を減らし、消費コストを削減することができます。

LindaX HP: https://lindax.network/

公開日:2018/11/16
獲得ALIS:47.30
Crypcento's icon'
  • Crypcento
  • @Crypcento

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

ゼロから始める暗号資産

Like token Tip token
37.25 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
16.32 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.01k ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
50.20 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.89 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.00 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.21 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
175.20 ALIS