ハッシュとは?暗号通貨の暗号化やタグなどIT用語として聞いた事はある、どういうもの?

Content image
Content image

 hash | Weblio英和辞書

ハッシュドビーフとかハッシュドポテトは「細切れ」
という意味で使われてたんですね、ハッシュ値の意味合いからすれば納得。

本来の意味的にはビーフの方が適切なのに、
ポテトの方がスタイルとしては合っている不思議。

さて、今回はIT用語としてのハッシュについて調べていきたいと思います。
…というか関係性の高い暗号通貨の時にやっておけば良かったですね、反省。

暗号化とハッシュ化は違うのか?

暗号通貨はブロックチェーンでは暗号化されたハッシュ値を分割して管理する事でオープンなネットワーク環境でも高度なセキュリティを保つ事が出来るという内容で書きましたが、そもそも暗号化されたハッシュ値?
ハッシュで既に暗号化されてるんじゃ?ん?という事で違いをご説明します。

どちらも元の内容が分からないようにする為の物ですが、実は内容は大きく異なります。nakamotosatoshi-paper.pdf (ブロックチェーンの基になる論文)

暗号化:元の値に復元する事が出来る。
ZIPファイルやWi-Fiへのアクセスなど復元・鍵を開ける事で意味を持つ物。

ハッシュ化:元の値に復元出来てはいけない。
改ざんの検出やパスワードの管理に使われる為、復元する必要が無い物。

元の値を通常見る事が出来ない形にする事では同じ目的ですが、秘匿する意味によっては逆の意味になると。

とても面白い。

ハッシュ化する為のアルゴリズム(やり方)は種類があり、ハッシュ関数と呼ばれています。

MD2、MD5、SHA-1・2・3 (Secure Hash Algorithm)等々様々な種類があり、サトシナカモト氏の論文ではSHA-256を例にして記載されており、ビットコインはSHA-256(SHA-2)ベースで運用されています。
暗号学的ハッシュ関数 - Wikipedia

Content image

最初のこの画像が私の説明したい全てではありますが、
ハッシュ値をさらに暗号化した上にブロック生成された時点でもう関われないとか…最強ですね、さらにこの信頼度はブロックを生成する貢献度で決まるので、改ざんするからと生成に多大な貢献をしている時点で『お察し』ですし、何かをしようとした時点でもう次のブロックへ行くわけですから、楽して改ざんは不可能とも言えますね。

あれ?ハッシュの話してたのにブロックチェーンの話になっている。
まぁでもハッシュはそんな感じです、元に戻せない改ざん検出用のハッシュ関数と、元に戻す為の暗号化のお話でした。

ではでは。

ちなみにハッシュタグについても少しだけ。
『ハッシュ記号(番号記号)が【#】』で、そのタグ付けでそのように呼ばれているようです、意味合いとしてはごたまぜの中の一つという意味でとても適した記号ですね。

2007年11月にアメリカの俳優さんがTwitterで「グループ付けに # 付けたらどう?」と発言したのが始まりだそう。

発信のごちゃ混ぜ状態のSNS上で検索用のタグを付けるのに好都合だった事と運営側ではない「声の大きな」発信によって意味合いとマッチした結果当然の使用なんでしょうね、こういう発信が出来るよう鍛えていかねば。
ハッシュタグ - Wikipedia

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2021/06/27 31.15 ALIS 1.10 ALIS
IMAKARA's icon'
  • IMAKARA
  • @IMAKARA
ゆっくりまったりのんびり、自分が出せる最高速を日々楽しんでいます。
コメントする
コメントする