クリプト

プライベートトークンセール:暗号分野がベンチャーキャピタルをどう変えるか

ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • 2021/12/25 22:54

Pontem Network

Pontem Noxクラウドローンへのホワイトリストプレ参加登録&各コンテンツのフォローはこちらから👉https://linktr.ee/pontemjapan

Content image

 

2021年6月、分散型ブロックチェーンのSolanaは、3億ドル以上のSolanaトークンが購入されたことを発表しました。購入したのは、Andreessen HorowitzPolychain Capitalを筆頭にしたベンチャーキャピタル企業でした。Solana Labsは、調達資金を「分散型アプリケーションの開発を加速させるためのインキュベーションスタジオの立ち上げ」のために使用することを宣言しました。

多くの点で、これは標準的なVCの活動のように見えますが、この状況には1つの大きな違いがあります。VCは資金で株式を取得するのではなく、Solanaトークンを取得したのです。これは些細なことのように感じられるかもしれませんが、実は何十年にもわたって行われてきたテックファイナンスへの投資手法を大きく変えるものなのです。それを説明しましょう。

トークンとは

トークンとは、ブロックチェーンネットワークの基本単位です。最もよく知られている2つの暗号通貨であるBTCとETHは、それぞれのビットコインとイーサリアムのブロックチェーンのトークンです。トークンはブロックチェーンの取引可能な要素であり、投資や購入に使用できます。

また、ブロックチェーンの台帳の機能を支えるものでもあります。トークンをマイニングしたり、ステークしたりすることで、ブロックチェーンはトランザクションを実行し、不変的に記録することができます。

先ほどのSolanaの例で言えば、買収に参加したVCは大量のSOLトークンを獲得しました。これは、彼らがSolanaブロックチェーンの基本単位を保有していることを意味し、「ネットワークを検証し、トランザクションの安全に寄与し、報酬を得る」 ことを可能にします。また、SOLトークンの価値が上昇することで、彼らは収益を得ることができます。

Solanaの価値は、6月の発表以来、すでに500%上昇しています。a16zは、暗号の真の分散化を進めるというミッションの一環として、大学のブロックチェーン・クラブなど、資格のある代表者にガバナンストークンを与えています。

 

ベンチャーキャピタルとは?

では、次にベンチャーキャピタル(VC)とは一体何なのかについて触れていきましょう。これらの企業は何者であり、なぜこれほど多くのトークンを購入しているのでしょうか?

ベンチャーキャピタル・ファンドは、初期段階の企業に投資するために投資家の資金をプールする企業です。通常、ベンチャー企業の株式を購入し、資金と専門知識を提供して企業の成長と成功を支援し、その後、会社の株式を売却して利益を得ます。ベンチャーキャピタルは、暗号の世界ではほとんどのプロジェクトん関与しています。この業界の性質上、暗号分野のほとんどの企業が新興企業だからです。

どんな巨大企業もかつてはスタートアップであり、画期的なアイデアは、小さな会社から生まれることが多いのが事実です。しかし、新しい技術を生み出すために必要なスキルと、会社を経営し成長させるために必要なスキルは異なります。ベンチャーキャピタルは、最先端の暗号化プロジェクトを収益性のある永続的な企業にするために、重要な資金と指導を提供し、あらゆる援助をして育てていくのです。

ベンチャーキャピタルと資金調達

ベンチャーキャピタルによる資金提供は、比較的同じような順序で行われます。企業ごとに異なりますが、これらの用語を認識することは、その企業がどの程度発展し、確立しているかを把握するのに役立ちます。ほとんどの暗号化企業は、ブロックチェーン技術の新規性のためにこれらのステージのいずれかにいるので、このプロセスを理解することは重要です。

プレシード:スタートアップ企業が、まだアイデアの段階で最初に投資される資金です。多くの場合、創業者、その家族や友人、または他の「エンジェル投資家」から投資されます。

シード:スタートアップ企業が軌道に乗り始めた段階で、市場調査や事業計画の策定、チームの編成などに必要な資金として調達されます。

シリーズA:製品をリリースし、顧客を獲得することで成長を始めている新興企業がここに位置します。最大手のVCは、リスクがやや少ないこの段階での投資を検討することが多いです。

シリーズB:製品が機能し、顧客が注目している段階です。シリーズBは、より大きな市場にスケールアップすることが目的であり、ここでの資金調達を成功させるには、パフォーマンスの証明が必要となります。

シリーズC:スタートアップはもはやスタートアップではなく、本格的な成功企業となります。シリーズCは、ベンチャーキャピタル以外の幅広い投資家を集め、この資金は、一般的には国際的な事業拡大のために使用されます。

メザニン、ブリッジ、プレパブリック:IPO(新規株式公開)、他社との合併、買収などを行う場合の投資機会となります。多くの場合、多額の資金調達を実施する最後の機会となります。

Content image

 

暗号の最大のVCはどこですか?

暗号は技術分野で最もホットな分野のひとつであるため、大手のベンチャーキャピタル企業はいずれもさまざまな暗号プロジェクトに多額の投資を行っています。

アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)、通称a16zは、最も有名なVCのひとつです。2009年にNetscapeの元幹部2人がシリコンバレーに設立したa16zは、180億ドルのポートフォリオを持ち、あらゆるタイプの技術系スタートアップに投資しています。彼らは、Coinbase、Dapper Labs、OpenSea、FacebookがイニシアチブをとるブロックチェーンDiemなど、最も重要な暗号化プロジェクトの多くに投資しています。

Union Square Venturesは、もう一つの著名な大手VCです。2003年の設立以来、USVはTwitter、Kickstarter、Zyngaなどの主要なWeb2.0ブランドで成功を収めてきました。暗号の分野では、USVはCoinbase、Dapper Labs、Bright Moments DAOなど多くのプロジェクトに投資しています。

また、USVは、Coinbase、Dapper Labs、Bright Moments DAOなど多くのプロジェクトに投資しています。

このような取り組みを行うことで、各VCは、投資機会の獲得だけでなく、専門知識を磨き、知見を深めることによってポートフォリオの企業により多くの注意を払うことができるようになります。これらの企業は、より確立されたVCよりもスリムかつフットワークが軽い傾向があります。

その他の注目すべきプレーヤーは、Pantera Capital、Blockchain Capital、Polychain Capital、Digital Currency Groupなどです。

プライベートトークンセールとは?

ベンチャーキャピタルの基本がわかったところで、最初に語ったSolanaに関する発表がどのような点でユニークだったのかを検証してみましょう。

シード、プレシード、シリーズA、B、Cなどの資金調達ラウンドの順番を振り返ってみましょう。
 — なぜ、誰かがスタートアップにお金を出すのか。つまり、VCはどうやってお金を稼ぐのか?ということです。

VCは、企業の所有権の割合であるエクイティと引き換えに投資を行います。会社が上場したり、他の会社に売却されたりすると、VCはその持分を現金化します。うまくいけば、提供された資本と指導によって会社の評価が大幅に上昇し、VCは巨額の利益を得ることができます。例えば、Union Square Venturesは、Coinbaseが上場した際に、500万ドルの投資で120億ドルの利益を得ました。

 

しかし、Soalanがa16zとUSVから3億ドル以上の資金を獲得したとき、彼らは株式を放棄しませんでした。その代わりに、VCにSolanaのトークンを売ったのです。これはプライベートトークンセールとして知られており、ブロックチェーンのスタートアップ企業では一般的になっています。

これにより、若いプロジェクトは会社の所有権を希釈することなく、VCによる資金調達のあらゆるメリットを受けることができ、VCはトークンの保有、ステーク、リセールによる十分な利益機会を得ることができます。

まさにWin-Winの関係なのです。

他の主なプライベートトークンセールは?

Solanaの他に、プライベートトークンセールで大成功を収めたプロジェクトにAvalancheがあります。2021年9月、AvalancheはAVAXトークンのプライベートセールで2億3000万ドルを調達したと発表しました。Avalancheは、Solanaと同様に、高速性と低トランザクションコストに重点を置いた新しいブロックチェーンです。参加者は、R/Crypto Fund、Dragonfly、CMS Holdings、Collab+Currency、Lvna Capitalなど。この調達により、Avalancheの時価総額は130億ドルに達しました。

調達額はかなり減りますが、プライベートトークンセールを行った例としては、既存の音楽業界とWeb3の橋渡しをするプロジェクトであるMODA DAOは、プライベートセールで500万ドルを調達しました。また、クロスチェーン型の分散型取引所であるThorSwapは、この資金調達方法で375万ドルを調達しました。Cardanoで構築されたNFTマーケットプレイスであるCadalabsは、わずか1時間のプライベートセールで100万ドルを調達しています。

Pontem Networkの資金調達は?

Pontem Networkは、6月に450万ドルの資金調達を発表しましたが、これはプライベートトークンセールによって達成されたものです。このラウンドは、著名な暗号投資機関であるMechanism CapitalKenetic Capitalがリードし、Delphi VenturesAlameda VenturesAnimoca Brandsなどが参加しました。

Pontem Networkは、Facebookがイニシアチブをとり発足した、パーミッションド・ブロックチェーン「Diem」のための最高の実験ネットワークを構築しています。Pontemの技術は、Facebookの膨大なオーディエンスにブロックチェーン、暗号、NFTを、暗号分野に興味のない世界の人々に広め、未来のメタバースを構築していく為に役立つものです。

Pontem Networkの最新情報は、下記リンクから入手してください。

Pontem Noxクラウドローンへのホワイトリストプレ参加登録&各コンテンツのフォローはこちらから👉https://linktr.ee/pontemjapan

 

Pontem Networkについて

Pontemは、Polkadotを介して、DiemブロックチェーンをEthereumのようなパブリックパーミッションレスブロックチェーンの分散型エコシステムに接続するためのブリッジを構築しています。これにより、Facebookの27億人のユーザーは、分散型金融(DeFi)からノンファンジブル・トークン(NFT)まで、あらゆる暗号のユースケースにシームレスに触れることが可能になります。Pontem Networkとその開発プラットフォームにより、ユーザーは製品をDiemブロックチェーンに移行する前に、Polkadotやその他のチェーンでアプリを構築し、テストすることができます。

Pontem Networkは、Meta(Facebook)のDiemブロックチェーンのインセンティブ付きテストネットとして機能するPolkadot Substrateベースのチェーンです。このプロジェクトでは、Polkadotを使用して、クリエイターにDiemの可能性を紹介し、Diem協会に移行申請を行う前にアイデアの検証を実行する機能を提供しています。また、クロスチェーンブリッジを利用することで、Pontemは他のネットワークで確立された流動性、データ、ツールをシームレスにDiemとの間で相互利用することができます。

Pontemのビジョンは、Diemブロックチェーンの主要な実験ネットワークとしての地位を確立することであり、本質的には、流動性のためのブリッジだけでなく「DiemのためのKusama」にもなることです。これは、非常に効率的で柔軟性の高いPinknodeのコードを使用して、現在のKusamaネットワークにdAppsを接続するPinknodeの能力と完全に一致しています。既存のKusamaブロックチェーンは、初期段階のスタートアップの育成、革新的な創造の実験、Polkadot上に展開する前のdAppsのインキュベーションに適した場であるという評価を得ています。これは、参入障壁の低さ、より寛容なスラッシュペナルティ、よりスピーディなイタレーション、そして最新のテクノロジーにより成り立っています。

DiemのKusamaビジネスモデルを達成するためのPontemの旅は、野心的なものに他なりません。誰もが知るWeb2の巨大な力を、Web3の世界へ引き込む架け橋を構築していきます。

Webサイト| Twitter | Telegram | Discord | ドキュメント| GitHub

日本語版はこちらからフォローしてください!

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 7.71 ALIS Article tip 283.00 ALIS
ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • @JustInBeliever
真に意味のあるプロジェクトの記事のみを掲載していきます。クリプト分野も日本独自のガラパゴス化を歩んでいます。確かな目と耳を持ちませんか?

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.00 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
19.40 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
51.20 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.89 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
186.20 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

17万円のPCでTwitterやってるのはもったいないのでETHマイニングを始めた話

Like token Tip token
46.50 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
16.32 ALIS