テクノロジー

科学技術「脳波ドローン」

鈴木穣's icon'
  • 鈴木穣
  • 2020/11/27 05:02

 

Content image

 

【脳波ドローン大会】

とうとうドローンを
脳波で操縦できるようになりました。

 

この技術を発展させる為
2019年2月4日に「サウスフロリダ大学」で
「脳波ドローン」の世界大会が行われました。

 

この大会に参加した国は
60ヵ国にもなり
決勝大会の16チームを選ぶ予選が行われた。

 

そして選ばれた国は
「インド」「クウェート」「ブラジル」
「ドミニカ共和国」「バングラデシュ」
「日本」「ベネズエラ」等16チーム

 

何と我が国
日本も入っています。

 

この16チームが製作した
脳波ドローンで優勝国を争いました。

 

試合の結果
優勝国は
「クウェート」の
「ハレド・アルシャッティ」チームでした。

Mind & Machine: Students to Compete in USF's First Brain-Drone Race | USF News

 

 

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓
 

 

 

 

【試合形式】

この試合は
無風状態にする為
学校内の体育館で行われました。

 

試合方式は
1試合ごとに各国から1人
脳波操縦者を出し
2か国ずつ競い合います。

 

そして脳波の操縦で離陸させ
約9.1mの直線コースを飛ばし
ゴールさせ着陸させます。

 

この時の
離陸から着陸までの時間を競い合う形式で
試合が行われました。

 

勝ったチームは
次の試合に進み
前試合で出た人とでわなく
別の脳波操縦者を出さないとなりません。

 

ドローンは
同じ物を使用し
操縦者にベストマッチさせた物とかに
変える事が出来ません。

 

こうして試合は
予選から決勝まで3日間に分けて行われ
ネットでの観客は
300以上に達しました。

Content image

 

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓
 

 

 

 

【動く仕組み】

脳内には
「ニューロン」と言う網目の様な
神経細胞が敷き詰められてます。

 

人が何かを考えると
脳が微量の電気が発生し
「ニューロン」と言う道を
電気信号として流れます。

 

その電気の流れ方を
帽子のような形をした
ヘッドギアという物で検知します。

 

検知した電気信号の
流れる方向性で
ドローンの動きが決まります。

 

この決められた電気の動きを
ドローンに電波で送信します。

 

そうすると電波を受け取とった
ドローンのコンピューターが
送信された電波の命令通り動きます。

 

こうしてドローンを
脳波コントロールできるようになります。

 

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓
 

 

 

 

【大会の目的】

実は
この脳波ドローンの大会
今回で3回目になります。

 

1回目は
2016年にフロリダ大学の
「ゲインズビル」で開催されました。

 

第1回目の申し込みは
「イギリス」「日本」「ブラジル」の
3か国だけ。

 

第2回目は
アラバマ大学の
「タスカルーサ校」で開催されました。

 

この時は
参加国数が不明ですが
世界各国から参加者が来て
盛大に盛り上がったそうです。

 

そして2019年に第3回目が行われ
この時60か国から参加者が来て
1番大きな大会になったそうです。

 

この大会には
脳波研究をする人たちの
世界交流の場という
大きな意味合いがありました。

Content image

 

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓
 

 

 

 

【昔からある技術】

脳波コントロールの技術は
1970年に作られました。

 

この技術の名前は
ブレイン・コンピューター・インターフェース
略して「BCI」と名付けられました。

 

最初これは
義手用に作られた技術です。

 

脳の微量な電流を検知して
機械の動きに変換する事は
意外と簡単に出来たそうです。

 

逆に機械が感じた感覚を
脳に伝える技術は
超絶難しくて今でも無理です。

 

義手を動かす為にもう1つ
筋肉の動きを検知し
情報に変える技術も必要です。

 

この筋肉の動きと
脳波の電気信号を組み合わせた技術を
「EEGシステム」といいます。

Content image

 

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓
 

 

 

 

【自分の分身】

脳波ドローンの大会の主催者は
USF助教授のマービン・アンドゥハル氏と言う
工学部のコンピュータサイエンスと工学科の
博士です。

 

脳波の研究は
医療分野で発展してきたものです。

 

義手を必要とする人
体が動かない人
障害を持った人達の
補助をする機械として研究が進められました。

 

しかしこの「BCI」技術には
無限の可能性があります。

 

脳波で様々な機械を操作できるようになれば
ロボットを脳波で遠隔操作し
コントローラーより直感的に動かせます。

 

そうすれば
誰でも自由に簡単に
自分の代わりの事をしてもらう事が出来ます。

 

代わりに重い荷物を持たせたり
代わりに会社に行ってもらったり
代わりに床に寝ころび駄々をこねさせたり
と様々な事を自分の分身として行えます。

Content image

 

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓
 

 

 

 

【感情ブレーカー】

この「BCI」が発展すれば
まさに自分の分身的な機械操作が行えます。

 

ゲームのコントローラーも
車のハンドルも
機械操作のスイッチ類も
全部無くなるかもしれません。

 

しかし逆に
もし人がテンパってしまった状態や
感情的になってしまった時
「BCI」を使ったらどうでしょう。

 

人は
感情の生き物です
きっと恐ろしい事になりかねません。

 

もし今後
脳波コントロール技術を発展させていくなら
機械側に感情ブレーカーを
付ける必要がありそうです。

 

愛の告白をされた時
きっと脳みそが沸騰し
感情ブレーカーが作動するでしょう。

 

こういう時は
ロボットの胸でハートマークが
激しく点灯してくれると
解りやすく便利で良いですよね。

Content image

 

Supporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile icon
Article tip 3人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 5.96 ALIS Article tip 8.25 ALIS
鈴木穣's icon'
  • 鈴木穣
  • @MoonlightLoneiy
ブログ内容月水 「思い出」火金 「科学技術」水土 「日記」日  「思い出」HP https://mirai-gijutu.com会社を辞めて、1人で稼げる道を、手探りで模索しています!

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
テクノロジー

オープンソースプロジェクトに参加して自己肯定感を高める

Like token Tip token
85.05 ALIS
Eye catch
クリプト

「ハッシュ」とは何なのか、必ず理解させます

Like token Tip token
0.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoinの価値の源泉は、PoWによる電気代ではなくて"競争原理"だった。

Like token Tip token
159.32 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
テクノロジー

なぜ、素人エンジニアの私が60日間でブロックチェーンゲームを制作できたのか、について語ってみた

Like token Tip token
270.93 ALIS
Eye catch
他カテゴリ

機械学習を体験してみよう!(難易度低)

Like token Tip token
124.82 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

17万円のPCでTwitterやってるのはもったいないのでETHマイニングを始めた話

Like token Tip token
46.60 ALIS