思い出「諦めきれない悪夢」

【悪夢】

9歳の頃。

今でも忘れられない凄く怖い夢を見た。

その夢は、というと。

真っ赤な夕日の夕方、俺は家のすぐ裏の路地をてくてく歩いていた。

多分、家に帰ろうとしていたんだと思う。

そうしたら、後ろに誰かいる気配がして振り向いてみた。

そこには、50代くらいのおじさんがいた。

俺と目があったら突然ニコッと笑ってきた。

そしたらいきなり15㎝位の刃物を取り出し、俺を刺してきた。

俺はここで、勢いよく目が覚めてしまった。

この時、これが夢で凄くホッとしたのを覚えている。

でも何故か目が覚めた時、恐怖感はなかった。

俺は、この時ある事を思い出していた。

殺される夢を見て、そのまま目が覚めなかったら死んでしまう。

その噂を知っていたので、恐怖はなかったが安心した。

これが真実なのかどうかは、解らない。

Content image

 

【占い師】

俺は、学校に行きこの夢の事を友達に話した。

その友達は、葛西昭君と言う子だった。

その子は、この話を聞いたら何かをひらめいた顔をした。

そして、とある女子を紹介してくれた。

名前は忘れたが、占いに詳しい女子だった。

メガネをかけたオカルト狂の子だった気がする。

その子なら、何か解るかと思い、殺される夢の事を話して見る事にした。

そこ子は、こう教えてくれた。

この夢を見たと言う事は、自分の消し去りたい人間性がある証拠だという。

俺は、思い当たる節がありすぎて、どの部分の事なのか解らなかった。

臆病な所?泣き虫な所?意気地なしな所?全部当てはまる。

あと、こうも言っていた。

他人に刺殺される夢は、他人のせいで今の生活を強制的に変えられると。

その事で、苦しまなくてはならないらしい。

俺はこの時、この事が全く分からず理解できなかった。

Content image

 

【父親の陰謀】

ある時、父親が望んでもいないのにパソコンを買ってきた。

名前は「マックスマシーン」

昔の物なので、今のパソコンとは、全く別物のパソコンだった。

このパソコンには、ゲームソフトがカセット式だった。

俺は、このパソコンのゲームが楽しくて毎日やりまくっていた。

でも、ある時このパソコンのマニュアルが枕元に置かれていた。

多分、父親だろう。

俺は、マニュアルは難しくて読む気がせず、放置していたのだ。

丁度ゲームの楽しさが解り、自分でもゲームを作りたい欲求が出て来た。

そこで、少し無理してマニュアルを読み始めてみた。

このマニュアルには、Dos-V のプログラム方法が載っていた。

最初、少しDos-Vをやったら、意外に面白くだんだん夢中になる。

Dos-Vは、小学生でも解る物だった事に驚いた。

非常によくできたプログラム言語だと感心した。

Content image

 

【理想の限界】

俺は、マニュアルを全部読み、基本的なDos-V操作が出来るようになった。

そして早速ゲームを作る為に、プログラムを作って見る事にした。

そうしたら、全然ゲームを作れるだけの文字数が入りきらない。

俺は、諦めきれず2進数4進数を使い、入力出来る文字数を増やしていった。

そうしたら今度は、処理が遅すぎてゲーム処ではなかった。

当時の記憶媒体は、データレコーダと言うカセットテープだった。

それの読み込みが遅すぎて、非常にゲームのテンポが悪い。

でも、この状況が嫌で諦めきれず、処理を早くするために改善して行った。

俺は、今度は文字数を減らす試みをした。

そうしたら減るわ減るわで、相当無駄な文字を入れている事が解った。

でも、まだ自分が理想としているゲームが出来ない。

この後も改善を試みたが、PCの性能が悪すぎてダメだった。

俺が作りたかったものは、実はアニメーション。

1コマ1コマ絵を描いて、スムーズに動かしたかった。

でもこのパソコンでは、不可能と解ってがっかりした。

きっとこれが、殺される夢を見た結果なのだろうと思った。

Content image

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/06/07 61.86 ALIS 2.17 ALIS
鈴木穣's icon'
  • 鈴木穣
  • @MoonlightLoneiy
俺は今まで逃げ回っていたダメ人間です自力生きてい為、もがいて、あがいて、失敗し、知識と経験を積んでいますこれをずっと続け、成長して行きますHP https://mirai-gijutu.com/
コメントする
コメントする