TomoChainプロダクト紹介 ー 取引手数料のトークン払いを実現する「TomoZ」

ネイティブコインではなく、送金したいトークンによる取引手数料の支払いを実現する「TomoZ」のメインネットが2019年8月20日にローンチされました!

本記事ではそんなTomoZを紹介したいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TomoZとは?

TomoZは、ネイティブコインのTOMOではなく、送金したいTRC21トークンを取引手数料として利用できるようにする画期的なプロトコルです。

 

例えば「TEST」トークンというTRC21トークンの送受信をするのであれば、TOMOではなく、TESTトークンにより取引手数料を支払うことができます。

イーサリアムのERC20トークンを送金しようとしたときに「ガス代のETHがない!送金できない!」となったことはありませんか?

TomoZを使えばそんな問題が起きることがなくなります。

 

TomoZはTRC21トークンを簡単に作成できるTomoIssuerとセットのプロトコルです。TomoIssuerを使ったTRC21トークンの発行についてはこちらを参照ください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TomoZの仕組みは?

TomoChain上でのトランザクションは世界各国に点在する計150のマスターノードにより処理されますが、マスターノードにはTOMOによりトランザクション処理の報酬が支払われます。

とすると、取引手数料をTOMOではなくトークンで支払うプロトコルであるTomoZでは、マスターノードへの報酬はどう処理しているのでしょうか?

ここでは、こういった疑問を初めとし、TomoZの仕組みを解説していきます。

 

TomoZを利用した場合の各関係者の相関図

上記図を例にとって解説します。

 

【状況】

①AliceがTRC21トークンである「ALI」を発行

②BobがCandiceに100ALIを送金したい

 

BobがCandiceに100ALIを送金する場合、この送金はマスターノードにより処理されるため、マスターノード報酬(≒取引手数料)としてTOMOが必要となります。

 

しかし、BobやCandiceが取引手数料を支払う必要はありません。

 

Aliceは、ALIトークンを発行する際に、マスターノードに支払う報酬として取引手数料をあらかじめデポジットします。Bob⇒CandiceのALIトークン送金の取引手数料は、AliceによりデポジットされたTOMOから支払われるのです。

 

その代わり、Bobは、AliceにALIトークンを取引手数料として支払う必要があります。AliceはALIトークンの取引手数料を事前にデポジットする負担を負いますが、ALIトークンに価値がつけば、Bobから支払われる取引手数料のALIトークンにより事前デポジットしたTOMOの負担をペイすることができるでしょう。

 

BobからCandiceに100ALIが送金されると、Aliceに取引手数料として支払われる2ALIを差し引いた98ALIがCandiceの下に着金することになります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TomoZを使う具体的なメリットは?

①トークンを利用する際の摩擦の軽減

イーサリアムとERC20トークンの関係を筆頭に、従来のブロックチェーンでは、メインネット上で発行されたトークンを送金する際には必ずネイティブコイン(ETHなど)が取引手数料として必要でした。

そのため、トークン利用にはトークンとネイティブコインの2種類を保有しれいなければならず、トークン利用の大きな足枷となっていました。

しかし、TomoZにより、ネイティブコインを保有していなくてもトークンを送金できるようになり、トークン利用の自由度が飛躍的に向上します。

 

②ステーブルコイン

USDT・TUSD等の従来のステーブルコインを利用する際には、取引手数料としてネイティブコインが必要でした。

しかし、ステーブルコインは法定通貨の代替として使われるものであるはずなのに、送金の際にETHなどの他のコインが必要である、というのではステーブルコインの利便性は大幅に阻害されます。日本円を送金する際に、手数料として米ドルが要求されるようなものです。

 

こうした問題点もTomoZにより解決されます。送金するステーブルコイン自体で取引手数料が支払えるからです。

これは近時注目を集めているDeFi(Decentralized Finance)アプリケーションの利用において大きな影響を見せてくれそうです。

 

③dApps内利用されるトークン

トークンの送金にネイティブ コインが必要だと、あるdApps内のみで用いられるトークンが作られたとしても、その送金にネイティブコインが要求されることから、dApps内でトークンをスムーズに利用することができません。

しかし、TomoZによりトークンによる取引手数料払いが可能になれば、この問題は解決されます。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンタクト

✔ ウェブサイト

 

✔ 日本公式LINEオープンチャット

 

✔ 日本公式Twitter 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/09/26 10.83 ALIS 0.00 ALIS
TomoChainJapan's icon'
  • TomoChainJapan
  • @TomoChainJapan
TomoChain Japan ALIS公式アカウントです!本アカウントではTomoChainのニュース情報を主に発信していきます。
コメントする
コメントする